« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »

2006年8月 5日 (土)

仙台のもっとも熱い夜

   やっと帰って参りました。仙台の恒例七夕前夜花火大会が終わりました。
   明日の帰省を控えて荷造りだお掃除だと言っている本日午後、旦那様が余裕で
   「今日はどうする?」って。いやそんな、普通にTV見て寝ますよ。ったら
   「どこへも行かないの?」嗚呼、今日は七夕の前夜祭、
   「♪仙台で見る花火はこれが最後ねと?」「なごり雪」のメロディをつけて読んで下さい。
   「まあそういうことだが、他にも、楽天の試合を見にいくという案もある」
   「今日はどことですか?」
   「オリックス」
   「最下位決定戦ですね」それなら1も2もなく花火かな、仙台に来たとたん豹太が生まれて七夕の花火大会は最初の年しか行ったことないわたしです。子どもたちに至っては、花火大会の存在すら知らないかも。
   「豹太はどうするかな?」と念のため話を振ると
   「楽天!」おい。
   「七夕の花火は今年が最後なのだが」
   「……楽天」おかあさんも、実を言えば、花火はずっと立ちっぱなしだし、ごはんはひょっとすると焼きそばとかそういったものだし、暑いし、まだ座れる楽天で美味しいスタジアム弁当の方がいいかも。
   「フルキャス(スタジアム)では花火は……」
   「見えません」と旦那様断言。それでも結局楽天観戦ということになりました。中心部に向かうバスは軒並み浴衣姿のおねえさんと甚平姿のおにいさん&たぶんおねえさんに占拠され、会場近くの西公園を過ぎると反対方向からいつもより何倍もの歩行者が西公園を目指してどんどん集まってくるのでした。今年の浴衣は淡いピンクで桜の柄が多いですね。金魚柄は複数見かけました。涼しげで良いな。あと、女性の甚平は、ものが極彩色のプリントが多いせいかなんだかきわものっぽくてうるわしくありません。下がショートパンツのせいか、淑やかさに欠けるカンジで。和服ならではの味わいが出ないのにそれを補う粋? 渋み? なにか別の魅力が出せていないのです。ふつうのキャミソールにパンツのような日頃の格好の方がなんぼか。
   それでも流れに逆らってスタジアムを目指す早乙女家。けなげであります。
   「もしかして、今日のスタジアムはがら空き? 6000人とか?」
   「いや、そう言うことはないだろう」って、たしかにもう試合の始まったスタジアムは埋まるところは埋まっております。3塁側はほぼ満員。1塁側も、バックネットに近い方からびっしり。今日はINAXの企業サーヴィスディのようで、大々的な看板や即席ショウルームなんかでスタジアム前は盛り上がった後のようでした。お得意様か関連会社かを接待したらしく、「INAX様のお弁当引換所」なんてのもあったりして。こういう企業向け営業で楽天野球団はがんばっておるらしいのですが。8回に発表になったところでは1万6千5百は入ったそうな。やっぱりその昔、外野席でカッコウが鳴くどころかそうめん流しをされたようなパシフィック・リーグ出身選手には珍しい経験をしてもらってるでしょうか。娯楽の少ない東北人であります。今日、前の人のアンケートがちらと見えて、お住まいは「青森県十和田云々」と読めました。ようこそようこそ。
   初回4点先取で今日は安心と思いきや、おかあさんたちが腰を据えたとたんに先発一場が崩れ、中継ぎ陣が愛敬、有銘、青山とことごとく打ち込まれ、あれよ、という間に12対4になってました。ナニしに行ったんだろう?
   9時を回った9回の表で席を立って帰りましたけれど、終バスはダイヤによるととうに出ており、花火大会後の乱れで「どこバスシステム」に照会しても「当分来ません」と空しい答えが返るのみで、タクシーを捕まえて帰宅致しました。
   それが、あの、ちょっとしたグラウンドぐらいある(サッカーコートは2面取れる!)仙台駅西口タクシープールにタクシーが一台も停まっておりませんの! みんな花火大会帰りのお客を乗せて仙台各地に散っているのです! 仙台に来て初めて見ました。
   「今日が一番仙台が賑やかな夜なんですね!
   色とりどりの浴衣のおねえさんたちがとても暑そうでいろいろ目の保養になりましたことよ。

   でも、やっぱりひとり発見してしまいました。逆前に着て死人になってしまってるお嬢さん!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

「鋼の錬金術師」前言撤回?

   とむ影さんにお願いして最新14巻まで一気読みしたんですが。
   すいません、先日1巻だけ読んで「水戸黄門的世直し旅」なんてふぬけたこと書いちゃって。
   業を背負った兄弟が錬金術というどす黒いところを秘めた学問と国の根幹に関わる謎に挑む骨太な物語でありました。
   2巻になるといきなり綴命の錬金術師という合成獣(キメラ)を作ったことで名を挙げた錬金術師が登場、しかし、それは大切なものを犠牲にした「成果」であったり。さらに、国家錬金術師に恨みを抱く謎の男は登場するし。彼らは自分たちの目的を果たすために旅するだけでなく、降りかかったお~きな火の粉を払う度にこの国の奥深く進められている大きな陰謀とも戦うことになっていくのでした。
   エルリック兄弟の旅路は迷走、前途多難であります。
   でも、脇役がみんなイイし。敵方、ホムンクルス(錬金術ものだけにやっぱり出るよ)さえなにか見るべきところがあったり。
   1巻から登場の「焔の錬金術師」国軍大佐ロイ・マスタングといい、その副官でクールなおねえさんホークアイ中尉もおステキだし。その部下たちもそれぞれなんだかいいひとで有能だし。
   感動やさんで脱ぎたがる筋肉自慢のお人好し、それでも「豪腕の錬金術師」アームストロング少佐(名前がマンマだよ)はもうサイコーだし。
   軍人ばかりでなく、エドの機械鎧を整備してくれる幼なじみのウィンリィとそのおばあちゃん、師匠のイズミさん、みんな女性ですがつおいことつおいこと。
   ルックスから皮肉屋かと思えばでれでれの子煩悩親爺であったヒューズ中佐は涙のさよなら、「もっと大人を頼ってくれていいじゃない」とエドを張り飛ばしたしっかりもののおねえさん、ロス少尉は脱走後マスタング大佐により消し炭化されちゃうし。
   陰謀ものだけにきっつい退場も多いですが、細かいヒューマンな描写があるので助かります。いやほんと。どんな荒くれでもねこさんとかこいぬとかぱんだとかかばうし(しつけの名目で子犬に7発もぶち込むホークアイ少尉がいちばんヤバイ人かも知れない、てゆーかもったいない。無駄撃ちして始末書はいいのか?)。
   陰惨なストーリーを挽回する巻末オマケマンガとカヴァー下のギャグでスッキリ読み終えられます(まだ終わっとらん!)。これはたしかにケッサクだ!(カタカナで書くとビミョーだな)

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

キジも鳴かずば

   今や21世紀のPTA活動について考えるブログになってしまっています「舞音日々」、開き直って本日お尋ねするのはガソリン代についてです。
   とうとうガソリン代が値上げして、なんですか、「イラクがクウェートに攻め入って以来の高値となりました」って、それって湾岸戦争!? お勤めして2年目ぐらいのアレですか?そらゆゆしき事態だわ。
   ところが、早乙女家は自家用車を所有しておりません。旦那様がエライ近視でとても車の免許なんかとれないところへ、酸っぱい葡萄的なエコロジー思想で理論武装して「公共交通機関を使いましょう」という方針です。それが、スポ少では通用しないんだな。
   「○月×日は△△小学校で試合。車を出してくれるようお願いします」なんてプリントが当然のように回ってくるのです。最近は大所帯になったから車も足りなくて、車のあるうちは試合のある日(=土日ほぼ全部)フル参加らしいです。朝少年たちを送り届けて、じゃ、とお買い物や自分の用事に帰って、夕方また拾いに来るということはあまりできず(試合の進行状況により解散時間が違うらしい)、仙台各地に詰めっぱなし。そりゃ、ストレスだろうなぁ、砂まみれの紫外線浴び放題。う~む、わたくしももっと試合の日のお茶くみ手伝わないといけませんね。それがまた、朝6時集合とかざらで、それを夕方の5時ぐらいに、取りこぼしのないよう全員乗せて連れ帰ってこなくてはならないのです。それがまた、少年たちは今日はAくんと乗ったかと思うと明日はBさんちが新車にしたといってそっちに乗り、行きと帰りでメンバーがシャッフルすることはざら。甚だしい場合は荷物をCさんとこに載せといて本人はDさんの車に乗ってたり。こりゃ大変だ。朝早かったのに居眠りもできないし。
   その、大変な自動車当番を早乙女家は一切やっておらんのです。
   この前、M山スパローズ主催野球大会をつつがなく終えて、誰かの車に乗せて連れて帰ってもらおうと駐車場で車をぼーっと見ておりまして、わたくしホントにしみじみ思い至りましたです。
   せめてガソリン代出さなくっちゃ。
   でも、誰に、どのように?

   いつも車出してくれてる役員さんでしょうか? それとも、チームにまとめて寄付して、そこからみんなで使ってもらうという形? 乗り慣れてないからやり方も判りませんことよ。

   役員のおかあさんに軽く話題を振ったら
   「そんなのいいのよ」と微笑まれてしまいました。
   これはとりあえず、休み明けに全員にマツサブ(石川県新銘菓松井サブレ)を2,3枚お土産にしましょうか。これで、いきなり来年から「車を出せないうちは一律年1万円負担」とかいうことになったら他の車の出せないうちにも悪いし。キジも鳴かずばサクリフィス。

   お集まりの皆さんは、どのようにしたらよいと思われますか?

   事故とかのことを考えると、みんなでお金を出してプロの大きいタクシーを頼んだ方がいいと思うんですけどね。現地の駐車場のこともあるし。思いっきり高いのかしら。一度、「車が足りないのなら、早乙女家負担でタクシー呼びますよ」と言ったら「万単位かかるわよ」と鼻で笑われたんですけれど。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

「功名が辻」30 伏線張り張り

   いきなり先週城持ち大名に出世してしまった一豊さまです。でも、法秀ママンは同居拒否。イマドキ賢い姑っぷりです。そこへ、なにやら食い詰めた浪人ていの青年が門前に。「殿のお血筋のものと申しております」って、弟の康豊くんじゃないですか!
   初期にいっぺん出てきました。パパを殺した仇であるところの信長に仕えるとはナニゴトぞ! と一豊さまを人非人あつかいして去ったきっつい人でしたね。それが、あんなこといっといて自分はその信長の跡取りの信忠に仕えてて、本能寺のアレのときは主君を見捨てて逃げて(女装して逃げた描写があったとのこと。そりゃ男を下げますな)、それが以後の就職活動でもマイナスに響いて全然まともな職に就けず、(そこで恥を忍んで兄上に縋ったかと思いきや!)さらにもうひとつの事件を経て長浜に至ったと申します。
   山野をさまよう康豊くんは、なんと明智光秀との関わり合いを恐れた細川父子によって幽閉されてたお玉さんに助けられたのでした。哀しみの日々を送るお玉さんに傷の手当を受け、真っ直ぐ生きてみよと諭されて意地を捨てて兄を頼る気になったというのです。おまけに、儚げなお玉さんに惚れてしまっている様子。
   ありえねーし。
   大石さん、やるにことかいてなんてことをでっち上げるのですか。
   嫉妬の鬼と化したお玉さんのダーリン忠興くんは、お玉さんを幽閉させるに当たってお女中(小侍従といってましたか)だけではなく相当数の武士もつけてやってて、おうちの周りには厳重に柵を巡らし、他の男がお玉さんに目を付けたりしないように細心の注意を払ったそうですよ(シバリョウの「胡桃と酒」による)。そんな、行き倒れた若武者なんぞ拾う隙なんかあるもんか。そんなのばれたら人知れず亡き者にされてますって。
   ま、とにかく、そのお玉さんの方も秀吉の配慮で「いいから呼び返してやれよ」と声がかかり、忠興くんからお迎えが来てました。なんで自分で迎えに行かないの? そんなに執着してるなら、態度で示せよ。それなのに、お城にお玉さんが付いたら偉そうにするだけで。こいつの愛情表現はまちがっとる。歴史上記録の残ってる明らかなDV男ですね。精神的に追いつめる系の。子供はお玉さんのことを忘れてるし、ダーリンも。しっかりおねーちゃんを囲って妊娠させてます。また、タイミングの悪いことに、2人水入らずのところへ家来のオッサンが「○○の方様、女児ご出産でございます!」なんて報告に。なんでお前、コッソリ伝えるくらいの配慮ができないんだよ。教養に溢れとるかしりませんが細川家中はみんな無神経。あ~あ、こりゃ、宗教に走ってもしょうがないと見ていた皆さんはお思いになったことでしょう。大石くん巧いなあ。
   あ、そうそう、ねねさんの推理の通り秀吉くんはお茶々にちょっかいを出しておる様子。お茶々はお茶々で、前回(先々週)も三成に「この涙に濡れた冷たい手を温めろ」と迫ってたようですが、今回も「サルに囲われるくらいならお前のものにしておくれ」云々とまた三成を口説いてます。どう見ても、迫ってますよね? 橋之助三成は、唾なんか飲み下してそうで、でもちょっと目を逸らしつつ、まだ「そんなこと言っちゃだめだよ」と拒否ってますが。さて、堕ちるのはいつ頃か。危ないながら身をかわしおおせて、次には大野治長が魔の手にかかるのか。ブラックお茶々、コワイながらも楽しみです。
   全然幸せそうでない細川家に比べて、山内家は幸せそう。一豊さま次のミッションは、富山城の受け渡しに行く皆さんのお世話係。もう城持ちになったからには先陣が回ってこないのです。後方支援、兵站ていうやつね。途方に暮れる一豊さまに、お千代さん胸を叩いて「なにからなにまで、まつにおまかせくださいませ!」……違う!
   もう、蔵を開いてお米を惜しげもなく放出、おにぎり作り倒し、来る客、来る客に振る舞う振る舞う。お手伝いで一緒におにぎりを作る(大きすぎて、それを指摘されると二つに割っちゃう)よね姫ちゃんが可愛いこと。ここで、後方支援の巧い山内くんの評判を作るんですね。原作だと「巧みに執り行った」なんて書いて終わりでしょうが、その「後方支援」の内容がおかげでなんとなく判りました(単純すぎる気はしたが)。で、空っぽになった蔵を見て一豊さま呆然、でも、あっけらかんとお千代さん。やっぱり一豊さまは千代さんに押してもらって出世坂を上るんだなぁと苦笑しておしまい。「だって殿はもっと出世して国主様になるんですもの」と、国主様コールで母子して一豊さまの周りを回るのは可愛かったです。
   なんだかなぁ、と思いつつも、細工はりゅうりゅう、の回でした。さて、来週は涙の堤防決壊、怒濤の寅二ディ(なんだこの変換は!)。タオル2枚持って待機せよ!

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

言いたかないけど

   総裁選に一番乗りで名乗り出た谷垣さん、聞いたことねーよ、官僚出身か? なんて思ってたら。日曜の朝のニュース番組でプロフィールをやってて。
   麻布でビリを取ったこともある?(ネタ元は誰だよ? 友達選べよ)
   浪人して東大入って8年で出た?(昭和20年3月生まれ、昭和47年卒) 
   司法試験に7浪した?(昭和54年合格)
   そしたらパパ(もと文相だって。聞いたことねーよ)が死んで代議士に?(昭和58年初当選)

   

          ふ  ざ  け  ん  な  !

   消費税増税を隠さずこの時点で言ったのは偉いって、宮城県知事は言ったけど、いや、絶対しませんと言っといてやるやつより好ましいけど、汗水垂らして働いたことのないやつに言われたくない!!

   いや、東大を8年かかって出るのも、東大法学部出のくせに7浪するのも世間様を憚る辛い日々だったかも知れないけど、世の中の人はその間一生懸命働いてるわけでしょ? シヤワセな人生送ってるなぁ。いや、子供の頃から慶應のやつとか、ラグビーの推薦で早稲田にねじ込んでもらっといてすぱっとラグビーやめて雄弁会に入ったやつ(森なんとかという石川県選出の元首相であります、念のため)に比べれば、まだまだバカ正直に苦労をした方かも知れないけど。おかあさん、進学校で、高校大学と東大に入るやつがどんなにマジメにバカか見ているので。「英文A4で厚さ1センチぐらいの書類を一晩で読んで要旨をまとめるなんて仕事が毎日あるから東大出の学力が要求されるワケ」、なんて、なんとか省に入った友達が苦労自慢してるの聞いてるので。できれば(苦労しないで)早稲田慶應の人よりはがんばった東大卒を応援したいのだけど。

   阿倍さんはれいのもと外相の阿倍さんの子供でじいさまは岸信介な訳でしょ? アソーさんはじいさまが吉田茂だし。福田さんだってオヤジさんはあの福田赳夫(ATOKが第一候補で出すぐらい)だし。

   

2 世 ば っ か じ ゃ ん 。

   ばかばかしー。他にはおらんのか、他には。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月31日 (月)

クリックにご注意

   あ~あつかれた。本日ダスキンお掃除サーヴィスのおねえさんたちが来てキッチンとバストイレのお掃除をしてくれました。
   ちょっと後回し、ちょっと後回し、ここは余裕があるときにって言ってる内に汚れがドンドンたまって大変なことになっていたのです。それを、旦那様ったらクレジットカードのサイトから「ダスキンお掃除サーヴィス」がカードで払えば何%割引、というのにつられてカチっとやってしまったそうで。
   「こちらはダスキンお掃除サーヴィスです。ご用命ありがとうございましたぁ」って20日頃電話がかかった来たときには、来たぁ、と泣きたいようなキモチになりましたです。
   「いえ、でも、今お願いしても8月ぐらいですよね?」と聞いても
   「よければ7月中にお伺いします。28日はどうですか? 31日も明いてます」って。だって、ダスキンさんを呼ぶにはおうちを片づけないといけないじゃないですか。もう、消防局が査察に入ったら叱られそうな散らかりっぷり、今火事や地震があったら玄関まで到達できないくらいの……。今朝は4時までかかって「お掃除をして頂くための片づけ」をやりました。ギリギリまでなんにもしない方も方だが。
   9時ぐらい、というので早起きして、朝ご飯を食べた後の片づけもして、洗い物を伏せるカゴやら出しっぱなしのフライパンをちゃぶ台に避難させたり。「来ないね」なんて言葉が出る頃お見えになりました。気を遣ってもらってどうも。
   12時チョット過ぎまでかかって、お風呂もトイレもピカピカにしてもらって。
   「支払いはカードだからなんにも用意しなくていいわね~」出張お掃除に読み取り機持ってくるって聞かないしって、アレ?
   「こちらに××カードの会員番号と有効期限をご記入頂いて」
   きゃ~!!
   「それ主人のカードなので今こちらにはないんですよね」とたんに哀しげになるおねえさん。
   「電話して聞きます! 番号は手で書いてもいいんですよね!?」
   と、お仕事中の旦那様にお電話して番号を聞きましたです。

   旦那様も、見積もりだけ、と軽いお気持ちでクリックされたようですが(別に今日明日掃除をしてもらおうという気はなかったらしい)。
   皆様もインターネットでクリックするときはどうかお気を付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

「ひまわりっ」プロの軌道修正

   ええと、週刊「モーニング」誌上で連載中、この夏1巻が出たところの「ひまわりっ」が最近いいです。
   連載初期は、どうやら実話に基づいていて、作者のおとうさんが、その、個性的であるというネタに終始してたんですが、その個性の加減がぶっ飛んでいるので2ちゃんねるでは否定的意見多かったですね。わたくしも、自分の言動をすぐさま脳内消去してまるっきり逆方向の自分だけ通用ルールでぶっ飛ばせる人にはなれてるつもりだったのですが、さすがに「いや~だ、超おっかしい!」と両手バンザイで面白がれたワケじゃないですね。いや、九州の男性ならこれぐらいアリかなぁとか冷や汗かいたり。女性に優しい九州男児のみなさんお気を悪くされたらごめんなさい。
   具体例で言うと、第1話、故郷を離れて美大に行ってた主人公が、その学校の慣例で卒業式の仮装をすることになって、ウサギのかぶり物をして「就職は?」 「田舎帰る」とか会話をしているところから始まります。田舎に帰ってご両親に対面すると、実に気のよさそうなお父さんが4年も学資を出してやった云々と恩着せがましい言葉の後、その卒業式のスナップを見て、「こんなお笑い芸人のようなことをさせるために大学にやったんじゃない!」云々と切れてしまったんですよ。ぶん殴ってたかな?(このおとうさんは結構手の出る人) あちゃ~、と思ってると、どうも彼女、おとうさんのそういう豹変ぶりには慣れてるようで、それでも暗く顔なんか洗ってると「おとうさんそこでこんなウサギのかぶり物見つけちゃったよ、カワイイ?」なんて、おとうさんさっき言ったその口でその娘が卒業式に被ったウサギを自ら被って喜んでるという……。
   一事が万事こんな感じで。クリスマスケーキは普通のプレゼントと同じ感覚であのケーキの大箱を90度回転(!)させて自転車の前カゴ(!)に突っ込んで帰って(モチロン普通に乗ってくる)デコレーションが崩れたといって逆ギレするし。このマンガ家さんのあとがきマンガがこんな感じだったのを独立させたらしいですが、プチネタとしてはおかしいかもしれなかったですが、こうストーリーとして読んだらちょっと。これはもう虐待? このおとうさんはもしかして頭のおかしい人なんじゃないかさえ言われてたんですが。
   気がついたら、その主人公の会社に出入りする植木屋さんのお兄さん(もと高校球児)と主人公の不器用なラヴストーリーになってました。やっぱり強引グマイウェイなパパはうろうろして彼らの邪魔をするのですが。この顔はいいし気だてもいいのにどうしようもないおばかなお兄さんも名前がお父さんと同じ健一なので、マンガのサブタイトル「健一レジェンド」からは外れていないというみごとな軌道修正っぷりで。さすがプロ。でも、やっぱりずれてる健一2号のずれっぷりのおかしいコメディなのでした。カラオケ誘うとカダンAだっけ? 除虫剤のCMソングを直立不動で歌う(もちろん無伴奏)ような美形、どうよ?
   今週は、花火大会で関係を進めなさい、と会社のお節介なお姉さんたちの入れ知恵で無表情ながらかなりがんばって花火大会に行った健一2号なんですが、肝心の主人公来なくって逢えないんですね。主人公のうちを基地にして、「今頃うまくいってるかしらねえ」なんていってたら、主人公お出かけから帰ってきて。
   「あんたなんで花火行ってないのよ!?」
   「誘われてないですけど。わたし今日は用事があって」
   「今すぐ行け!」って騒ぎの後、みんな帰った後の会場でなんとか出会えて
   「わたし忘れてたみたいで……誘ってもらいましたっけ?」って聞いたら
   「……誘ってなかった」って、無表情に。
   「誘わないといけなかったのか。市民花火大会だから市民はみんな来てると思った」って。この辺は本当にあっさり、今事実に気づいたというように。理路整然と主張してるニュアンスではなかったな。
   すいません。野球しかできない高校球児って、こういう大人になるんですか?
   絞め殺したろか一回、と思う反面、理解できない理由で切れるオヤジさんギャグよりはホッとしてみていられる(見ておれません)作品になったなぁとしみじみ作者の軌道修正のうまさに感じ入ったのでここでネタにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »