« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »

2006年1月28日 (土)

「功名が辻」六平太に注目っ!

   細かい話ですが。
   「功名が辻」の脇役六平太は、(TV版では)千代の幼なじみで下級武士の子、戦乱の中で千代とはぐれ、甲賀忍者に命を救われて後は、ニンジャ(カタカナなのはまがい物認定してるからよン)として育てられて千代に再会するのです。
   へえ~。
   戦乱の世ですから。生きてゆくにはイロイロあったでしょう。
   武将に使えて命を張って、武功を立てて出世して、というある意味当時主流の生き方へ異を唱えていく登場人物だそうで。
   忍者として、敵・味方どちらにも付く、腕力ではなく情報を武器にして生きていく、そういう一豊さまとは別の価値観を持つ存在として光を当ててゆく方針のようです。
   ま、価値観の多様化と申しましょうか。研究するこっち(現代人)の方も心がほぐれてきて、あの時代の人間をひといろで見なくなってきた現れでしょうか。「影武者徳川家康」とをはじめ、隆慶一郎作品でよく出てくる「道々のもの」という概念。土地に縛られないで、芸能、鉱業その他今まで見過ごしにされてきた各種産業に従事して生きるひとびとの存在が浮かび上がってきたのと似た感覚ですね。面白い。
   ま、そういうわけで、六平太という登場人物は、これから注目、ですよ。
   先週、第3回では旅の僧に化けて竹中半兵衛どのの所にお使いをしてますが。
   これが、ご飯を振る舞われながら縁側で世間話、を装ってる最中、あら、香川クンったら握り箸でお行儀悪っ、と思ってると、これが演出なんです。ニンジャだから。半兵衛どのに正体が割れて、今、斬りかかられてもすぐその箸で受けることができる。そういうもののふのたしなみなんだそうで(別のドラマに出ていたときは普通の箸使いだったことからの考察らしい)。深いです。
   脚本上重要な意味合いを持った役を、演じる側も細心の注意で演っております。どうぞご覧あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

冬のお蒲団周り

   春まだ遠いY山でございます。昨日なんか、天気がいいからってお蒲団干したらその30分後には猛吹雪だったりして。蒲団を慌てて救出、セラミックヒーターの前に放置して乾燥……大丈夫だったかしら?
   突然ですが、皆さんの冬のお蒲団メイキングはいかようにしておられますか? 
   「旦那様~あ、本日はお蒲団ちょっと干したんですがシーツはツルシーツ? ふかシーツ?」
   「ふかにしてくれ」
   お嫁入りに持ってきた時には両親が二人して乗っからないと蒲団袋に入らなかったという豪華組布団も、今となっては見事に煎餅化。10周年を記念して打ち直しに出したんですけどね、打ち直しは5年毎が理想だそうで。時、既に遅し、と。シーツはフラットシーツを適当に掛けて使ってますが(旦那様は四隅をぴっちりと折り込んでいた。理系とはこんなものかと当時感動したものよ)、これが問題のツルシーツ。春秋用のは普通の白い綿のものです(夏用に麻が入ったものも)、ツルツルしてるから、「ツルシーツ」(鶴の模様は入ってない)。冬はやっぱり暖かい方が、とアクリルボアシーツを買ってみたらなかなか良くって、あと、寝具大バーゲンで箱入りアクアスキュータムの起毛シーツ1000円也を買って、ご機嫌、とこれがふかふかだから「ふかシーツ」(鱶の模様は以下同文)。 この秋少々はやめのタイミングで出したら「ふかは暑い」とか言ってたくせに。やっぱりもう年なのかしら。ま、今は一年で一番寒い時期、書斎も机の真横に換気口があって、冷気がバンバン侵入しているらしいですから、お蒲団くらい暖かくしてあげましょう。
   さらに昨年から「モモンガ」を購入、シーツの下に敷いてますから、今年の冬は快適の筈ですよ。「モモンガ」は、お蒲団の上に敷いて(さらにシーツを重ねて)使うアクリルボアの保温シーツ。これがミンクタッチの肌触りで。うっとり。お蒲団からずれないよう、四隅にゴムが付いてます。これを手足に引っかけて「モモンガーッ!」と子供たちがやって遊んだから「モモンガ」。非常に言語能力の高い早乙女家でございます。
   というわけで、敷き布団モモンガ+ふかシーツ+タオルケット+羽毛布団+掛け布団が旦那様仕様。羽毛布団も、お嫁に持ってきたっきり、一回クリーニングは出したけどそれ以外のメンテはまったくされておらず、羽毛抜け放題、偏り放題なんですが、これもそろそろ打ち直しよね?
   わたしは寝間着は薄く、蒲団は厚く、掛け布団が重くないと寝られない田舎ものなので、敷き布団+モモンガ+ふかシーツ+ガーゼカヴァー付き夏掛け蒲団+熊(毛布)+綿毛布+掛け布団という豪華メンバー。羽毛蒲団は一枚っきりしかなかったので(嫁入り支度なら二枚持たせろよ!)。やっぱ、多いですか?
   ニャンゴに至っては寝相が悪いのでフィットシーツを使ってます。あの、ゴムが縫いつけてあって、蒲団をくるんでしまう形の。あれって、干したときに丸まってしまってシワが取れないので嫌いだったんですが、寝相が悪くてシーツをはいでしまうお子さんには必要なんですね……。重宝しております。あとは掛け布団。カーニャはふかシーツ+掛け布団。子供たちは亀(かいまき)を適宜使っているので寒くない模様。2段ベッドだし、少し地上から上がってる分寒くないのかも(上段のカーニャに至っては暑い暑いとよくはいじゃってる)。
   ベッドでおやすみの方は一体何枚ぐらい掛けておられるのかしら、と、素朴な疑問でした。
   そうそう、暖はナニでとっておられるの? 文明の利器?(オイルヒーター、電気毛布、電気あんか)ローテク?(湯たんぽ)バイオ?(猫たんぽ、川の字)

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006年1月26日 (木)

どっちかな?

   セブンイレブンの本屋さん、重宝してます。山の上の住人で、ごく近所に書店はあるものの、やっぱりちょっとベストセラーから外れた本は入りませんからね。新聞の書評欄で引っかかった本とか、おくれて一気はまりした既刊数冊のシリーズ、ちょっと書店で口に出して言いにくいタイトル、みんな注文してます。検索機能が充実してて、すぐに見つけ出してくれるし。近所のセブンイレブン留めにしておけば送料無料!(これはおいしい!)
   これがまた、仕事が速いんだ。一度ご近所の小さな書店でご本を注文すればおわかりになりますが、書籍の注文というのはえらく時間がかかります。間に旧態依然の会社が2つも3つも入っておるからです。昔、締め切りのある原稿を書くのに参考文献としてとある本を注文したら、間の悪いことにそれは地方の出版社が出してるローカル本(「郷土の偉人」のたぐい)だったものだから、時間がかかってかかって、って、普通にそんな本を注文するときの時間でしたが。1週間、いや、2週間だったかね。彼らとしては、特に怠業しているという認識はなかったようですが、こちとら締め切り前でイライラしていたもので。秋田なんて目と鼻とまでは言わないが、ヤマトや佐川が一日で行ってこられるところに2週間も掛けるとはどんな大名行列で本をやりとりしとるんじゃと思いましたね。結局、締め切りには間に合わず、その本は使わずになんとか原稿を形にしましたが(よく調べてはあるが面白くねーと言われたのはまた別の話。だから逆恨みじゃなくてよ)。
   それが、セブンイレブンだと下手すると3日で来ちゃうんです。月曜にカチカチして、週末には読めちゃう。これはいい。今回のほぼ絶版本だと最近は「出版社に在庫を問い合わせます」なんて断りが入ったりして。それはそれで覚悟して待てますね。今ではお届け状況も細かく見られるようになって、「倉庫にあった」「梱包中」「出荷前作業」「出荷済み」とネットで照会できるという親切さ。
   というわけで、はるばる山を下りて中心部に散らばる書店巡りをするまでもないかなと思ってたんですが。片道220円ですぜ。往復したらジャンプコミックス1冊買えちゃう!(わたしのエノキダ単位は370円、昔のジャンプコミックス定価です。ものの価値を計るそのひとにとっての最小単位)
   ところがね、めでたく「もうすぐ本をお届けします」メイルが着いてからが問題。払込票をプリントアウトしてセブンイレブンへいって、本だけ引き取って来られますか?
   答えはノー!
   だいたい、ポテトチップだの、ビスケットだの、買っちゃいますね(彼らにとってはそれが目当てなのであろう)。
   ナニが楽しみって、昔は、なんと言うこともない雑学の詰まったコンヴィニ文庫を寝っ転がってスナック菓子つまみながら読んでるのが一番幸せだった時期がありました。今もそうだ。セブンイレブンで本を買って、おつまみなしなんて無理だよう!
   全三巻のカラワンギ・サーガラ完全版を注文して、その度ごとに150円のおやつを買った場合、往復440円で町の書店に行って3冊全部揃えてくるのと果たしてどっちがお得だったんでしょうか???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

「旗源平」伝承ゲームはこう廃れる

   そうそう、去年のうちに書いとくべき話題。
   金沢の、昔からの遊びに「旗源平」というのがあって。オールシーズンやって良かったんだと思うけど、なんとなくお正月イメージがある遊びです。ものが「源平」だけに、大河ドラマで平家物語をやった2005年のうちに話題にしておくべきだったかと。
   ええと、室内ゲームで、必要人数は2人以上、2チームができる適当な数。源氏チーム、平家チームに分かれて、旗の取りあいをするというただそれだけ。旗をどのように取るかは、チームごとに選手のオーダーを決め、順に自分のターンでさいころを2つ振り、出た目によって決まります。目の出方により「梅が一」6または5と1(これを藩主前田家の家紋剣梅鉢に見立てて一番良い出目)でたしか中旗1本ゲットから、「シノニ」4と2(死にに通じるのでサイアクの出目)逆に自分から中旗献上まで細かく別れてます。ガイドブック見ながらじゃないととてもできませんだから廃れた)。最大の纏をはじめ、大旗、中旗(複数)、小旗(複数)とそれぞれ笹竜胆と揚羽蝶に染め抜かれたセットの紙旗(ジャパニーズ軍旗ですから縦長の幟旗)をやりとりする姿はなかなか耽美かも知れません。大中小の各旗はそれぞれ両替が効くのですが(ふつうの出目はだいたい小旗のやりとり)、最後の纏は両替不可のため、手元に大・中旗を切らしているときに梅が一なんか出されると、まだ小旗があっても纏を取られてゲームセットと相成ります。
   わたしが小学校で知った時点で既に廃れかけの伝承遊びでしたからねえ。熊本のウンスンカルタほどじゃないですが。子供たちが小学校に上がったら、早乙女のおじいちゃんたら「子供に伝えねば!」と使命感に燃えちゃって、結構立派なセット(各出目で取れる旗相当表つき)をどこからか調達して来ちゃいました。わたしも、遠い昔に遊んだことがあるわいな、と郷愁に誘われ、子供にてほどき。それが、仔猫ちゃんたちは意外と喜んで、やってるうちに出目とそれに応じた旗の数を覚えちゃったですね。ただ、かなりエキサイトしちゃって、厳格な早乙女おじいちゃんにお説教を食らったのが面白くなかったのかな。今年はやりませんでした。こうやって廃れてゆくのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

金沢のフットボールチームは「強いんだ」!

    旦那様が書斎から出てくるなり
   「メイルを見たか」って。
   「口で言えないんですか?」
   「これは見た方が」というのでさっそくパソを立ち上げますと、ただ
   「こんなモノが出来たらしい」と、URLが貼ってあるきり。

http://ishikawafc.com/index.php 

   「つえーげん」って、「強いげん」のえ音便? 金沢弁で「強いんだ!」って意味ですな……それに
   「ドイツ語のZWEI(2)とGEHEN(行く) をくっつけてチームとサポーターがともに進むことを祈って」ってもっともらしい意味を付けて!!!
   「ドサンコ」を逆さにしたコンサドーレや「脚」を意味するGAMBAにガンバレを掛けたガンバに負けるとも劣らない立派なネーミングセンス!!!
   あまりの笑撃に旦那様をぽくぽく叩いてしまいました。チームカラーはやっぱ、百万石ゴールド? 
   ま、健闘を祈る。よえーげん(弱いんだ)にならないよう。ああ、ちょっと負けが込んだら口の悪いサポーターには絶対言われるな。このカシオミニを賭けてもいい……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「蒼天航路」新解釈GJ

   今月の本のトコにも書いてますが。
   とうとう完結しました「蒼天航路」。一応正史準拠、演義の方で悪役を張ってる曹操を主役に据えてのネオ三国志でありました。「三国志演義」、漢文好きで本好きなら一回は読んどくべきかと、大学2年の夏、自動車の免許取りながらトライしたんですが。うちにあった平凡社の世界名作全集だと、「西遊記」と同じ巻に入ってて、「西遊記」は中学以来よく読んでたからこっちも読まないのはまずかろうと、手を出したんだけど。中国人は名前が難しいから。こっちは当用漢字ぐらいしか知らないし。誰が誰だかすぐにわかんなくなって、なんとか読み通したけどすぐ頭から消えました。だいたい、今にして思えば、活字はマッチの頭ぐらいとはいえ、厚さ3センチに3大奇書を2冊ぶちこんだダイジェストなら無味乾燥も当然(ト、人のせいにする)。
   あのね、三国志モノと言えば、劉備と関羽と張飛。そんなにえらい劉備がどうして天下取れなかったの? 漢王朝の血を引いてるのに。そんなに強くて心が真っ直ぐで賢い関(羽)さんは、自分で天下取ればよかったんじゃ? 天下無敵の3人に天才軍師が加わったのに(これがまた、本で読むといつまで経っても出会わないのよ)、どうして負けちゃったの? 解りません。その辺がやっぱり皆さん判官贔屓なんでしょうか。愛と誠では天下は取れないと?
   その辺を「だって曹操ってこんなにスーパーなヤツなんだもん」とぶっ飛ばしてくれたので、「蒼天航路」は納得だったのです。最初から曹操と劉備はライヴァルだったんじゃなくって。漢末の乱れから、群雄割拠、壮絶なつぶし合いの末に(その中に官渡大戦:袁紹との死闘 があるわけやね)天下三分に持っていったと。個性的なキャラクターのヴィジュアル面に助けられてようやく理解が及びましたことよ。異民族はイロイロ出てくるし。異民族まで行かなくても、地方で固有の勢力を持ってるやつはゾロゾロだし。あの広い中華全土に統一王朝を築くのって大変なんですね。
   主人公の曹操は、頭が切れて、武も冴え、そして芸術面でも確かな目と腕を持ったチャーミングな万能人でありました。自分が、世の中が必要とする才能をどん欲に求める姿は清々しくもありました。そばにいられたら凡人にもある程度の才ある人間にも大変なストレスでしょうけどね。フィクションの世界だから、こういう個性と解釈して物語っても、よかったんじゃないでしょうか。破綻なく終結したようですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

ご利用は控えめに

   突然ですが、あなたは救急車に乗ったことがおありですか?
   わたしはあります。かれこれもう4度ほど。清廉潔白な生活を送っていれば乗ることなどないと思っていたのですが。
   ニャンゴが歩きはじめたころ。旦那様はまだ仕事なので実家に帰っておったクリスマスのことでした。近頃のマンション暮らしの子供は階段が珍しくて、二階建てのうちに伺ったりするともう目を輝かせて昇ったり降りたりするそうな。うちの子もご多聞に漏れず。でもそんな、歩くより這う方が多いどんくさい我が子が、ほいほいと見る間に3,4段も上るとは思いもよらず。つい見送ってしまって、(はて、降りられるのか?)と思ったときにはもう遅く、ドドドドド「うわぁ~~ん!」
   助け起こすと、口を切ってて。もう、血まみれ。歩きは遅いのに、歯だけは立派に生えそろってたんだなぁ。
   「うわあ、おかあさん、病院! 病院! 車だして!」また折悪しく父は忘年会で出ておりました。
   「そんな、恐ろしい、わたしワイン飲んでしまって車なんて運転できんわいね」はぁ。確かに二人して空けてました。
   「救急車。こんなに血が出てるし、頭打ってるかも知れないし。呼んでもいいでしょ」
   「あら、あら、救急車って何番やったっけ?」パニくっております。
   「おかあさん、いちいちきゅー!」
   「なにいっとるん、いちいちきゅーは消防車が来るわいね! ああ、救急車~! 何番やったかね?」我が親ながら恥ずかしい。ええい、ここは実の母たるわたくしがやるしかない! と、いささか野次馬的気持ちで掛けました。皆さん、火事も怪我も119ですよ!
   「火事ですか、救急ですか?」ちゃんと聞いてこられますから。
   ニャンゴは無事近くの病院に運ばれ、口の中だからかえって縫ったりしない方が、とガーゼをくわえただけで帰されました。あ~あ、恥ずかしい。でも、いっぺん経験しとくといいですね。
   2回目は、自分。パソコン通信にどっぷりはまって育児も自分の睡眠もいい加減になってた6年ほど前。カーニャも生まれて手間がかかってもう。がみがみかあさんになりかかったところでした。旦那様はその日、泊まりがけで宴会。目の回るように忙しい夕食前、またニャンゴがワガママを。「いけません!」と大声を出したとたん、心臓がズキーン
   若い頃から肋間神経痛とか、その辺の痛みには慣れてましたが、これは前代未聞、魔女のナイフが間をおいてぐさり、ぐさりと左胸の辺りを抉るのです。これはいかん。旦那様はいないし。意を決して119。
   「あ、でも楽になってきました」
   「奥さん、どうしますか?」
   「……どうしよう?」
   「こちらからはナニも言えないんですが」
   「あ、あ、また痛くなってきた。いたいよう、たすけてぇ~~~」ということで、来てもらうことにしました。
   「住所? えーと、Y山マンションの4,4,……ニャンゴや、うちは何号室だったかねえ?」親のことは言えません。救急車を呼ぶ時って本当に動転してるから、自分ちの住所と電話番号は電話の横に書いて貼り出しておいた方がいいって、母親学級で習ったじゃないですかぁ!(その後引っ越したからまた貼るのを忘れてた)
   救急車は来てくれたんですが、1坪ほどのエレヴェーターの中をどうやって担架で運んでくれるのかと思いましたら、もっこのようなものを、そう! 時代劇で工事の時に土を運ぶアレ! 木の棒の下に網を吊したようなものをご持参で。それにわたしに入れと!? それを二人で駕籠のように運ぶと!? 辞退して、自分の足で歩いて乗り込みました。とりあえず血圧計ってもらいましたが、うちって傾斜地に建ってますんで、横になったら
    「……血が下がるんですけど」
    ご主人に連絡は? と言われ、うちの電話の短縮に入れたけど携帯の番号を覚えてなくって、しょうがなく旦那様の実家にかけてもらって、お姑さんに事情を話して番号を教えてもらったりとか。救急隊員さんにはご迷惑をおかけしました。
    「そういうのは、紙に書いてお財布とかに入れといた方がいいですよ」すいません、まだ実践してません。結局そのまま2泊して、いい骨休めになったかも。ごはんももらえず仙台厚生病院につれてゆかれたニャンゴたちは、看護婦さん(当時)たちのお夜食を分けて頂いて飢えをしのいだそうな。お礼もしないで出てきちゃったわ、大変。旦那様は、電話をもらって家に急行、救急指令センターに「7時××分ごろ救急車を呼んだ早乙女はどこへ運ばれましたか?」と問い合わせて厚生病院を突き止め、子供たちの相手をしつつ待っててくれたそうです。
    3度目は、うっかり車道に飛び出したニャンゴが車にはねられたとき。救急車は行き先が定まらない限りは発車しないそうで、顔から血を流して横たわるニャンゴを乗せたままああでもないこうでもないと通信を続ける救急隊員さんをその時は恨めしく思いましたねえ。相手の運転手さんが(ここって飛び出し要注意ゾーン!)とあらかじめ徐行していてくれたそうなのでたいした怪我でなく、2,3日の入院で済んだのは幸い。
    4度目は、ニャンゴが学校で頭をごつんと打ったあと、風邪で頭が重いと言って吐いたのを行きつけの医院の先生が大事をとって。「頭打ってるんだったら呼びましょう」って、気軽に電話を取り上げて、呼ぶ、呼ぶ。しばらくして着いた救急車は、ストレッチャーを診察室まで持ってきて。ニャンゴったらのろのろとそれに乗り移り
   「頭を横にした方がつらいの」と、あぐらかいちゃって。頭には冷却シートとそれを押さえるタオルハチマキ。
   「寒くない?」と毛布を斜めがけされたら
   「ニャンゴ、その格好はインドの殿様のようだな」マハ、マハ、マハラジャ~♪
   全然緊迫感のないおかあさんでした。運ばれた仙台市立病院では、レントゲンを一目見るなりあっさり
   「おかあさん、この子、風邪引くと吐く子でしょ?」
   「はい」で、無罪放免。ああっ、仙台市消防局の皆さんごめんなさいっ。ニャンゴったら、学校で
   「オレ、もう4回も救急車乗ったことあるんだぜ」と密かに自慢してるとか。

   救急車は症状の軽重を問わず料金を取られません
   が
   無闇にご利用になるのはお控えください。

   こんなもん、ご縁がないのが幸せよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

「功名が辻」3回 千代のハーレム?

   愛と感動のNHK大河ドラマ「功名が辻」今回もアツいです。
   冒頭、今回の大河では言い訳タイムになってます。前回は、やまのうちじゃないの? とか秀吉のおかかの名前はおねでしょう? という突っ込みに対する言い訳(最新の学説によるとのこと)。今回は「功名」ってなによ? という素朴な疑問へのお答え。2ちゃんねる大河板では「功名が辻」とはすなわち「サクセス スクランブル」と統一見解が貼ってありました。「意味不明なタイトルが視聴に際して二の足を踏ませる」とのご意見も多数。戦をあげて有になる、そこへのだいじな分岐点、交差点、とでも申しましょうか。おかあさんそのようなことを漠然と感じつつ原作本を手に取りましたが。
   視聴率はやや持ち直して前回で22%ぐらい。歴代に比べるとやや見劣りはするものの、近年の大河と比べればいい方、民放の他の連続ドラマに比べたらもう御の字レヴェルなんですが、大河ドラマはやっぱ要求水準が高いわ。
   初っ端から半兵衛どのに「一豊さまは命の恩人でっす」宣言しちゃって。半兵衛どのはもう機先を制せられたというか。じゃあなんであんたデートにホイホイ出てきたのよ? 
   しかも、風とともに現れた六平太、いきなりハグ。で、「忍者になりました」? あり得なさすぎ。忍者はさ~小さい頃から体術の訓練しなくっちゃ。そんな、戦に連れってくれというような年頃(元服するかしないかの、今で言う中坊程度)に忍者に拾われたからって、なれますか。まぁ、猿飛レヴェルじゃなくて、情報収集要員として変装とか、話術とかを中心に教わったならアリかもですが。原作だと運動神経もいわゆる忍者レヴェルだったよね? 一豊様と一騎打ちしてたり。
   せっかく俺が守ってやる宣言したのに、「一豊様が心配なの」って、千代、それはないでしょ。ぐっとこらえる六平太、男です。これから千代のために神出鬼没の大活躍となる六平太でした。さっそく半兵衛どのにお使いしてるし。ニセ山伏見破られてるし。
    半兵衛どのの稲葉山城乗っ取り、見させてもらいました。わずか16人の乗っ取りって、こうやったんですか。鮮やか。なんか、「銀河英雄伝説」のヤン・ウェンリーみたい。ま、あの小説自体、古今のいろんな戦記のエピソードを応用してる感がありますが。知略はあれども野心はないよ、のへろりとした好青年、筒井道隆でベストキャスティング。あとは、山南さんの堺雅人でもいけたかも。
    それで、半兵衛どのは千代にはこれ以上モーションナシで仲人になるんですか? なんか、もしかして密かに千代ハーレム状態を形成してゆくでしょうか。とりあえず、一豊様とは相思だし。六平太に半兵衛どのに不破のおじ上、と、どんどん増えてゆく千代ファン。隠れアンジェリーク? とてもイヤかも。で、美濃攻略はまだ成りません。原作は分量が少なく(文庫本4冊もあるのに?)、若い頃をラブコメにして延ばさないと1年分保たないそうで。そうかなぁ? いや、醍醐の茶会とか、名護屋の仮装パーティとか(秀吉捨て身タックル&六平太ラヴイリュージョンも入れてくれ!)で1回使ってくれても全然こっちは構いませんが。やってくれよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »