« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »

2006年6月10日 (土)

「アンダーザローズ」冬物語

   第2土曜は野球はお休みです。オールオーヴァージャパンでスポーツ少年団がそうなのか、M山スパローズだけがそうなのか、存じませんけれども。とりあえず、みんな小さくなってしまった半袖Tシャツを二人分買いに行かなくちゃ、と麓へ出かけましたです。お買い物を済ませて、れいの脳外科に行って書類を書いてもらおうと駅前ターミナルに向けて歩いていると豹太が申しますんで。
   「おかあさん、本屋は行かないの」ギョクッ!
   「だって、おかあさん、買い物に出ると必ず本屋に寄るじゃない」
   いや、そんな、必ずじゃないだろ。でも、たしかに今度町へ出たら「嘆きのサイレン」のコミック版2巻がもう出てるそうだからそれを捜そうと思ってたり……。
   おかあさん、子供を連れて喜久屋書店に行っちゃいました。
   「この本屋、立ち読みしていいの!?」こらこら、そこに感動するんじゃない。
   「見本として出ている本だけだ。キレイに読め、読んだら返しておけ」と言い置いて、おかあさんは女性向けコミックその他出版社の棚へ。見つかりません。そのうちどんどん話には聞いたけど読んだことない本の見本が現れてわたくしを誘惑するじゃありませんか。
   「……ハッ!」20ページも立ったまま読み込んでいてしまって、腹をくくって用意されてるベンチまで行って、じっくり腰を据えて読み込みました。子供は放置。
   「アンダーザローズ
   なんで紹介されていたんだっけ。ヴィクトリア調の陰惨なミステリ風物語です。主人公は美貌と才能を誇るコーシャクレイジョウ、グレースが産んだ私生児兄弟の兄、なんて言ったかよ、忘れた(ヒドイ!)。ライナスだっけ、「ピーナツ」のあの彼との共通点が全くないから覚えることを脳が拒否したのかな。1話めでいきなりメイドからあんたなんか大嫌いとか絶叫されてるヤな坊っちゃんです。どうも、私生児ってことで、体面を重んじるじいさん(当主である侯爵)にヒドイ扱いをされてたらしいですな。おかあさんのことを淫婦とか教え込まれて。こいつはキツイ。幼い弟えーとロレンス? は、まだいとけない年頃で、もう泣いたり笑ったり可愛らしいこと。この二人が、父親ロウランド伯爵に引き取られるところから物語は始まるようで。二人を迎えに来てくれた笑顔の優しいメガネにーさんは、じつは執事さんじゃなくパパだったのです。うわ。この穏やかでチャーミングな人が奥さんの他にグレースを同居させつつ2人も庶子を産ませ、さらに領地の外れに囲った医療助手にも2人産ませてるエロ親爺だったなんて! しかも、奥さんにも4人息子が。
   あんたカソリックですかい?(いや、違うから)
   ヴィクトリア朝ってのは、家族愛が盛り上がってきた時代って言いますけどね。
   一目惚れの奥さんを尊敬し、愛し続けながらも、同時に奔放で才気溢れるグレースと恋をすることができるってのは、いったい男のどういう心理の現れなんでございましょうか。この館で墜落死を遂げたというグレースの死に疑いを持つライナス以上に、この家の人々の心に深く興味を抱かずにおれません。
   グレースが魅力的な女性であったことが堰を切って語られても、死の謎は簡単には解けず、4人の嫡男たちはみなみな魅力的に生き生き描かれていきます。謎解きに専心するために弟を突き放すライナス、突き放されて、一番年の近い義兄アイザック(けっこー野生児)になついてしまうロレンス。その上はいかにも上流っぽいすかしたようなグレゴリー、でも根は悪くなさそう。優等生のメガネくん次男ウィリアムは、マザコン通り抜かしてエディプスコンプレックス入ってるっぽい。長男アルバートは女たらしと見えてけっこーいい兄ちゃん、でも必要とあらば手を汚すことも辞さない。やっぱ、跡取りらしい上に立つものとしての気概が感じられます。この息子たちの造形が素晴らしい。
   さらに、その彼らを取り巻くメイドたちね。もう。メイド萌えのひとには堪らない? いやそういう表層的なものでこの作品を見るのはまちがいでしょう。
   偽善を取り払った跡に残ったものは直視しがたい事実、そして、それを覆う深い愛。よろしいじゃありませんか。
   物語が2章に入ると、新任女性家庭教師レイチェルを迎えて主人公はウィリアムに移ります。メガネおねーさんとメガネにーさんの対決です。さて、二人は自分を縛っているものから自分を解き放つことができるのでしょうか。
   ってさー、見本は2巻までで、最新刊3巻の見本は出てなかったのよね~1章よりさらに陰惨という噂の3巻はいったいいかなる内容なのでありましょうか。
   買うか? ちょっと待って~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

行こうよ講演会

   今日はPTAの方で講演会に行ってきましたよ。先月半ばぐらいから、案内は来てたんですが、なにぶん去年の活動記録ノートに記載がなくって。でも、子ども会活動についての有用な講演会だというから行ったろうじゃないかというのに「前例がないから」って本部の指示で回覧もせずに6月を迎え、でも参加者の名簿締め切りは5日で、6月の定例会議より前にあるから一堂にその場回覧して参加者を募ることもできず、「じゃ、早乙女さんだけ行ってくれば」って、他の小学校が「各地区2名ずつ」出してるのにM山小学校だけひとりってのもねえ。と、野球部の知り合いの大地くんママ(今年は銀行の向こうのオータムヒルの地区長さん)を拝み倒して一緒に行ってもらいました。
   オータムヒルは向こう側の山(伊達家の4代以降の殿様の墓や植物園のある山)なので、町に出るにはバス路線も別なんですよね。
   「でも、本数はそっちが多いですからそっちのバスで」と大地くんママは強く主張してくることがないので和むんです。
   「じゃ、銀行の角の八百屋さんで待ち合わせということで」って、しかも、八百屋さんの前じゃなく、信号渡ったこっちのホントに乗るバス停の所で待っててくれるし(オマケに、八百屋でうっかり野菜に見入ってたわたしを見つけて信号渡って迎えに来てくれるし)。
   ところが、バスに乗って、プリペイドカードをさがしてカバンをごそごそやってたら
   「財 布 が な い
    はい、忘れました。あんまりヒドイ雨なので、長靴に履き替えたり、ついでにこの前のたんこぶ事件のレントゲン代が保険から下りるというので診断書? 書いてもらいに行こうと書類捜したりしてたらすっぱりと。
   「バス代なら貸せますけど」
   「……いや、ここにこの前割り勘の端数を友達が返してくれた封筒があったから、ここから……67円って」マンマ・ミーア!
   「こんな時のために非常用の小銭入れが!」それって、この前使って補充してないし。
   「…………バスカードはあったし。講演会無料だし。終わったら真っ直ぐ帰ろうか」無言で微笑む大地くんママ! 嗚呼、あなたに永遠の友情を誓います。
   で、雨の中乗り換えバスの停留所を探せずにそのまま20分も市内を迷い歩き、開演時間ギリギリに仙台市民会館にたどり着きました。
   で、「このセンセイは面白いわよ! 絶対いっといた方がいいわ」とおとといお会いした民生児童委員の大お姉様の太鼓判の講師は目白大学教授の谷田貝公昭、やせ型のおじいさんと見えましたが、なかなかパワフル、演台を往復しながら毒舌をふるいまくり。いわく、
   「最近の成人は大人だと思うから腹が立つ。わたしは法則を見いだしましたね。今の若者の年は7掛けで十分です。20だと14歳、中学生です。中学生と思えば納得できます!」
   「平成元年の教育改革! あれで生活科が導入されました。子供の直接体験、(生活体験と文科省は言ってますが)それを学校でも教えようという方針です。バカなことをと思いましたが反対しませんでした。うちには小学生いなかったし」オイオイ。うちで教えるべきことを学校でやるのはおかしい、けれど、今やうちでやらないから、学校でさえ教えないととんでもないことになってしまうから苦肉の策で導入したのだそうで。愚かしいと思うことにも意味があるのだそうで。あとは、子供は親の背中を見て育つというのは本当で、心理学用語でいうモデリング、親が手本を見せて育てたい人間像を示してやる必要があるとか、子供は繰り返しが好きだから、褒められて、うれしくなってそれを繰り返すことで良い習慣を獲得してゆくとか、非常に有用なお話しを賜りましたのよ。
   ほろ苦い大爆笑のうちに時間が来て、大地くんママも来て良かったと思ってくれたようで何より。それで、出口で推薦してくれたところの民生児童委員のお姉様にもお会いしてちゃんとアリバイも作れたし。大雨の中行った甲斐がありました。
   市民会館を出たあとは仙台市内を大回りしてひとつ奥のグリーンヒル方面に行くバスを捕まえて、座って1時間ほどもだべりながらまた銀行の角の八百屋まで帰りましたです。でも「一緒にランチしよ」といって誘い出した大地くんママを1時に放り出して、おうちにゴハンの用意はあったのかしら。おかあさんも、ランチしてくるつもりでなんにもない冷蔵庫から卵だけ出して、卵チャーハンを作って食べました。しくしく。
   ええと、そういうわけで、イマドキ市のPTA主催の講演会といえども眠い固いものとは限らないので、お誘いがあったら行ってみてください。とくに、講師が「谷田貝」だったら即出席に○だ! 一聴の価値はあります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

修学旅行は会津にGO!

   校長先生が替わると修学旅行も変わるんだ!?
   昨年度より赴任の校長先生、1年は雌伏だったようで、今年度、前の教頭先生が校長に昇格して出られたら突如牙を剥きました。運動会のプログラム変更、煩雑だった時間割の一本化(先生の都合で子どもたちを早く返したいときのための裏時間-休み時間を5分に短縮して間を詰めてゆく-があった)、地域の子供の学年を超えた繋がりを育成するための縦割り活動の廃止などなど。甚だしいのは修学旅行! 5年次に仙台市近郊のチョッとした山に登ってそこの少年自然の家に泊まって自炊したり星を見たりして帰ってくる「山の学校」をやって、その後近くの海に行ってボートに乗ったり地引き網を引いたりしてまた1泊してくる「海の学校」の2本立てだったのが、「6月実施では海が寒く児童の健康を損ないかねない」「船に乗せることは水難の可能性が否定できない」「歴史分野に興味をもたせたい」ということで、会津地方への研修旅行に方針を大転換になってしまったのです。
   ま、ということで、今豹太は会津に行ってます。そろそろ枕投げも終わったかな?
   ゴールデンウィークが終わってしばらくしたら、仙台の方も制服を着た男女がウロウロし始めて、青葉城(仙台城)横に職場のある旦那様は
   「どいつもこいつもバスに乗ったことがないのかというようなどんくささで、またひとりがやったミスを次の人間も同じようにやるからどんどん時間がかかって仕方ない。通勤にいつもの倍かかってしまう!」とご立腹でした。いや、修学旅行生がいる時間帯に大名出勤なさる旦那様もいけなくはないかと。ま、仙台市内を自由行動なら(わたしもやったよ、高校は修学旅行東北一周でした)、今は一日バス乗り放題カードがありますけどね。バスに乗ったことのない生徒さんなら、運賃表を見て、整理券と照らし合わせて過不足なく払うってのも立派な社会勉強なんでしょう。豹太たちは、会津まで乗っていった観光バスを会津若松市内でループさせ、彼ら専用の観光ループバスにする試みだそうで。しおりに時刻表がついてました。さて、うまく乗れたのかしら。
   会津のみなさんは修学旅行慣れしているとかで、子どもたちだけでウロウロさせても大丈夫とのお話しでした。
   「8日は仙台市の小学校かなり修学旅行に行くみたいですからお友達に会えますよ」って、先生、それはどうよ? 大丈夫かな、「ホテルはこっちだサー」なんて、同じなまりの子供に付いていったら仙台市立海の方小学校(仮名)の集団だったりして。
   おみやげは絵ろうそくに赤べこ(予定)とこれはいつの時代も変わらないみたい。さて、お兄ちゃんがいないからベッドの下の段はあたしが使う、と、豹子は虎視眈々と狙ってたベッドに潜り込んで寝息を立ててます。ごはんも、3切れしか入ってなくって、あとひとり分はどうしようと思ってた生協のカツオの香草焼きを巧く使えて混乱なく終わり、お兄ちゃんのいない夜は何ともなく更けていきます。そう言えば、今朝彼の忘れ物(! やっぱりやりやがった。忘れ物は名札)を届けにいったら、心配するおかあさん方が10人ほどもお見送りに来てらして。豹子を定時に送り出したらいつものように2度寝するつもりだったおかあさんは

   

やっぱりわたしは心の冷たい母?
                                  と首をかしげながら帰りましたです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

「功名が辻」22 

   もう「本能寺」の予告が流れてます。噂通り、あぶない信長様は火縄銃で凛々しく応戦です。お寝間着姿じゃなくって、ちゃんと鎧を、それも、流行の最先端、防弾性能に長けた南蛮具足をお召しです。番組開始直後には、あまりにお年をおめしすぎな感じと発声の悪さから降板運動までネットでは起きていたというのに(わたくしもこりゃ~いかんわと思いましたです。ブログの1月の項をごらんください)、今ではその鬼気迫る演技に助命嘆願が巻き起こっておるのです。信長さまの出る大河では恒例とはいいながら、今となってはもっとも惜しまれている信長であると申せましょう。
   って、まだ死なないから。
   番組開始後は、やっぱ一応主人公から。難攻不落の高松城攻めです。秀吉さんに、杖をついた黒田官兵衛さん、あと、たぶん蜂須賀小六(とおそらく秀吉の弟の秀長)。こういうときはヴィジュアル(絵図面)な説明がいいですね。周りは湿地だし、お城の前は一本道。攻めるのは難しいって、見てすぐ解ります。一豊さまが斥候に出てるって言ってましたが、見つかっちゃって、お城から出てきたお侍に襲われそうです。それがね、一豊さまは映らないんです。おっさん4人が「そこじゃ!」「ああ~見ておれん」「すごい! 相手の槍を掴んで切った!」「やった!」って、実況。コラNHK! わたしはちゃんと受信料払っておるぞ! 予算が足りないからとこんなセコイ真似を……面白かったけど。全然一豊さまを映さずに、一豊さま槍で一働きを描いちゃった。一豊さまは、一戦終えた姿で館の中で秀吉さんに褒められてます。やっぱり地味な戦闘では強いんだな。原作だと、大将首をとるようなハデな働きはしないけど、戦では毎回、農夫が野菜を収穫するように確実に敵を倒してくるって言ってましたね。
   その一豊さまに、秀吉くんはお使いを命じます。高松城は水攻めに決まり、どんどんお水が溜まるまで攻め手の秀吉くんたちは暇なんです。でも、「暇してる」と他の武将や信長様にばれると妬まれたりイロイロ厄介なんで、その辺は工作。「おやかた様の所に行って、おやかた様がいらっしゃらないとダメですぅって言ってこい」って。ま、ごますり。アンド、遊んでるんじゃないのよって示威工作。ほら、見て解りやすい作戦じゃないから。革新的なことをするときには味方に解ってもらうことも大変&大切。それがわかってない一豊に、噛んで含めるように秀吉さんは教えてくれます。いえ、一豊さまの向こうのわたしたちお馬鹿な視聴者を向いているんでしょう。
   で、一豊さまお使いの必然性は、ドラマ的には、風雲急を告げる信長様&光秀君の関係に立ち会わせるため。最近だーりんが不眠症ぽくって、と、光秀君の奥方もアリバイ出演。さすが大石氏、日本史上屈指の謎に向かって、キレイに堀を埋めてきます。あぶない信長様、どんどんコワイです。今日も赤いお着物~♪。「へうげもの」の登場人物紹介でも、好きな色はレッド&ブラックって書いてあったな~関係ないけど。ノリはよく解る。ちなみに秀吉の好きな色はゴールド。へうげものの主役である古田織部佐介くんはグリーン&パーシモンだそうで。色の設定もさることながら、わざとヨコモジなところがあの作品ぽい。
   どんどん怖さを増すあぶながさま、今回は「天皇家もいらない」発言で古い権威を信奉する光秀君の理解を超えます。もう、彼にはついて行けません。いや、「ついて行けない」を通り越して、「この人を生かしといたらヤバイ」まで踏み込みましたね。そんで、有名な家康君接待ディナーの仕切り失敗エピソード。立派なお膳の上の鯛のお造り、「待てぃ!」って取り上げて、鼻先へ持っていって、匂いをかいで。「腐っておる」って、そんな!? ま、季節的にヤバイですな、旧暦四~五月じゃ。扇子でおでこを叩き「お前の領地は召し上げじゃ! 秀吉の助っ人に行ってこい!」これで決まったかな? その場であぶながさまに逆らうこともできず、「でもこのナマスは美味しいよ。さすがです」とゆっくりフォローに回る西田敏行@家康。ま、これくらいが当時の家康にできる精一杯か。いや、でも、わたし、この鯛って尾頭付きだと思ってました。昔読んだ子供向けの偕成社の伝記だと、家康君、好物の筈の鯛を食べ残してる、なんで? と森蘭丸がそれを立ったまま鼻に持っていって、「腐っているようです」って挿絵が記憶にあるんで。いくらなんでも焼き魚はそうそう腐らないか。冷蔵技術の発達した現代の感覚に合わせましたか。これもどうせ史実じゃないらしいし。
   で、六平太がまた余計なことをして。「信長を討ってくれ」って。毛利はあんたにつくって、ホントかよ。一介のニンジャの分際で、そこまで大大名に影響力ありますか? ドラマの六平太は妙にスーパーマンでさ。ちょっとイヤになっちゃう。
   とりあえず本能寺謀反への道は確実に。千代さんは、一豊さまはどうなってゆくのでありましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

十人十色

   いよいよ今週末にはサッカーワールドカップが始まります!
   って、某巨大掲示板を見てたら、こんなニュースを紹介されてて。
   「クロアチア、ケーキで食中毒、主力選手ら次々離脱」http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/2006worldcup/news/20060604-OHT1T00063.htm
   あらら。クロアチアって、たしか日本と予選で同組なんじゃなかったですか? 今年はブラジルに当たる上に、残り2つもけっこー強くって、下手すると3敗で予選敗退ってわたしは悲観的な予想してますよ。あら、いいのかな、気の毒だけどラッキー?
   ……って、話の流れを読むと、「あ、アジジだよ」「アジジ来た!」って。なんと、なんとか言う大会の時にアジジとかいう選手が(イランの人だったらしい。調べたところ、おそらく97年フランス大会の予選)包帯&車椅子でマレーシア入りしておいて、試合では延長までピンピンしていたという故事があったというのです! それは、すなわち敵国を油断させるため……。実際、食中毒で一晩中吐きに吐いたという選手がケロッと次の日には親善試合に出てたらしいですから(次の日元気な姿見せてたら相手を油断させる目的は果たせてないのでは?)。前回大会では敵国の宿舎のまで夜通し騒ぐとか、本番前の親善試合で敵のエースを潰しちゃうとか、甚だしいのは審判をどうとか試合中に……いろいろあったらしゅうございますが、サッカーってここまでやるんかい!? なんか目から鱗。かえって清々しくもありますな。
   しかし、皆さん詳しいですね。おかあさんも、思えばネットの掲示板にはまったのは前回大会のとき。絶対おかしい、見えてることと報道されてることが違う、マスコミが隠すんなら俺は自分で真実にたどり着いてみせる! なんつって、おっかなびっくり入ってみた掲示板の世界にどっぷり浸かってしまったのでした。それが、行く先、行く先、ミリタリー方面も鉄道オタク方面も、ミステリも漫画も大河ドラマも冠婚葬祭も、入れ込んでる人はどこのジャンルにもいて、みなみなすごい情報を持っているのでした。いやはや、十人十色。うん。勉強になるなあ。
   それで、ホントに食中毒やっちゃってた場合のために。
   クロアチアチームの皆さん、お大事にね。試合ではお互いベストを尽くしましょう。日本のサムライの皆さんも、には気をつけて。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

ベネッセの行方

   進研ゼミで有名なベネッセコーポレーション、少子化のアオリを食らって大変なんだそうで。こどもチャレンジをやってる会員を相手にやれ、親子で作るお菓子の教材はどうだ、英会話はどうだと攻勢をかけてます。うちはとうとうお菓子のコースを取ることになり、先月はあとは巻くだけのロールケーキに鯉のぼり風のトッピングをする鯉のぼりケーキと、レンジでチンして麺棒でつっつくだけのお餅でイチゴ大福を作りました(おかあさんはほとんど昼寝してて、豹子と豹太が喜んでやってました。わたし洗う人。だからお菓子作りはイヤなんだよう!)。新聞広告が派手な「いぬのきもち」と「ねこのきもち」は、果たして売れてるんでしょうか。ちょっとためしに買ってみたくても、登録して通販しなきゃならないかと思うとおっくう。
   そんなベネッセから、メールが来ましたよ。お子様の夏期講習。どんなすごいテキストが送られてくるのかと思えば、「夏休みにホームステイしよう」って、カナダやオーストラリアでホームステイして英語を学んでこようというすごい企画。ちょっと読んでみても、とても至れり尽くせりな内容なんですが、肝心の費用についてが全然出てこない。ちょっと、幾らなのよ、とめくって、めくって、最後の方に、50万前後の金額が書いてありましたことよ。
   進研ゼミに50万!?
   わたくし、ベネッセの払い込みは旦那様に任せていたので、今6年生だと年間お幾らかは具体的に把握してませんのですけど(この春は10万近いと泣かれたかも。すぐ脳裏から消去したけど)、子供の夏期講習に、いくら外国へのホームステイとはいえ50万も!?
   いえ、そんな、お子様の教育にはお金に糸目をつけない方もおられるとは知っておりますけど、進研ゼミってそういう方が使うサーヴィスじゃないと思ってました(じゃあどんなだよ?)。
   なんかスゴイショックで。
   うちはとりあえず今年の夏はM山スパローズの合宿とおじいちゃんちかな。
   「英会話? NHKの教育見ろよ。そんなもんより日本語の力をつけろ。いっつも『あの、アレが』じゃドコいっても通用しねえよ。なまじ英語塾なんか行くと『あ、知ってる~』なんつって学校の勉強が疎かになる。おかあさんは学校の勉強だけで国立行ったし英検は2級だ」おかあさんは胸を張りますが。
   「それって負け惜しみなんじゃ」鉄 拳 制 裁
   親に向かってそんな口がきける図々しさがあればドコの国に行っても大丈夫よね。
   しかし、いろいろ苦肉の策を出してくるベネッセはどうなってゆくのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »