« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »

2006年7月28日 (金)

人の目がみていなくても

   ♪夏が来れば思い出すぅ~ 日本の唱歌の名作もですが、わたくしが懐かしく思い出すのは別な歌です。木下牧子作曲の合唱組曲「ティオの夜の旅」、第4曲ローラ・ビーチ。この組曲というのは任意の日本の詩人の詩集などから詩を取ってきて(抜粋や省略も可、らしい)作曲家が曲をつけたものです。この形式は日本の作曲家が編み出したものだそうで。アマチュア合唱が盛んでキリスト教国じゃない(賛美歌やミサ曲に抵抗がある)日本ならではのもんですな。http://www.geocities.co.jp/MusicHall/6654/rorabitibiti.htm
   「人の目が見ていなくても 風景はあるものだろうか」という冒頭の言葉、これがソプラノのパートソロで、他3パートはハミングしてふしぎにハモっています。
   「貝の螺旋 月蝕ごとに珊瑚が育つ 魚の側線 暴風の暗夜」ととろぴかるな風物がとりとめもなく紡がれ
   「誰も 誰も見ていない 光が勝手に溢れているだけ 一日」
   「人の耳がきかなくても 風は椰子の葉を鳴らす」と夢のように終わるんですが。   詩はええと、「塩の道」池澤夏樹です。最近は小説も書いてるようで。
   もう、歌詞もメロディもモロ南洋。無人島リゾートないいカンジです。独唱用にアレンジして(スローバラードって言うんでしょうか)「涙そうそう」のひとや「ジュピター」のひとに(ちゃんと名前を出せ)歌ってもらいたいぐらいです。

   さて、禅の公案(チョットこれについて考えてごらんという座禅に当たっての例題?)に似たようなのがあるそうで。
   「人跡未踏の深い森の中で木が倒れたら、その時音はするのか?」って。
   するっしょ、そりゃ。
   音は人間が聞いたかどうかで存在するのではなく、事象が発生したときに空気を振動させて起きるものだもん、おかあさんはそう答えますが、それはエセ科学的なひと。
   そうではなくて、どんな事象も、自分が知覚し認識しなくては存在するものとは認められない。全ての存在を疑ってかかることも肝要、というのが模範解答? ほら、「我思う、故に我在り」というのもこの系列じゃないですか。疑った末に、今それを考えている自分は存在する、ゆえに自分の知覚しているこの世界もまた存在する、よかったねという思想。わたしは若い頃「生きててごめんなさい。わたしを見ないで、ブスでスイマセン」という考えになってたので、自分があって、世界があるという考えは画期的でした。
   でも、この詩は「人の目が見ていなくても世界はある」というのですから。
   人間は勝手にやればいい。わたしも。
   大自然はそれとは別にしっかりと存在している。
   なんだかまた楽になったのです。

   「人の目が見ていなくても風景はあるものだろうか
   心理テストとまでは行きませんが、暇なとき、お友達にご意見を伺ってみてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

「女信長」うせる神通力

   やっと買えました。「女信長」。とむ影さんから、マエストロ佐藤賢一が毎日新聞で連載をしてるよと伺って、途中から新聞は変えましたが、丁度浅井長政裏切りの辺りからで、「彼女」がなんのためにいつから男装してるかは知らないままだったんですが、やっとこの前単行本を見つけることができました。
   最初はれいの斎藤道三と対面するシーンからです。もう、濃姫こと帰蝶さんはお嫁に来ちゃってるんです。……早々に告白して親友になってもらったそうです。一般的に流布してる話の通り、うつけルックでやってきて、一転涼やかにお召し替え、蝮の道三の度肝を抜いた……までは良かったが。すぐさまその理由を見抜かれ、二人きりになったとたん……押し倒されて処女を奪われてちゃってます。この辺、エロとジェットコースターの加減の巧さはやっぱりマエストロ。掴みはバッチリでございます。
   寝物語(って言うのかよ、白昼堂々)に理由を正せば、要するに、もともとは男の子に恵まれなかった正室の独断で性別を偽っていたと。ところが、生来利発であったところから、同腹の弟という正真正銘の嫡男が生まれても、男のまま育てられ、家督を譲られてしまったのだと。真実を知るものは家中もほんの数人。とりあえず、その弟は真実を知っておると。そりゃあ、兄弟で跡目争いするよなあ。
   ここでスゴイのは、一身の秘事を暴かれて進退窮まったはずのお長(ちょう)たん(女としての本名) が屈辱に泣き伏してたりしないところ。しっかり道三をたらし込んで、ついでに性欲にも目覚めて(早すぎ!)新たな武器を手に入れてるところです。いや、マエストロ佐藤作品のヒロインは逞しいんだけどさ。 世の中そんな甘くねえって、お長たん。
   で、要所要所で「女」をつかいつつ、女性の目で男というもの、ひいては世の中全般の、無駄、非合理を廃してどんどん「戦国の世をぶっ壊」してゆく様は結構爽快。長
槍、鉄砲の導入も筋力がなく面目なんか重んじない女性ならではの着眼点。そう、「実利を取る」という信長の政策の中心概念が、すなわち「女性だったから当然の感覚」、というのは論理として「スッキリ!」なんだけど、あんまり地の文で「女だから」、「女の本性」って言われるとちょっと。2ちゃんねるの投稿者のように「フェミニズムのひとに突っ込まれるぞ」とまでは言わないけれども。
   美貌の姫として、若い頃はそれで良かったけれども、丁度浅井長政と出会った頃がお肌の曲がり角、心底惚れた男に正体を明かして秘密の関係を持ったところが、相手は若さイコールバカさの要素をもっていたのが運の尽きでした。年上の、自分より力を持っている女性に愛されると男は思い上がってしまうのでしょうか。この裏切りは相当お長たんを苦しめます。この辺のお濃さんとの会話は「痛かった」。もう大年増なんだから女をつかうのはやめなさいとか、年を取った女は男に見向きもされないとか、智恵とか男を包み込む優しさと、そんなもんは尼でも発揮できる魅力で、女にもとめられるものではないとか。え~ん、マエストロのイジワル。
   その会話で二人は、そうではない、女の本当の魅力を判って愛してくれる(であろう)大人の男というものを見つけてしまいます。
   「明智殿だけはおやめください」って、お濃の初恋の人だし。それでも傷心のお長たんは明智くんを手に入れてしまうのでした。やっぱこの辺がお姫様だよなあ。
   お育ちがいい上に南蛮学を身につけた明智くんは参謀としても有能で、傷心のぶんお長たんはぞっこん惚れ込んでしまうのですが、そのへんから信長としては頭打ちに。自分が女の目で合理的にものを考えて創出したと思っていた数々の政策が、「南蛮でもそうです」って、ことごとく保証されて、最初はいいけど結局自分が独創の天才じゃないとわかってどんどん鬱に入ってゆくのです。この辺はウマイ。愛人の「濃姫づき侍女お長の方」と殿である信長との一人二役もばれて哀れ明智くんは八つ当たり要員へ。たぶん、更年期も入ってたんじゃないでしょうか。おかあさんまだなんで、作中の描写からしかとはその病名はわかんないですけど。
   そして運命の天正10年、中国攻めからコッソリ帰ってきた秀吉が囁くのです。
   「殿、消えてください」
   「女として生きればよろしいかと」なんだったら囲ってやってもいいよと。
   ばれていたのです。
   そこで秀吉に押し倒されて、絶体絶命のピ~ンチ! 
   そこで明智くんに救いをもとめます。
   「もうたくさんだ! ……つらくて、つらくて、もうここで滅びたいのかもしれません」しかし、やさしい愛人明智くんはここで怒った!
   「ふざけるな!」
   果たして、乾坤一擲の急襲を指示したはずの明智軍は、朝廷をではなくて本能寺を取り囲んだのでありました。ところが
   「女は苦しからず」
   やっぱりやさしい明智くん、本能寺急襲は苦肉の策だったのでした。この「女は苦しからず」は大河の「功名が辻」の本能寺より巧いと思いました。
   それで、エピローグは、家康とそのブレイン天海和尚(この人の正体はもう今は常識となりつつありますな)との思い出話。
   「美少女でありましたぞ」って、家康が信長に頭が上がらなかった理由まできちんと説明されて。いや、巧くまとめたと思いますね。お長たんの行方は朧だけれども。
   いやそれより、お濃さんはどうしたのよ? 本能寺に随行してなくて天寿を全う説ならそれでよいけどさ。言及ないとちょっと可哀相。
   地の文のサトケン節は健在で読んでて心が弾みますが、なんでも「女はそういったものだからだ」でズバズバ切られると、今まで外つ国の話だったからそんなもんかもねえ、と流せたのに、なんだかいちいち引っかかるんだよなぁ。その辺、中世ものも語り尽くして新しい分野に足を進めてみたけれどの神通力の通じなさ加減でしょうか。チョット心配。あと、心中語と会話とか同じカギ括弧で並んでるので、ちょっと読みづらかったですね。オイオイ、お長たんそんなこと口に出していいの? と思ってるとそれは心中語だったということが多数。そこだけ、マエストロ、次からなんとかしてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

「功名が辻」29 新キャラ続々

   やばい。「へうげもの」と「功名が辻」と「女信長」がごっちゃになってきております。最近は「利家とまつ」に「秀吉」も混ざってもう、誰が誰やら。大河を好んでごらんの皆様もそんな感じでドラマ開始当時から「西田敏行は秀忠としか思えんのだよな」って、それは「葵 徳川三代」5,6年前の大河ですが。西田さんは「八代将軍吉宗」で吉宗役もやっていて、そのうち徳川将軍コンプリートできるんじゃないかって。それに引っかけて三谷幸喜の映画で「徳川ぜんぶ」っていう役名をもらったとか。オイオイ、7代は少年だから無理だろう。
   ところが、最近西田氏はぐんぐんあの三河の古狸っぽくなってきているのであります。今回も前半シリアスパートでは小牧長久手の戦いの前哨戦、秀吉が家康に、俺に頭下げろ、天下人と認めろ攻撃をしているのにしぶとく図々しくかわしているのでありました。柄本さんがオーヴァーアクションで必死に盛り上げてくれましたが、この辺はおかあさんもへーほーとパソコンでゲームやりながら「ながら視聴」。
   千代さんが新築中の大坂城をウロウロしているとさわやかな若武者に声を掛けられるんですよ。「お懐かしい! それがしはその昔お世話になった治兵衛にござる」って、あの、人質にやられた秀吉のオイですか。悲劇のバカとのと名高い秀次です。今回はその小牧長久手を表向きやっといて、そこで失態を演じた秀次くんを庇ったことで先々週以来出世から取り残されてた一豊さまがまた復活するところが物語的主眼と。
   「おわびなさいませ! 上様は秀次様を跡取りと思し召しゆえ厳しい言葉でご叱責なのでございます!」がんばるなあと思って背中で聞いてたんですが、その後のドラマの展開でしんみりと秀吉が一豊さまに長浜城を与え秀次の家老職に任じたところを見ると、庇ってたのは一豊さまであろうと。人様にレヴューをお見せするなら真剣に視聴しましょう。いや~、前回勝家がやられるきっかけの「中入れ」、軍を割いて別の敵を討ちに行くってのをやっちゃいかんというのは兵法の基本だそうですが、討ち気にはやって秀次はそれをやっちゃったのです。池田なんとかという彼の奥さんのパパも、ここで手柄立てれば自分の立場も向上、とばかりワシがついてってあげるよ、なんていろいろ思惑が絡んだんでしょう。現実世界においてはなんでも教科書通りにはやれないもんなんですね。
   秀吉は大激怒の面罵。そうですな。「泣いて馬謖を斬る」、ここは総大将の甥であっても無茶な進軍をしてしかも味方を置いて逃げ帰ってきたやつ(その池田のパパは戦死。森蘭丸の兄さんもたしか死んでました)を許してはいけません。でも、許しちゃったんだ。一豊さま、もしかして間違ってました?
   秀次といい、三成といい、茶々といい。その前に七本槍ーズも出てますし。秀吉の破滅(しとらん)に向けて役者が揃って参りました。さあ、大河後半戦いってみようかぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月25日 (火)

ローカル言語にご注意

   また旦那様からお誕生日プレゼントもらっちゃった♪
   去年は「何がいい?」と聞かれて多分無理だろーなと思いつつ
   「エビのしっぽ」といいましたです。説明せねばなるまい! エビのしっぽとは近年はやりだしたヘアクリップで、物干し竿ごとがばっと洗濯物を押さえるあの大きめの洗濯ばさみ状のプラスティックのクリップの多少装飾的なもので、これを使うと多い太い固いという三重苦のおかあさんのような人でも簡単にアップができるのであります。夏には欠かせません。これ(でアップにした後頭部)が、伊勢エビの尻尾のような立派な形をしていたことから我が家では「エビのしっぽ」と申すのであります。慣れてくると、最初は地味にブラウンを買ってみたけれど、その日のお洒落に合わせていろんな色やデザインのものが欲しいなと思うわけで。
   でもまさか、もと横綱千代の富士似(しつこい)の激シブの旦那様に女性用のヘアアクセサリなんか買えるわけがないと諦めておりましたら、お誕生日に「はい」と仙台老舗の藤崎百貨店の包み紙で何者かを差し出すじゃありませんか。
   「藤崎ではエビのしっぽといっても通用しなかった」
   当 た り  で す 
   それでもちゃんとメイドインフランスと書いた(こんなもんフランスで作ってるんだ!)どちらかというとシンプルなピンクのクリップが入っておりました。「ごろにゃ~ん」と、もう、のせるのせる。おだてるおだてる。しかし、旦那様は女にものを贈るときはピンクと心に決めているのであろうか。ま、スキかキライかで言うとややスキだからまだ怒りゃしませんが。
   で、本年もまた誕生日前に御下問があって、わたしもつかれてたのでやや悩んで(これが「武装錬金」にはまってたときだったのでいくらなんでも1~10巻買ってというのはまずいだろうと考えていた)。
   「エビのしっぽ……かな?」
   こんどはややドレッシーなものが欲しくなります。無理だな、とまた思いましたが。
   やっぱり買ってくれました。ケーキをお持ち帰りの後、「おかあさんにはこっちだよ」と手招きして、また小さな箱を示されます。
   かなりビーズやら金具やらで装飾的意味の高いクリップでした。大きさは小さくなって、髪の毛のホールド力は劣ると思われますが。
   「これでも単価は去年より高いんだぞ」ああっ旦那様、その一言はヘビの足。判るよそれくらい。
   ごろにゃんごろにゃんごろごろにゃ~ん、と懐き倒しておきましたが。

   さて、クイズ番組の好きな早乙女家、「ヘキサゴン」は模様替えしてから見始めてます。番組後半の、チームに分かれてひとりずつ解答して、答えるひとがいなくなったチームが優勝というコーナーがお気に入り(問題の内容はほぼ小学生の学習範囲です)。ところが、ある日の問題、「トルストイの名作のヒロインと同じ名前のヘアバンドのようなアクセサリーをなんと言うでしょう?」というものに豹子ったら自信満々に

   「エビのしっぽ!」って。

   おいおい、「カチューシャ」だろう。

   うちでしか通用しない言葉をちゃんと理解してよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両手にラーフラ

   親戚の活田刺門氏がまた本を出したそうで。またしても南方の海への旅行記。今度は本名ですが、このペンネームのセンスがまたおかあさんと同レヴェルでもう苦笑い。わたしが「小説家になりたい」というと冷笑されるのはこのひとのせいもあるのでなんともイヤ~な気持ちで本を受け取りました。いや、それでも「これからもいろんなところへドンドン旅してステキなご本を出してくださいね」なんてお礼状書いたりはしたんですけどね。おかあさんのウソツキ!
   彼は三田文芸の同人をやってたそうなので女子供向けのマンガのような話の新人賞のそれも1次予選にも引っかからないようなおかあさんとはレヴェルの違う「物書き」でありましょうが、家を捨て、ちゃんとした仕事に就かず、子供も作らないということで田舎者の価値観では「まともな大人ではない」んですな。幼い頃はイロイロ吹き込まれたなぁ。おかげさまで、わたくしは第一に「ちゃんと就職して結婚して子供を作って育てる」ちゃんとした大人であることを目指さねばならぬと思いこんでいるワケなのです。いや、これがむづかしくって。とても片手間に小説なんか書いてられませんことよ(いや、今はゲームにうつつを抜かしているからなんだけど)。まともな保護者たるべくPTAに参加してみたらこれが時間を取られるし精神も消耗するし(みんな仕事をしてるのに時間をやりくりしてちゃんと参加してるとか、子供の教育にマジメに取り組んでいるとか自らを省みて恥ずかしくて鬱になっちゃう)。
    父の世代のひとなのに、向こうはあんなに自由に生きてるのは何故なんだろうなぁ。冷たいとかまともじゃないとかイロイロ言われてますが、そういうふうに言われるリスクを冒しても自分の思う道に行きたかったのでしょうか。……わたしにはできません(意外と小心者だったんだ、わたし)。「いつもふらふら東南アジアとか出歩いてる」(母談)のは「子供がいないからよ」と吐き捨てるように言われました。子供にはお金がかかるもの。そんなの子供の目の前でいわなくっても。そんなにお金がかかりますか、切な~くなりましたね、当時。社会にたいして責任を果たしていないと、そういうふうなニュアンスでした。あそんでいたいために子供を作らないのだと。今の、欲しいけど仕事の責任上つくれない、健康上の理由からできない人のこと考えてない古い人の台詞ですんで、お許しください。そういえば、彼の方も仕事上の理由もきっとあったんだろうけど(パートナーの人の都合)。
   そういう極楽とんぼ的存在であった彼も、老境に入り、念願の本を出すことができたわけです。
   「今だけは子供と正面から向き合って。ほんの15年、20年だから」なんて言われて専業主婦をやってますが。いや、それでも目を盗んで充電したり、放電したり、してますけど。お釈迦様は我が子が生まれたときに、このこの存在は出家の妨げとなるとして「ラーフラ(障害」と名付けたそうな。別に子供は足手まといとは申しません、かえってわたしは社会にちゃんと参加しておるという隠れ蓑のように思っておりますが。
   子供と一緒にいろいろ経験し、子供がいなくては見ることのなかったものを見て考えを巡らすことはきっと無駄ではないと思うようにもなって、なんとか心をなだめておりますが。
   迷わぬはずの年になって、それでも夢に手の届かないまま自分の夢のかたちが朧になっていくのを感じると、夢を叶えたひとに羨望と嫉妬を禁じ得ないのでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

梅雨の晴れ間ダッシュ!

   やたっ! 今日は幾分晴れてる! ちょっとあったかいし!
   洗濯っ! 大物!!
   助かったぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »