« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »

2006年8月19日 (土)

三題噺「埴輪、肉まん、アステカ文明」

   本日は三題噺。まずは、埴輪と肉まんの共通点、判ります?
   その昔、え~と、豹太もこの春やってた古墳時代。今は仁徳天皇陵って言わないんですってね、中に入ってる人が確かじゃないから。大なんとか山古墳。最初は死後の世界のお供に、生きた人間を埋めてた。それが、生き埋めだったから死にきるまでなんとも言えない哀しい声が辺りに響いてすさまじい環境を作ってたものだから、誰だっけ、野見宿禰の建議で土で作った人形のようなもので代替することにしたという。コレが埴輪の起こりだって。史学では眉唾とされてるそうですが、雑学レヴェルではかなり有名ですよね。死ぬまで泣き叫びって、敬愛する大王のために従容と死に赴く忠臣はおらんかったのか。そこまで文化が熟していなかったのか。奴隷だったからか。なんかフクザツですがとりあえず古墳時代の日本人はそこで人命を尊重する心を生み出せたと。
   肉まんの方は、かなり眉唾度が上がりますが、登場事物はもっとメジャー。かの諸葛孔明(諸葛孔明も出ないATOK逝ってよし! 別の日本語日本語入力ソフトに切り替えたら一発! ……おかあさんも浮気はやめましょう)が、洪水を鎮めるために毎年人柱を捧げていたという川に出くわして、それは人の命がもったいないからこれで、と羊の肉を使った饅頭(マントウ)をこしらえて、これで代用しなさいといったのが肉まんの起こりじゃなかったでしたっけ? 中国史はケッコー人肉食とかの話も出てきて(孔子の弟子がニンゲンシオカラにされたとか、周の文王が我が子の肉のハンバーグを食わされたとか、劉備がとあるうちの奥さんの肉でもてなされたとか)、おなかが空いたら見境無いカンジもしますが、このように人間を生け贄にすることを忌む感覚はちゃんとはやめに(つってもこのお話しの元ネタは宋代の本だそうで)あったんですねと。
   というわけで、共通点は「人間を生け贄にするのヨクナイ!」という観念による代替物であるということ。
   ところがもう一つのお題、アステカでは、やってたそうですな、人間の生け贄。はい、「C.M.B.」3巻読んで書いてます。
   四季の移り変わりにつれて力強い季節と弱い季節を繰り返す太陽を神とあがめ、弱った太陽に活力を取り戻してもらいたいと願い、生け贄を捧げる、ここまでは判らないでもない感覚です。一陽来復、冬至もクリスマスも、ここが底、あとは春へ向けて太陽のパワーが復活してゆく区切りの日という意味の祭りの日だそうですから。しかし、その復活のための最高の生け贄が人間の心臓ってのは……ま、もっとも貴重なものって意味では貴重だけど。また、アステカ人はさらに文明神ケツァルコアトルという神をも祭っており、こちらは人の生け贄を嫌っていたそうで。とある年にケツァルコアトルが来て、太陽神を追い出すであろうとう予言さえあったとか。これが禍して、丁度その年に現れたスペイン人が見慣れぬ動物に乗りあやしげな武器を携え、生け贄を嫌ったもので、こいつらがケツァルコアトルと信じられてしまって、やすやすとアステカ人は滅ぼされてしまったのだそうで。
   この話はよくスペイン人の暴挙の証拠、運命の皮肉といった風に使われていて、わたくしもまた今までそう思ってきたんですが。
   ちがうんでないかい?
   アステカ人の中の、気の弱いノミノスクネが、ショカツコウメイが、このままじゃイカン、人命尊重! と思うようになって、でも何千年(?)続いた儀式をひとりでひっくり返す能わず、伝説のように種を蒔いたんじゃないのかと。誰か、生け贄を使う儀式を終わらせておくれ、こんな太陽神はいかんと思ってくれと祈りつつ、「ケツァルコアトルが来るぞ」と言い出したんじゃないかと。そして、当のその「葦の年」にはスペイン人という外圧を巧く使って、新しい歴史を作り出していって欲しかったのではないかと。
   作り出すどころか滅びちゃったわけですが。
   やっぱ、伝統を守るだけじゃだめで、時代に合わせて変えていかにゃならんのよ、何事も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興奮の東京ドーム

   そういうわけで(どういうわけだ)、今年は帰省のついでに東京に行ったんですよ。
   お昼の新幹線接続特急で金沢を離れ、夕刻に東京駅着。ネットで探したという「安宿」は芝大門横のビジネスホテル。「親子4人と予約を入れたらこうなった」江戸間(?)の8畳。お風呂とトイレが別なのが救いという程度の。
   荷物を置いてから地下鉄都営三田線で(今は全部ひっくるめて東京メトロ?)水道橋へ。めくるめく体験の始まりです
   今はもう全てがネット、ネット! 親子シートが2組取れたそうで、「外野の上の上だけど」と控えめに仰せですが、三塁とレフトの中間ぐらいのお席、てっぺんから3列下がったところでした。嗚呼、東京ドーム、お盆に巨人戦を観戦する日が来ようとは。もはやジャイアンツファンとは名乗ってはおりませんがなんだか感無量です。豹太は感極まって「僕もう要らない」とせっかくの幕の内を半分食べ残して。
   あのライトスタンドの大合唱。TVは音声を調節して減らしていたんですね。豹子は放っておかれたのが不快なのか、大声援と気圧が影響したのか「頭痛い」とむずかりはじめました。
   フルキャストスタジアムと同じように蛍光色のキリンのビール売りのお姉さんが目立ちます。えび茶のヱビスビールのおねえさんも。ああ、なんで楽天色(クリムゾン)に合わせてるのかと思ったら、ヱビスだからえび茶のつもりなんだ。アサヒのおねえさんもいますね、コカコーラのおねえさんは色は同じコカコーラレッドだけど、フルキャスではセーラー服なのに、東京ドームは丸襟に見えました。そして、
    「旦那様! サントリーのおねえさんはフルキャスにはいなかったですね!」モルツを背負ったサントリーのおねえさんは、クリームブルーのアクセントカラーの効いたさわやかな装いでした。
    「……やっぱりまだ東北でサントリーは商売ができないんだな
    お若い方はご存じないかも知れませんが、バブルの前ごろ、遷都論が出たときに東北遷都の噂を聞きつけたサントリーの会長(名はあえて秘す)が、やっぱり彼は京都の人であったので、向こうは「まだ遷都という正式な法令は出てない、都はまだ京都」という立場なので当然おもしろくなかったようで。
   「東北なんてクマソのすんでる未開の地」というような発言をしてしまったんですな。
    ここで注目! 彼は二重に誤りを犯しています。東北を異民族の住む未開の地としたところ、さらに、東北に住む「異民族」を熊襲(クマソ)としてしまったところです。クマソは九州のそれですね。東北のそれは蝦夷(エミシ)。これ、試験に出ます(ウソ!)。ただ、つらつら考えるに彼もそうバカじゃないですから「東北→エミシ」は浮かんだと思うんですよ。ただ、さらに雅語である「あずまえびす」ってやつが浮かんで、商売敵(?)のヱビスビールを連想してつい別の言葉を探して間違っちゃったんじゃないかと。ま、憶測ですが。そういうわけで、当然東北各地の反発はすさまじく、一時サントリー商品の不買運動まで起こったとか。サントリーのクマソ発言といえばその年の経済ニュースにもなりました。大変だね。口は禍の元。おかあさんも気を付けよう。
    と言うようなことがあったので、フルキャストスタジアムにサントリーが入れなかったのではないかと愚考した次第。いや、サントリーのビールはシェア低いですから、単純に需要がなくて入れなかったのかも知れませんが。
    あと、その日は初回から点が景気よく入りました。点がはいると、お客がみんな手にしたオレンジ色のタオルをぶんぶん回すんです。なんじゃこりゃ、と思っていると、バックスクリーンの液晶モニター、オーロラヴィジョンであおっておるのです。「オレンジ・タイフーン」といって。
    「豹太や、おまえもやりたいかい」もう、目を輝かせること。おかあさん席を立って、豹太の好きな二岡選手の背番号の入ったハンドタオル700円相当を買いに行きました。丁度また終盤にもだめ押し点が入って、そのタオルは大活躍したのはおいといて(置くな!) 、売店で凄いモノを見てしまいました。

    

ジ ャ ビ ッ ト の ピ ロ  ー !

    ジャビットとはジャイアンツのGとYを組み合わせたマークをウサギに見立てたマスコットですが(だから左目の目尻が切れてるんだ!)、そのオレンジのウサギちゃんが、猫のごとく四肢を投げ出して寝そべっている姿の枕なんです!! その閉じた目! プリンとした口許! さるぼぼか這子のようなシンプルなフォルム! それに紐をかけて、高いところにまるで空を飛ぶように展示してあって!!

    

買 わ ね ば な る ま い!

    1440円抛って買って参りました。観戦中豹子と二人して抱きしめ倒しました。
    「かわい~!」
    嗚呼、ぬいぐるみに於いて一目惚れとか運命の出会いってあるんですね。
    「それどうするんですか?」旦那様はあきれ顔。
    「持って帰る!」
    「明日は?」翌日は東京観光の予定でした。
    「ごめんネって東京駅のコインロッカーに入れてく!」
    「勝手にして下さい」
    なんてことをしている間にジャイアンツは大勝利。みんなご機嫌で帰途につきましたとさ。宿でも取り合いのケンカをした揚げ句、豹子が寝入って手放した隙にわたくしが抱いて寝ました。ふふふ。
    今日、ジャビットちゃんが汚れないようタオルで腹巻き様のカヴァーを作りましたことよ。採寸して実家の母にもカヴァーの作成をFAX依頼済み。
    とっても有意義なドーム観戦でしたわ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月18日 (金)

「功名が辻」32 割れても末に

   今年は14日に温泉に行って、温泉の「スィート」とムリヤリ子供を言いくるめているちょっと年季の入った続き部屋のTV(今年は薄型TVになってた!)に3世代鈴なりになって見ました。
   プチ太閤記「功名が辻」、今回はシリアスパートも涙の別れです。有名なエピソード、あんまり徳川くんが強情なものだから、秀吉くんったら自分の妹を、その夫と離縁させて徳川くんに嫁に出すという強攻策をとるという話です。それに表の使いとして一豊様が出向き、女性同士の心情を吐き出す相手としてお千代さんが使われるという筋書き。「利まつ」ではどうだったか知りませんが、「一豊&千代」が「利家&まつ」でもつじつまが合うところが恐ろしい大河パターン。ほとぼりが冷めたらまた別の脇役大名の物語で使われるかも知れません。
   結構いいやつな副田甚兵衛さんは離縁をみとめたものの怒って出奔。旭さんは千代さんを見込んで最期のお便りの口述筆記を依頼。もう、哀れ、哀れ。
   しかし、ねねの浅野ゆう子は演技過剰というか、口の開閉をきちんとやってきびきびと演じてて。大河だし、かの有名な北の政所役ということで気負いすぎてるんでしょうか。コワイところも、ま、役に合ってるからいいか。
   ドラマストーリー後編でこの二人がどうなるか知ってるだけに、今回は巧くやったなぁと思いました。いや、悪役の片棒の家康くんが「サルの妹だから期待してなかったが、どうしてどうして、目なんかカワイイではないか」、と、せいいっぱい話の分かるおじさんを装ってまして、かえってイヤらしいかんじでしたけど。さて、かれらの行く末が楽しみ(鬼か)。次回は法秀さまが退場の山内サイドのお話し。……最近暗い話多いなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

金沢猫噺

   猫の話。
   金沢早乙女家で、「サンルームの下で野良猫が子供を産んだみたいなのよ」と言ってたのは去年の春でしたっけねえ。おかあさん猫は雉虎、仔猫は白黒ぶち、どうやら父親もウロウロしてる牛柄の猫のようで。早乙女おかあさんがなんとなく餌付けして、とりあえず仔猫は居着いた様子。
   「それが、父親がその餌を狙ってくるのよ。模様が同じだからつい見過ごしてしまったけど、大きさで気がついて」子供が自分の(魅)力で生きていこうとしているのに、それにたかるダニのような親が存在するなんて! 猫の世界は人間の世界の鏡のようでございます(ウソ!)
   って、冬に帰ったときにその白黒ぶち猫には豹子が「大地」と命名したというのに、春になって「おばあちゃんから電話でね、大地には○○玉がなかったんだって!」と衝撃の事実。大地ちゃん(推定メス)、強く生きて下さい。もはや外飼いの猫と化して、家には入らせないけれど餌は毎食早乙女家で与えている模様。冬休み中は鯛の煮たの、朝ご飯のシャケの残り、みんな猫餌になってました。
   「どうもまた産まれたらしいのよ。母親はまた大地の親みたいで。今度はママ似の雉虎が2匹」と、ゴールデンウィークの後にお電話が。
   「仔猫は慣れて餌を食べてくれるようになったんだけど、母親は逃げたのよね。ある日、海(母猫)がわたしの顔をじっと見て歩いて行ったのよ。その日以来、海は姿を見せないの」おかあさん、押しつけられましたね。嗚呼、育児放棄をする母も出て、猫の世界は以下同文。早乙女おとうさんが撮ってくれた写真は安心してお庭の隅の木の下で丸まる雉虎の仔猫2匹。すっかり自分のおうちと思ってくつろいでいます。
   それを豹子は楽しみにして帰って、木の棒に毛糸をたわしのように束にして作った猫じゃらしをくっつけて、振り回して猫釣りに興じたり(ヤブ蚊に刺されるをいとわずわたくしも数分やりました)。今や大地と仔猫2匹となった早乙女家では勝手口が開くと「餌係が出てくるか?」と猫が顔を揃えているようになってしまって。野良猫に餌をやるなというひとがいないのどかな土地であります。どうせ糞尿で荒らされるのは早乙女家の庭&畑だし。
   ってたら早乙女おとうさんが爆弾発言。
   「どうも畑の方にもう一匹いる。大地と同じ模様の小さ~い猫が」
   大地、女の子だと判明したらすぐヤンママ化ですか!?(わたしは未確認。父親は誰なのよ~!?)
   さて、例によって一家で温泉に遊びに行った翌日、庭に干し物をしておりますと、にゃ~にゃ~と猫の声がいたします。3匹とも割りに鳴かない方なのに何でだろ? と、早乙女おかあさんに軽いキモチで「どっかに入って出られなくなったんでしょうかね?」というと「物置! おじいちゃんが鍵閉めていったわ」と、車庫様の物置のシャッターをがらりと持ち上げてみるとにゃ~! と大地が顔を覗かせました。連日真夏日の金沢、締め切った物置に一昼夜。よく熱中症にならなかったものよ。入り口にひとがいては出られないのか、散ってみるとその瞬間、一目散に走り抜け、涼しい廃屋(と化している敷地内の昔の家)の方へ消えました。仔猫たちも声が気になってか出迎えてたんですが、目もくれず。野良猫の熱中症ってどうしたら治せるのかしら? お水に浸かるの? 身体が冷えるまで風通しのいいところに寝てたんでしょうか。
   翌日、またしても干し物をしていると、にゃ~と大地が現れます。「おう、大丈夫か? 昨日は難儀やったなあ」と声を掛けるとじっと目を見つめてきます。これは、撫でさせてくれるのかな、としゃがむと、さっと身を翻して逃げました。これが
   「奥様、昨日はありがとうございました。このご恩は一生忘れません」ってカンジじゃないんだな。猫だけに、
   「まいこさん(仮名)、昨日は危ないところをありがとう。これからもよく仕えて下さいね」と、あくまでお嬢様が使用人を労う風
   しかし、去年1匹だった猫(+両親)が、今年は3匹。
   「来年同じようにみんなが2匹産んでたら合計何匹になるでしょう?」
   「にさんが6匹!」
   「違う、それに、産んだおかあさんが残るから9匹! ……きゃ~! 猫屋敷!」
   「ねずみ算じゃなくて猫算だな」旦那様は渋く。
   「ほほほ~うちは昔最大12匹おったわいね」と早乙女おかあさん。……それは遠慮したいな、さすがに。
   で、結局2匹の区別がつくまでにはなったのだけれど、名前は付かないまま金沢を発ちまして。
   「じゃ、おかあさんが付ける。茶々みどり」縞が幾分緑がかってるのと、茶色が濃いのとのきょうだいなんです。
   「おかあさん」豹太は不満げ。
   「だめか? だって、そういう柄だろ?」
   「日本の猫なんだから日本の名前にしない?」
   「だから茶々とみどり」
   「みどりはいいけどチャチャって……」
   「豹太や、チャチャのチャは茶色のチャ! ……もしかしてチャチャチャ! のチャだと思った?」
   「! ……なんでもない!」
   ま、今年の猫噺はこんなところ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仙泣かすな

   無事に帰り着きまして、今朝は金沢から持って行ってた着替えその他が届きました。そのお礼を金沢早乙女家に電話で申しまして。
   「それではどうもありがとうございました。お体に気を付けて」
   「ええ。あなたも、子供を怒り過ぎちゃいけませんよ」
   ううむ。
   わたしは結構がみがみ母さんらしいです。甘やかした結果しつけのなってない子供を社会に出すわけにはいかないと、かなり気負ってますが、それが空回りというか、これは地声が大きいとかそういうレヴェルの話ではなく。
   「ほら、そこのノートは誰の!? あんたのでしょ? どうしてこれを見のがしてもう荷造りはすんだなんてことが言えるわけ!?」と、物理的にうるさい、コワイ、クドクド言うというのようながみがみさで。実家の父などは「可哀相に豹太はおびえてるじゃないか」なんて自分を棚に上げて申します。
   何度もそれは旦那様を含む早乙女家がわから指摘されていてその度しおらしくして見せているのですが。やっぱりしつけは必要だと思うのでいっこうに改まらないと。
   それで、早乙女おかあさんも時候の挨拶のように「子供をひどく怒らないようにね」と必ず仰るようになったのではと。
   ふと連想。
   丸岡城主、日本一短い手紙の本多作左衛門重次氏の奥方もガミガミ派だったりして。
   「一筆啓上、火の用心。お仙泣かすな馬肥やせ
   あー、わしじゃ。火の元には気を付けてな。仙千代をむやみに叱って泣かすでないぞ。可哀相に、いじけて育ってしまうではないか、なんちゃって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

「功名が辻」31 涙の日

   とうとうこの日が来てしまいました。お千代さんの一人娘よねたんが本日。
   前回よれよれで長浜城下に出現した康豊君、なんでもこの春出演していたドラマで非常に好演していたとかで脚本の大石さんが気に入って出番を増やしたとかいう話でした。その増えた出番と言うのが細川お玉さまに横恋慕とか姪のよねたんに好かれて「おじ様のお嫁さんになりたい」なんて言われる事ですかい。微妙だな。
   こおろぎだか鈴虫だかが好きで登場から捕まえようとはしゃいでおりますよねたんに、康豊おじ様は親兄弟と引き離されてはかわいそうだから、と諭す一方で葉っぱで虫を作ってやってこれを部屋に飾りなさいとうまく誘導するんですよ。苦労人のせいか子供の扱いが巧み。そこへ、一部で「死を呼ぶパッチワーク」と話題の千代さん得意の端切れの着物がでました(このお千代さんの得意技、端切れをつないだ着物を着た女性は今のところねねさまと千代さん本人以外は非業の死を遂げているそうです。って、お市様だけじゃん。2ちゃねらもいいかげん)。それまで単衣ものを着ていたようなのに、パッチワークの着物はいままでのマダム連中に作ってあげたごとく打掛風なのはどうなの? 思いましたですが、虫が鳴くような季節ですから、そろそろ冬支度で袷ものを作ってやったのかもしれませんね。しかし、ジンクスから逃れられないように一豊様がシリアスな用事(家康上洛を促すお使い)で留守している間に大地震が勃発するのです。
   原作では、巡礼にお宿を貸すごっこ遊びがよねたんのマイブームで、その夜もおかあさんが巡礼さんになってよねたんの寝室を訪ね、泊めてもらうよう打ち合わせていたのが地震で果たせず哀れお乳母と圧死、という筋書きであったように記憶しておりますが、ドラマでは別の趣向のようです。動物がイロイロ異常行動を示しておってナニかを感じたよねたんがしきりにお千代さんに甘えてぐずって添い寝をねだったのを無理に押し戻していつも通りお乳母と(って、お乳母つけるようなご身分じゃないか、おつきのお女中)と寝させてたら被災、よねたんは崩れてきたお屋敷に埋まって圧死してしまうのでした。大石さんはこの方が世のお母さんの嘆きをそそると思ったのでしょうか。女性視聴者>原作ファンなのか。こんなことでスタンスが割れることよ。
   帰り道にどうやら滋賀県一帯は地震の被害にあったようだと話している一豊様ご一行に、被害を伝える早馬が行き会います。「奥方様はご無事、しかし、よね姫様ご落命!」に、同行の織田長益って、あれだよね? 裏くさい、じゃない有楽斎。「へうげもの」のあのバタ臭い風貌と似ても似つかない(当然だ!)から気がつかなかった。えと、そのナガマスが「ゆかれよ」と言ってくれたので「御免!」(これは謝ってるんじゃなくて「失礼」って言ってるんです、念のため)と一鞭くれて駆け足でご帰還です。
   千代さんは子守唄です。よねたんの枕元で、壊れた虫かごとおじうえお手製の虫を飾ってあるそばでずっと歌い続けてます。哀れな母の姿です。駆けつける法秀様。「私が代わってやりたい」って、そうですね。小さい子が天に召され、年寄りが生き残ってしまったら、口をついて出るでしょう。でも、やっと泣くことの出来た千代さんが、一豊様に向かって悲しみをのみ言い立てるのがわたしには違和感。
   「守れなくてすみません」と、保護監督責任を果たせなかった謝罪はなくていいのかなぁ。今の、子供を亡くした母親にそれを言ってはいけないのは重々承知です。そういうおかあさんたちは自分を責め続けるのだそうです。痛ましいこと。でも、今よりずっと女性の地位が低かった時代なら、「大切な山内家の子供を死なせてしまってすいません」という考え方は頭にあったと思うんだけど。変に「女は世の中に流されて傷つけられるばかり」と口で言うばっかじゃなくってさ、そういう傷ついてる女性をさらに傷つける振る舞いが許される、求められる時代であったことを描いたらどうなのよ。
   心の傷のいえぬお千代さんは町に立ち、れいの「死を呼ぶパッチワーク着物」を通りすがりのキリシタンの娘にもらってもらいます。そして、南蛮寺に興味を持ち、そこでお玉さんと再会するのでした。転んでもただ起きない大河ヒロインであることよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとおうちに着きました

   はあ~あ。やっと帰宅しました。
   仙台を出たのは6日です。丁度週末で帰宅されていた旦那様と豹太を連れて同じ新幹線で大宮へ。そこで旦那様と別れていつもの帰省ルートで金沢へ。金沢駅西口はまたホテルを建てると言ってレイアウトが変わってました。
   で、お姑さん機があるから今年は更新もネットサーフィンもできるわねと思ってたら、パスワードがまたしても記憶違いでココログに入れなかったのでした。
   すいません、不手際ばっかりで。
   コメントで付けてみたりもしたんですが。今日以降イロイロ手を入れます。
   金沢は当然暑かったですが、エアコン完備なので、下手に仙台(エアコン故障中)に残るより快適でしたね。
   にゃんこと遊べたし。プールも行ったし、例年通り温泉に行ったし。
   じゃ、そーゆーことで、ぼちぼち夏休みの話を行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »