« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年6月25日 - 2006年7月1日 »

2006年6月24日 (土)

コレだから理系は

   今度は実家の母から救援物資です。この前生協で「パウンドケーキに入れると美味しいですよ」というミックスフルーツを取り扱っていたので、試しに買ってみたのです。自分では作らないよっと。で、送って、製品にして返してもらったと(この輸送に使われたCO2について世界の人に済まないと思う理性はない)。さっそく夕食後のデザートにしました。
   「おいしーい」豹子たちは大喜び。
   「……1センチ」おや、旦那様も所望されるとは。
   「レーズンが大量に入っているようですね。その他は……何入ってました?」
   「クルミだな……」
   「なにか不都合でも?」
   「ヘンセキしている」オイオイ、と口をゆがませると、
   「あ、ヘンセキというのは」
   「在してセキは……もってるんですか?」
   「いや、木偏にオノのセキ。析出って解る?」分析のですか。
   「結晶化して出てくるカンジ?」
   「そうそう」……イメージは解りますが。たしかにどこも同じような頻度でレーズンやクルミや各種ドライフルーツがまざってるカンジではなく偏りがありましたね。だからって工学用語で語らないでください。たしかパウンドケーキに混ぜものをするとふつう比重の関係上下の方に沈むんじゃなかったですか?
   ま っ た く 理 系 っ て 奴 は。
   あ、とりあえず美味しかったですから。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「鋼の錬金術師」今さらながら爽快

   またしてもご近所TSUTAYAで立ち読み。おかあさんカモられておりますかしら? でも、「傭兵ピエール」はよそで立ち読んで知ったのよ。買ったのは1~3ともここだけど。「アンダーザローズ」は7&Y通販だし。「武装錬金」はまだがんばって我慢してます。今度麓に行ったときにブックオフででも立ち読むつもりで(「武装錬金」はこの秋アニメ化だそうで。そのためでしょうか?)。今さら「ハガレン」なんて時代遅れも甚だしいかも知れませんが。
   エドワードとアルフォンスのエルリック兄弟は、知る人ぞ知る有名人。なんでも少年と見える若さで国に認められた錬金術師だそうで。そう、錬金術師がいて、ちゃんと世の中のシステムに組み込まれてる世界です。兄のエドワードはちょっと小柄。右手と左足がなんと鋼鉄製の義手義足。「鋼の錬金術師」の二つ名はコレに由来している模様。弟アルフォンスはなんと鋼鉄の鎧をまとって……いや、鎧の中は空。実は彼らは幼い頃禁断の人間を生き返らせる法を行ってしまって失敗、兄は自らの脚を、弟は存在全てを失ってしまったのです。そのすぐ後行った秘術で兄はさらに右手を犠牲にして弟の魂だけはこの世に取り戻したというのが彼らの容姿の理由。生き返らせようとしたのは彼らのママだって。解るよね。彼らはもとの姿に戻るべく旅をしながらその術を捜しておるのでした。って、その旅は水戸黄門的? 「錬金術は大衆のために」という大義名分を突きつけられてけっこー人助けをやっております。
   幼い頃から外法を行うだけあって彼らは結構話せる奴で、建前論なんか吹っ飛ばし、また、縋るだけで自助努力をしないものにはとりあわず、その世直しは爽快感があります。気に入りました。また、出てくるその辺のおじさんたちがみんなたくましいので嬉しくなってしまうのです。ジャックされた蒸気機関車の車夫さんたちとかね。犯人たちをエドワードがぶちのめすと、隙を見てすぐ他の犯人たちを自分たちでたたきのめすんですよ。いいぞ、いいぞ。スピード感もよろしいです。ナルホド、コレはヒットしたはずだよな。
   とてもよい気分になりました。続きも読みたいなぁ。ごろにゃん(トあらぬ方を見る)。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月23日 (金)

なんでこんなにカワイイのかよ

   宅急便が届いて(救援物資:コレは安い。10円でおつりが、なんて言ったらー¥9物資なんつってー旦那様に叱られました。天狗のハムやらふかしやら、大量に入ってました、ありがとうございます)旦那様のご実家にお電話を掛けたらおとうさんが出て。シドロモドロになりながら(まだ苦手) 
   「夏休みは、豹子は今年もおじいちゃんのうちに行くんだって言ってますけどよろしいですか?」なんて言っちゃって。
   「ああ。夏休みはいつからなの?」
   「20日にいわゆる終業式です」仙台は前期後期制に完全移行したので、夏休み前の集会は「終業」式じゃなく、単なるお休みの前の「お話し朝会」なんだそうです。
   「じゃあ、ワシが迎えに行ってあげよう」
   「いえ、そんな。具合が悪かったんじゃ?」この前救急車を呼んだんじゃなかったんですか?
   「いや別にドコも悪いところはなかったし。じゃあ21日で
   「でも、荷造りもさせなきゃなりませんし、お掃除とか……22でいかがでしょうって、あら、土日かかっちゃいますね。やっぱり平日の方が空いてますかね?」
   「さあ。どうにでもなるだろう」
   「じゃ、とりあえず21日で本人にも言っておきます」って電話を掛けたのが午後1時ぐらい。夕方お買い物に言ってる間にまたかかってきたらしく。今度はおかあさんで、掛け直しますと
   「おじいちゃんもうさっさと切符取ってしまったわね。前の日に仙台について泊まる宿から豹子ちゃんの切符までみんな金沢まで」
   ああっ、おとうさんそんな早手回しな。
   「具合大丈夫なんですか? 仙台まで来てもらってホントウにいいんでしょうか?」
   「いいわよ~おとうさん嬉しくてしょうがないんだから大丈夫ってことにしといて」
   嗚呼、孫娘ってそんなにカワイイもんですか?(旦那様は兄弟がいないです)
   豹子よ、この愛情を裏切ってはイカンぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

キャンドルナイトやりました

   昨日は夏至。なんでも夏至の夜には電灯を消して代わりにろうそくの火を灯して家族で電気を使わない遊びをしたりして過ごそうという運動があるのだそうで。朝日新聞ではアピールしてましたよ。で、やってみることにしました。いつも夜更かしして地球環境とお肌と教育によくない生活をしているという自覚はあったので。
   「今日の夜8時から10時までは電気を消すからな」豹太には朝から宣言しておいて。
   野球のあとお迎えに行くと、冬にはもう5時に真っ暗になっていてそれ以降の活動が無理だった運動場も、梅雨曇りのせいか(結局夕方からまた太陽は隠れた)6時になってもまだ薄明るくて。監督も夏の間は6時半ぐらいまで延長してやってるんですよね。冬はけっこういたお迎えママも例の大地くんママぐらいしかきてなくて(オータムヒル方面は彼だけなので)。うちはほら、美少女(ウソ)を出してるので。念のためできるだけお迎えに来てあげてと言われてますから。まだまだグレイの空を見上げながら
   「8時になったら電気を消すからな」と再度念押し。
   めんどくさかったので、お夕食は生協の有名店の冷凍ハンバーグ(熱湯でボイルするだけ)。お高いんですのよ。申し訳ないから付け合わせはちゃんと手作りしますって、バター乗っけてレンジに放り込むだけのニンジングラッセ(子供は喜んで食べてくれます)、レンジで蒸かした後チーズとマヨネーズを掛けてトースターで焦げ目を付けたジャガイモ。ところが、「豹子はふかしジャガイモに切れ目を入れてバターをいれたやつがいい!」って。ファミレスで覚えたんです。あのね。スライスした方が速く火が通るんですよ。いつもはスライスしてできるだけ平たくしてからやってるのに、ついリクエストに応えて丸のママやっちゃいました。おまけにおかあさんと豹太の分は別にまたスライスしちゃって。続けざまに「根菜ゆでもの」モードの自動調理をやったらレンジが死んでしまいました。丁度、おかあさん&豹太分がゆであがって、豹太におねがいしてマヨ&チーズのトッピングを済ませて再度加熱しようとしたところで。
   「おかあさん! レンジが!」液晶表示が死んでしまってなにも光ってません
   「プラグ緩んでないか?」
   「ちゃんとはまってるよう! おかあさん、停電が早く来たんじゃ?」豹太はもうパニック。
   「そんなわけがあるか。まだ天井灯もTVもついてる。お亡くなりになったんだな。見ろ、丸のジャガイモのチンは負担が大きいんだよ。さっきからニンジンとかもやってたし。あ~あ。ま、これもおとうさんが下宿しはじめた頃から使ってるらしいからもう寿命だろ」
   「おかあさん、もう7時だから! ブレーカーがどんどん落ちてるんじゃないの?」豹太は時限の一斉停電だと思いこんでるようですな。そんな、高度成長期じゃあるまいし。
   「使いすぎでオーヴァーヒートしたんだって! いやしかしこの状態でレンジ壊れると困ったね。ナチュラルチーズ掛けちゃったら加熱しないと食えないしな」って、庫内はまだかなり温かい、いや、熱いです(オーヴァーヒートだし)。
   「このまま3分入れとけ。余熱でいけるかも知れん」と、丁度時間が来たハンバーグを湯から引き上げて、ご飯にしましたです。3分経ったら結構チーズが溶けて、いいカンジになってて、美味しくいただきました。いや、おかあさんは時間に余裕のあるうちにろうそくを捜さないと。この前の豹太のお土産会津絵ろうそくはもったいなさ過ぎますから。
   「しかし困ったな。おかあさん明日の朝のトーストはどうしよう? おや」みると、レンジ全面の液晶が復活していつものように点滅しているではありませんか。
   「直ったぞ。やっぱりただのオーヴァーヒートだったんだ」ああ、よかった。なんてことをやってたらもう8時になっていて、出遅れたおかあさんはろうそくの炎で遅い夕ご飯になりました。
   結婚式でね、キャンドルサーヴィスやるじゃないですか。シンローシンプが二人して、お集まりの皆さんのテーブルにセットされたろうそくに火を付けて回って、ゴールは高砂横の大きなハート形にアレンジされたろうそくに火を付けて終わりって奴。なんと、金沢Gホテルではそのゴールのろうそくがシンローシンプへの記念品なんです。式が終わって持たされた大きな包み、何かと思ったらベルやリボンでごてごて飾られた白いろうそくでした。断面がハート形の柱状になっていて。目盛りが1から50まで非等間隔にふってあるのです。「結婚記念日ごとに愛の炎を灯してください」って、いや~っ!!(20から50ぐらいまでは急に間隔が狭く、数字も飛ぶのが結婚生活を解ってらっしゃる)恥ずかしさのあまり金沢の早乙女家に置きっぱなしになってたのですが、地震の続いた一昨年(?)非常持ち出し袋にわざわざろうそく買わなくてもアレ使えばいいじゃん、と持ってきてたのでした。
   ……というような来歴を豹子に語りつつ火を灯すと。
   お嬢様盛り上がっちゃって。
   「全然電気消えないよ」と豹太はガッカリ。
   「単なるムーヴメントであって強制力はないのだ。いや、仙台放送の電波塔は必要な航空灯以外消えてる。隣のNHKも。たぶん反対の東北放送もだろう」M山近辺は仙台の各TV局のアンテナが集中してるんです。
   「じゃ、こっち点けるから」と、豹太は寝室にしている和室の電灯をつけて籠もってしまいました。
   愛のキャンドルは、ハート形が禍したのか、くびれた辺りから決壊してロウが机の上に垂れて大変なことに。固まりかけたところところからはがしてろうそくのへこんだところにくっつけて必死に修繕。
   「あつっ!」
   「おかあさん大丈夫?」何やってるんでしょう?
   「おかあさんミスタースリーだね」だからワンピースは漫画だって!
   「10時になったら消すのね? 豹子が消すね」
   ねないでやんの(豹太はいつものように本を読んでいる模様)。
   「キミは寝なさい。おかあさんは『プリマダム』の最終回を見るから」
   「え~最後まで見たい」と、もう9時20分になんなんとしております。豹太は既にベッドに入っております。
   「もう消すから。おかあさんも寝るからキミも寝なさい」って、ウソ寝してたら、そのまま12時まで寝ちゃった!

   全然地球環境とかエネルギー問題とか語ってる暇はございませんでしたことよ。もうしないから! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「功名が辻」」24 使えるものは使う

   あぶなが様のいない織田家中(と大河ドラマ)が何事もなく(?)動きはじめました。
   野球の集まりの後「ごめん、コーミョーガツジ見るから!」と茶器の片づけもそこそこに走って帰ったんですが、頭から25分は見落としてしましました。光秀くんごめん。いかようなご最期を遂げられたんでしょうか。BSの方の再放送はうっかりパソコンに向かっていてしまって(やる気あるのか?)。
   時は既に清洲会議前、秀吉くんたら「千代どのの力をお借りしたい」って。「ど~しても手なづけたい子供がいる」って、もしかして、彼ですか? 信長の指名していた後継者、長男信忠の遺児、三法師くん。まぁー、髪の毛多そうなお子ちゃま。必死にたぬきの話をして盛り上げようとするも、なかなかノリ悪く。千代さん必死で「ぽんぽこ、ぽんぽこ」と腹鼓の真似をすれば、ようやく表情が動き出し。
   「ぽんぽこ、ぽんぽこ、ぽんぽこ、ぽん」ねねさん(ここで三法師を味方に付けることの意義を理解している)も必死。千代さんの出番&功績を作ろうとディレクターも必死なのが見えて、もう見てる方は苦笑。
   なんとかご機嫌を取り結んだところへ、表の会議で「柴田様の話には筋目がない!」と臭いことを言って半分はまとめ、全部押し切ろうとせず丹羽長秀くんに花を持たせる振りで自分は「腹いてぇ~」と退席、切り札を連れに行く秀吉くん。ここは秀吉くん見せ場ですから。
   「切り札ちゃんいらっしゃ~い」とばかりに手を広げるも、素直に近寄ってはくれず(邪心を見抜く幼子GJ)、千代さんの機転で「お馬さんごっこ」でなんとか秀吉くん目的は果たせそう。席に戻ったところで「三法師様が跡目でいいかな?」ってやっといて、その三法師くんに抱きつかれて懐かれて見せて、まあ、秀吉って家臣ナンバーワン? お子ちゃまを抱いて上座に着くおきまりのシーンがやっとできました。茂助くんとマゴヘージくんも同席を許されていたのか(この辺、大河によりメンツに出入りがあるらしい) そういう秀吉の策略を見抜いて講釈し「秀吉様ははしこいの~」なんて言ってて、「そーなのか?」って、あとで教えてもらって目を剥く(これパターンね)一豊さまのどんくささ篤実さが浮き彫りになると。
   ホント、苦労が偲ばれます。太閤記の骨格をできるだけ生かしながら、ヒロインの出番をまたできるだけでっち上げて肉付け。大石さん、この一年ですっごく力が付くだろうなぁ。え~と、そういうことでしてやられた勝家くんには「おサル憎し」でお市さまが接近、例の勝家VS秀吉の構図がもうできあがっております。もう、この辺は太閤記もので「以下同文」でいけますな。「一豊には長浜あげるから」って、秀吉くん軽く約束して、引っ越しの楽しい騒ぎの最中に「スマン! 長浜は柴田どのに取られた」って、土下座するなり走って逃げて。いや、ホントに秀吉ってコンナ奴って気がしてきました。
   さて、次は千代さん、歴史の舞台でどんな出番があるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

日照不足と低温に関する情報

   

晴れた~~~~~~~~っ!
   
昨日は晴れ、予想は23度なんていっといて見事にお昼前から曇って霧雨ってきて、ここぞとばかりに洗濯機に突っ込んだ大物(バスタオルとシーツ)の扱いに途方に暮れたというのに。
   今日は、ダメだ、今日も朝から霧、と思って晴雨兼用じゃなく本格的な雨傘を持っておうちを出たら、なんだ、降ってない、お山を下りてJ寺境内にはいると(今日はお稽古の日~お菓子は仙台銘菓白松がモナカ♪)薄日が差してきて……
   
晴れて来やがんの。
   慌ててお稽古が終わるなりとって返して(傘はしっかり日傘として使用。い~んですっ! 紫外線はレディの敵! いかなる対抗手段も許されます!)洗濯物を外に出しました。昨日一日中お風呂場にいた(お風呂を沸かしてからはリヴィング)洗濯物も全部。
   今年は年明けに帰ってきてすぐ壊れたエアコンをまだ直してないのでと~っても厳しいんですってば!
   「エアコン直さないとまずいかなぁ?」と旦那様が呟いておりました。
   なぜここに旦那様がいるかというと、帰るなり 
   「旦那様ったらまた電気付けっぱなしで出勤して、もう!」と書斎の電気を消すと
   「消さないで~」とうめき声が。
   「
暑いから着替えに帰ったの」という旦那様が下着上下で背を丸めてました。(鍵が開いていたのにどうしてドアを開けるとき気がつかなかったんだろう? 間抜けすぎ)送別会があるので今朝はスーツで決めてお出かけになったんですが。結局ワイシャツを半袖に替えて行った模様。
   この涼しい気候に慣れきった早乙女家が仙台を離れて果たして生きていけるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

「武装錬金」物語の舞台裏

   「武装錬金」え~と、作者は和月伸宏、「るろうに剣心」のひと。10巻まで出てますね。寄宿舎のある高校の生徒カズキは、ある日人間を襲う人工生命体ホムンクルスから少女を守って死亡してしまいます。錬金術の成果である「核鉄」を与えられ再生したカズキは、謎の戦士である斗貴子を助けてホムンクルスとの戦いに身を投じるのでした。作者が吐いてます。これ、ウルトラマン第1話のオマージュ。
   またしてもTSUTAYA立ち読み。奇跡的に見本が2巻まで出ていたのでパピヨンマスク篇が全部見られました(アレで決着付いたよね?)。いろんなところで話題の鼻の所に創傷のある戦うおねーさん斗貴子さんってのはこれのキャラだったのかぁ。クールで強い、ちょっといないヒロインです。
   錬金術を悪用していろんな生物をもとに人工生命体を作っては一般人を犠牲にしておる敵ボスというのがですね、蝶の仮面をつけた男でして。なんかヘン。カズキくんが自分の得たイメージ(伝聞だったかな?)をもとに作った似顔絵はもうあやしさ爆発で。それを持って寄宿舎に丁度いた(!)ボス本人のところにまでいっちゃうところがケッサク! 当然、日常生活でそんな仮面付けてませんから、解りませんけど。で、その似顔絵を見て彼の妹(カワイイ)が「おにいちゃんでもこのセンス間違ってるよ」と正直に言うと、病弱そうな美形の××先輩は涙ながらに「正しいっ!」って。もしかしてこれはおバカアクション? と密かに期待をしてしまいました。彼、パピヨンマスクはいきなり錬金術で不老不死の身体を手に入れるなりぱんつ一丁で登場したり、そのビキニぱんつから蝶のマスクを取り出して装着、「これで完璧」とうっとりしたり。
   「間 違 っ て る よ」。
   彼もカワイソーな奴でしたが、その彼に「俺はお前の墓参りもしてやるからちゃんと罪を償って最後まで生きろ」とか(要旨)言っちゃえるカズキくんの精神が好きです。
   連載のページ数のせいで、各話の切れ目にオマケページがつきますが、そこに作者によるキャラクターのプロフィールやら、創作に当たっての苦労話など発表してあって参考になります。2巻からは、各話の苦労どころなども披露され、こっちの方が興味をそそられましたね。いわく、生首に限りなく近いフォルムはやばいというので修正が入った、顔に傷がある斗貴子さんをそのことで女性型の人工生命体が侮辱する台詞は、事故などで実際に顔に傷のあるひとが傷つくからNG、その相手を斗貴子さんが目をくりぬくシーンは子供が真似するから表現を工夫などなど、ジャンプはお子さんに与える影響が大きいので編集からのチェックも多いようです。敵キャラのフォルム、主人公の武器の特性、みんなみんな生かしながらスピード感のある絵に落とし込んで物語を作るのは大変なようです。毎回こういう解説があるなら解説目的で……買ったりしないぞう!(郵便貯金の残高を見て蒼白

   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

時事ネタ やや不謹慎

   載ると命が助かるのがシンドラーのリスト
   乗ると命が危ないのがシンドラーのリフト(昇降機)

   意外と笑点で既出かも知れませんが。
   うちのマンションは三菱製らしいです。例の事故の翌日ぐらいにすぐ掲示(定期点検はちゃんと行っており異常なし云々)が出てました。
   理事が今年当番で当たってる旦那様によると、やっぱり共益費節約のため点検を独立系の安いところに委託したり、定期点検を間引いたりしていたそうな。これからはそれもできなくなると頭が痛いとか。

   お勤めは銀行系システム開発。お友達の勘定系は銀行の本店勤務で、預金の出し入れなんかに関するシステムを開発していたそうで。大きなホストコンピュータは旧財閥の系列の関係で日立製。系列ってこわいですね、宴会のビールはサントリーだったし。三菱系の会社は三菱車じゃないと社員駐車場貸してくれないとかいう噂もありますな。それが、開発環境は日本で有数の大規模システムの隙間を縫って捻出していたらしく、業務のデータが多いときなどそっちを優先するために開発用はよく止まったり、反応が遅かったりしたらしいです。そう言うとき、
   「仕方ないよ、日立だもん。エレヴェーターのメーカーだぜ?」なんて憎まれ口をきいたものだとか。さすが総合メーカー、銀行本店のエレヴェーターもまた日立製作所製であったのです。さて、日立のエレヴェーター(とそして日立のホストコンピュータ)は止まらずに今も動いているのでありましょうか。

   黒柳徹子のCMの記憶がまだあるおかあさんは、「日立? 冷凍冷蔵庫のメーカーだよな」たらららたらららハイ氷

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おふれこな話 少年野球篇

   微妙な問題に属する話なんですが。ま、今月の暴論’ってことで。今回も匿名で参りますから詮索ナシよ。
   M山スパローズの今度の大会についての保護者の話し合い、「大切なお話しがあるので定時30分前にご集合ください」って、会長さん背筋をただして小声ではじめるには。
   「じつは、Mくんのことでご相談があります。Mくんはじつは去年、いやもっと前から会費を滞納しているんですが」うわ、おかあさんも、豹太がマイコプラズマで休んでる5月はギリギリまで集金袋持たせなかったよ、とちょっと背筋をちぢこめ……。
   「おかあさんには事務局から何度もお話しをしに行ったんですが、なんどもすっぽかされ、この前の納会の時には一万円入金してもらって、これから徐々にもらえるのかなと思っていましたところ、その後も入金がなく……」オイオイ。
   「じつはMくんのうちにはジジョウがあって、学校の方からも、Mくんを野球部の方でフォローしてやってくれと監督の方にお話しがあったというような状態で」コレはもしや、うっかり滞納のレヴェルではないお話し?
   「学校の方でもなんにもしていないわけではなく、教育委員会とか、民生委員とかにも動いててもらって、でも、どのように事態が動いているかというと守秘義務があるから明かせないそうで……」って、要するに、民生委員が動くほどの事態になっているということですか。
   そ ん な 状 態 で 野 球 や っ て る 場 合 か よ。
   日向小次郎のように(古い!)新聞配達やれ! とか言いたくなったけど、今は、子供が配れるようなもんじゃなくなってますからねえ、新聞も。
   「スポーツ少年団の上位団体の方から奨学金みたいの出してもらうわけには?」という建設的なご意見が出ましたが、
   「スポ少は自発的な活動の団体なので。小学生がかならず入らなければならないような場合だと出るかも知れませんが、こういう場合はそういうフォローはないです」と事務長。そりゃそうだ。お稽古ごとの範疇。え? ヴァイオリンのレッスンで、お月謝滞納したらふつう教室やめさせられるでしょう? そんな、奨学金出してまで続けさせたいレヴェルの少年とは聞いてないですし。単に「今までずっと一緒にやってきたのに可哀相」。いいな。今までずっとやってきたから会費払わなくても、おかあさんお茶当番の仕事しなくても試合に出してもらえるんだ? うちも来月は夜逃げか、来年の今月今夜はドコで月を見るのかと思いつつ毎月会費は払ってましたけど(このブログはニフティ会員だと追加料金の要らないフリープラン。ニフティ会費は旦那様が月定額で払ってくれてますが)。可哀相なひとは払わなくていいんだったらうちも来月から払わないから(って、言ってみたかったけど理性で堪えた)。
   子供にはいじめが起きたりしたら可哀相だから言わないでくれって、会長さんは仰るけど。言わない代わりにここで晒すわたしは人間としてどうよ? しかし、Mくんはその野球を心のよりどころにしているから野球は続けさせたいとおかあさんは言ってるそうで。だったら何をどうしても会費だけは入れろよ。そう言う状態で会費が払えなくなったら、それは子供にも事情を話して潔くやめるなり休部するなりしないと。子供の教育にも悪いよ。うちがそんな状態になったら、きっちり滞納分はキレイにした上でやめさせますけど。会費払わないで試合に出してもらう方が恥ずかしい
   可哀相だからってんで追求されず、結局滞納したまま卒業したなんて、子供が後で知ったら傷つくと思いますよ。いや、やったもん勝ちと思いこむようになってもこの先周りの人間が困るし。
   「それで10万になんなんとする滞納があって、会の運営に支障はきたしてないんですか?」とおかあさんが尋ねますと
   「それは……ひとりいないと思えばいいんですから。ま、保険とかスポ少の会への拠出金はかぶってますけど」ってみんな優しいなあ。おかあさんお金に厳しすぎるかしら?
   結局、この会でしてあげられることはないのではということでうやむやに終わり、本来の議題に入りました。
   「可哀相で流さないで、決まりを守らないのは悪いってきちっと線は引かないと」なんて言ってしまったおかあさんがレイコクだと思われなかったかちょっと気にしています。いや、だからって、ちゃんと時間どおりに真っ直ぐな目をして出てくるカワイイ少年に、キミは会費を払ってないから試合に連れてってやらないよって言えるかって、言えないよなぁ……。
   今や、格差社会になりつつあるという話をここで目の当たりにしたような気になりましたことよ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年6月18日 (日)

ヨーロピアンが世界を回す?

   今回のワールドカップは、ぎりぎり妥当な時間に中継があってようございますね。金曜日にクレヨンしんちゃんがワールドカップを徹夜で見ちゃって大変というネタをやってましたが、実際はそんなことないし。
   「別の試合も見ようとするとそうなります」とは、最近とみに就寝時間の不規則になっている旦那様。おかあさんはたんに漫画の話題をネットで拾ってるからです。その間うっかりうとうとしちゃったりとか。嗚呼、この前講演会で早寝早起きが全ての基礎とか教わってきて心を入れ替えたはずだったのに。
   まあいい。
   既に決勝進出を決めたチームもありますね。
   「何故2勝しただけで決まるんですか? もうあと1試合残っているでしょう」
   「そこで負けても2勝1敗だから」旦那様はサッカーには造詣が深いです。
   「もう1つ2勝1敗のチームができたら得失点差になるのでは?」
   「グループからは2つまで決勝リーグに進めるんですよ」それを速く言え。
   それにしても、ドイツにイングランドにフランス、イタリア……
   「いったいヨーロッパからはいくつ国が出ているんですか? 多すぎです」
   「枠があるんです」
   「中学校で習ったような国はみんなでてますけど。スペインも、ポルトガルも、スイスも。メジャーなヨーロッパの国で出てないサッカーの弱い国はないんですか?」
   「……さあ……ギリシャ?」
   「クロアチアとかセルビア・モンテネグロまで出ているというのに。あとドコがあったっけ。ロシアは当然いるし。あ、これ今日のネタにしよう」
   「……よく調べてからにした方が」
   ピザーラのチラシで調べましたよ。
   ドイツ、ポーランド、イングランド、スウェーデン、セルビア・モンテネグロ、オランダ、ポルトガル、イタリア、チェコ、クロアチア、フランス、スイス、スペイン、ウクライナ。以上14カ国、試合順。32分の14てな、43.8%ですよ。
   ……多すぎる。いーゆーって、何カ国でしたっけ? EUのHP出して手で数えたら(全部でいくつという表記はなかった)23でした。23分の14ですと60.9%、過半数どころか3分の2行っちゃいます。ちなみにEUにはスイスとロシア、ウクライナそれから旧ユーゴの2国は入ってませんけど。サッカーって南米のスポーツじゃなくって、ヨーロッパのスポーツだったんですね。で、地理的によおろっぱの国でありながらW杯に出られない恥ずかしい国は(よしなさい!)、アイルランド(前回大会は来てましたよね?)、ベネルクスの残り二つ、デンマーク、フィンランド、ノルウェーの北欧勢(バルト3国も)とブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、スロヴァキアなど旧東欧勢(オーストリアって西だった? 中立か)、スロヴェニアやマケドニアなど旧ユーゴ勢、あと、キプロス、ギリシャの地中海勢でした。トルコはさ、おかあさんはヨーロッパと認めたくないです。ヴラド・ツェペシュとかさ、当時の東欧の君主の立場がなくなるから。 
   地理の勉強になるなぁ。
   それで、北米も中南米も一緒くたにしたアメリカ地区からは8カ国、アフリカが5カ国のアジア大洋州で5カ国で32と。なんども検算しましたよ。あの狭いヨーロッパだけ3倍まで行かない2倍強ってのはやっぱりおかしいと思うんだけど……そこは、ヘンに平等なオリンピックと違って実力(強さのランキングなどにより枠の配分が公平に行われている由)と金の世界であるW杯たる由縁なのでしょうか。
   ……21世紀にもなってやっぱり世の中はヨーロッパが仕切っておるのか。
   おかあさん地理は中学以来なので、トリニダード・トバゴとエクアドル、コスタリカをアメリカ地区と勘定しましたけど間違ってたら突っ込みよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年6月25日 - 2006年7月1日 »