« 2006年1月1日 - 2006年1月7日 | トップページ | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »

2006年1月14日 (土)

「喰いタン」ドラマ化……

   とうとうドラマになってしまいました「喰いタン」。イブニング連載中、「ミスター味っ子」の寺沢大介が作者ですが、最初はなんじゃこりゃと思ってたのがだんだんあの脳天気ノリに慣れて、実は最近イブニング誌で一番楽しみにしてたりして(「サトラレ」終わってたし)。
   時代小説家でありながら常識はずれの食いしん坊である高野聖也がその食い意地でゆくところゆくところ事件に出会い、食にまつわる知識と鋭敏な感覚で謎を解いてしまうという筋立て。食べ物のことしか考えてない傍若無人っぷりに踊らされる周囲の人々がもう失笑、爆笑のバカミス漫画です。毎回ひどい目に遭うのは秘書の出水京子ちゃんと後輩で警部補の緒形君(この人が手に余る事件を持ち込んでくる)。商店街のお店のコロッケとかのB級グルメやら、出前のお寿司とカウンターのお寿司との握りの違いやら、食に関わるトリックは結構興味深いですよ。結構力業で、まさしくバカミスの範疇ってのもありますけど(って、バカミスの定義って何よ?)。
   ドラマ化に際して、かなり改変が加えられ、期待度Min(Maxの逆ってことで)。役者さんが東山紀之なのはともかく、職業がホントに探偵ってどうよ? 高野が時代小説家であるのはちゃんと伏線になってて、自分の小説で犯罪に巻き込まれたおそば屋さんを助けてあげるエピソードもありますよ。それが使えなくなってしまうのは結構寂しいものがありますね。とりあえず第一回見たけど、緒形がナマイキなキャリア女性警官になっててすっごくがっかり。あの、口の利き方も乱暴で、必要以上に威張ってる、もうこれでもかっていう嫌な女で……そんなとこばっか漫画的でどうよ? 1時間の枠を持て余して(?)、探偵ものらしい細かいシーンが入ってるのが(原作との違いに敏感な身としては)見てられない。高野が人情家だという描写なんてイラン。もういいです。来週からはまた「世界ふしぎ発見」見ます。
   ドラマ化のせいか、最近原作漫画も殺人事件じゃなくなってて、物足りない感じもありましたから、いいや、とっとと終わらして、また爽快なバカミスに戻ってください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

デミグラスソースが決め手なのっ♪

   新学期&給食が始まって、手抜きリッチなお昼ごはん解禁です。今日は、カーニャが朝ゴハン食べ残していったから冷やご飯が残ってます。おお、これは、生協の「デミグラスソースのおいしいハヤシライス」の出番だな。ボイル用のお湯を沸かして、冷凍庫から取り出してお鍋に放り込んで、さて、何分待つんだったかなとパッケージを見ると
   「沸騰した湯に12分」ウソでしょう? とよくよく見るとそれは
   「うまくてゴメン! 国産牛のビーフシチュー」だったのでした。熱湯の中に落ちたそれはすでに端っこが溶けかけていて。
   「一度溶けた商品の再解凍はおさけください」
   ……ビーフシチューかけご飯、おいしいかなあ?
   待つこと12分、かけました。マッシュルームとニンジンと国産和牛がゴロゴロ出てきて。味はもう格別なんだけど。……せめてご飯は温めておけばよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

「問い」の日本語歌詞ご覧ください

   「三千世界の鴉を殺し」繋がりで、「あたしというものがありながら宿命の恋に落ちたとほざいてるバカ男逝ってよし!」な歌の歌詞行きます。
   この前の、「めざせモスクワ」の歌詞は、あとでCD買って見てみたら恥ずかしい誤訳があっちにもこっちにもあったんで、おかあさんもう年甲斐もないことはやめようと思ったんですが、今日CD引っ張り出してみたら、これ、輸入盤だったんで歌詞カードは日本語訳無かったんです(号泣)。ま、英語版の歌詞から重訳と、学生時代に後輩が訳してくれた歌詞を思い出して、と。

       問い

 女:愛しいひと、どうかしたの?
 男:恋に堕ちてしまったんだ。そのせいさ
 女:どんな感じなのよ?
 男:地獄の業火に焼かれるようだよ
 女:寝ている間は楽にはならないの?
 男:苦しみも、嘆きもそんなものに弱められたりはしないんだ
 女:我慢することはできないの?
 男:こんな炎に焼かれながらそれをしろって?
 女:時間が解決してくれればいいけど
 男:ああ、それができるのはただ死だけだね

 女:彼女と逢うためにだったらなにをさし出す?
 男:自分自身、きみも。世界に、至高の天さえ
 女:理性なくしちゃってるわね
 男:だって、ぼくは今恋に堕ちてるんだから
 女:落ち着いてよ
 男:それは石みたいに冷たくなれってことだよ
 女:あなた地獄に堕ちるわよ
 男:ああ、もはやそれが今すぐ起こって欲しい!!

   ううむ。おちついて読み返してみたけど、やっぱりこんな歌詞ですよ。
   最後、Du  wirst zugrunde gehen! 地獄に堕ちるわよ の囁くようなリフレインと
            Ach! moecht'es bald geschehen! もはやそれが今すぐ起きて欲しい という脳天気なテノールの叫びが重なって消えてゆく辺りがサイコー! なちょっとコワイ曲です。ブラームス、やっぱ大好き。
   歌詞は、G.F.ダウマーがトルコの詩から翻訳、となってます。この人はそういう東欧~中東の昔の詩をドイツ語訳するのがウマイ当時人気の詩人だったようです。そういう詩はブラームスの歌曲に多く使われてますね。19世紀ドイツ音楽界のゴールデンコンビだったのかも知れません。いっぺんお試しください。
   わたしが持っているのはグラモフォンの「LIEBESLIEDER-WALZER OP.52&OP.65」 曲は最後の Drei Quartette op.64 3つの4重唱曲から第3曲  ”Fragen”です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

「熊」「亀」「クラッチーナ」そして「牛」

   そもそもの始まりは、実家の父があやしげな毛布を通販で買って。どこにでもあるアクリルの毛布にファスナーとスナップが付いていて、あら不思議、寒いときにはかいまきになったり、寝袋風にもできたり。茶色の色あいといい、アクリルの質感と言い、「」と一言で命名され、結構受験勉強に重宝しました。どの位気に入ったかというと、上京して、大学の寮(と東京の菜種梅雨)のあまりの寒さに4月中に「熊送って」と実家に泣きついたぐらい。4年間の大学生活の友として愛用させてもらいました。しっかりお嫁入りにも持参して。
   子供が産まれ、蛙の子はオタマ、あまりの寝相の悪さに千趣会カタログに縋ると、やっぱりお子さまの寝冷え防止用としてアクリルかいまきが載っているではありませんか。着丈80ぐらいの。前フェスナーで脱ぎ着は簡単。機関車トーマスはニャンゴに、キティちゃんはカーニャに。早速買って、重宝重宝。これは今の体型のおかあさんでもかろうじて前が止まるぐらいの緩みがあるので、昼間、ちょっと背中が寒いときにはおかあさんも借りてます。昨日はうっかりその格好で宅急便とりにでそうになっちゃった。気を付けましょう。これは、「」。亀の甲羅をイメージして。
   実は、楽天イーグルスのキャラクター、クラッチーナちゃんの着ぐるみもあって、大人用、結構迷ったんだけど、お値段がと~っても高かったので諦めました。
   さて、成長著しいカーニャ、冬を迎えて、あのパジャマもこのパジャマもつんつるてん。新年を控えて買いに行ったのですが、なんだかもう売り切れ?
   「おかあさん! うしさんのきぐるみがある!」
   「バカな。そんなもの子供に着せたらおじいちゃんに叱られる」手にとって見ればこれもまた、薄手のフリース地でお洗濯も簡単そう、フードも付いてて首筋が温かそうではないですか。だいたい、おなかがでないし。お値段も、呆れるほどじゃないし。
   「解った。夏の薄手の寝間着にコレを重ねればよいのだ」
   勢いで買っちゃった。旦那様は面白がるし。結構ちゃんとしてます。ホルスタイン柄はちゃんとついてるし、尻尾もあるし、お腹はピンクのアップリケ。
   「そんなベビー服を着てませんでしたか?」
   「90サイズで。ニャンゴの時に買って、カーニャもよく着て、それで撮った写真がまだあたしの実家の方に飾ってあります」そのものズバリ、「牛」と命名。
   「おっぱいがないな。よし、つけてやろう。お兄ちゃんは牧場で乳搾り体験をしたそうだからしぼってもらおうか」
   「「いや~ん!!」」
   両おばあちゃんも呆れながら面白がってくれました(帰省に持っていった!! 向こうの方が戸建てで冷えるから)。
   さて、無事帰ってきて、エアコンが壊れて、代用しているセラミックヒーター君は働き者、かえってこっちの方が暖かいぐらい。
   「うしはあつい!」と二段ベッドで上段を取っているカーニャが脱ぎ捨てて、どさりと落ちてきました。おかあさんはちょっと寒いのよね、足下が。ちょっと借りてみるか……。
   「じゃ~ん! 旦那様! あたしまだ着れます!!」手足にょっきり出ちゃいましたけど、お腹は留まりました!! 今日なんか、「おかあさんには無理だよ」と暴言を吐いたカーニャの前でもう一度着て見せたりして。悪のり。記念写真まで撮っちゃって。
   ハッ! わたしって、着ぐるみ好きな人だったんだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

真っ赤な真っ赤な女の子♪

   往年のキョンキョンのヒット曲ですな。娘が青いフレームの眼鏡を買った話から連想して。
   赤と言ったら女の子色という固定概念は前世紀末に消滅したんでしょうか。最近は、ランドセルも赤を選ばない女の子が珍しくないそうで。うちの娘も、着る服はブルー、好きな色は黄緑。大丈夫なのかとちょっと心配してました。自分が赤系統の色を好きなせいもありますが。
   その昔、当時B5判だったあの小さい教科書に、ヴィニルのブックカヴァーをかけるのが小学校で流行しまして。友達と一緒に近くのショッピングセンター内の文房具屋に買いに行ったんですが、田舎の寂しさ、デザインは2種類しかなかったんですね。真ん中に、赤系のデザイン化された花をあしらったものと、青系の、教会のような洋風の建物をあしらったもの。当時は女の子女の子したものに対する照れがあって、しかも、花の方がデザイン的に面積が大きかったので、教科書に使うには派手ではないかと配慮し、青系の方を選んだんですね。一緒に行った彼女は当然お花の方。支払いを済ませた後、彼女が言うには「ママが言ってたんだけど、寒色系の色が好きな人って、心も冷たいんだって」。
   へえ~へえ~へえ~!!!
   今でこそ思いっきり嫌みとか皮肉とか自虐ギャグとかで返せますが。
   まいちゃんとっても傷ついちゃった(笑)。
   女の子がブルー系好きじゃいけないんだと強く心に刻まれましたのよ。別に、ホントに好きな訳じゃないからよかったんだけどさ。当時好きだったのはオレンジかな。赤ほど激しくないって意味で。
   上京して、東京住まいの親戚を訪ねたときに、芦屋系ぼっちゃんのいとこのおさがりで、ものはいいボタンダウン、色は水色、いいモノだったのでわりと気に入って外出着にしていたんですが、その格好は、とダメ出しされ、えんじ色のカーディガンをその場で着せられちゃいまして。ま、おばちゃまだったし。女の子いない方だったし。
   「ほら、やっぱり女の子は赤が映えるわ」なんて言われて。それでそのカーディガンは頂いて現在に至る。わたしって、お下がり多いですか、もしかして。着るものに頓着しないから。それ以降も、赤はキモチが引き締まるから自分でも好きで、色は深くてもシンプルなものを選んで着てたんですが、本人の性格がこうですから。派手な人と思われてたらしいですね。必ずしも高いものではなかったんですが。男物の、通販で買ったようなビロードタッチのセーターを、真っ黒のスカートにただ合わせてただけで派手と言われた時には非常に困惑しましたね。おかげで、学生時代以降好きな色は茶、と、ずいぶん後退してしまいました。
   それでも、自分の容貌と性格を知る身としては
   「ピンクだけはダメ!!
   だったんですよ。少しずつ呪縛も溶けて、今では下着などずいぶんピンクが増えましたが。マゼンタのキャリーバッグ持って歩けるぐらい。それが、旦那様ったら赤はいいけどピンクはダメというデリカシーをご理解なさらない。最初のプレゼントの手袋もチェリーピンクだった! ニャンゴが生まれて、これはだっこバンドというものをしないと身動き取れない、となって、カタログを見て、麓のダイエーに買いに行って頂いたとき
   「ニンナナンナのこれ! 色は優先順位で紺! ベージュ! ピンクの順!」とくれぐれもお願いしたのにピンクを買ってきて。それも、ピンク地に白でくまちゃんが線がきしてあるという柄もの! 男の子なのに!! わたしにコレを背負えと?(思い出し号泣)ママコートも一時はピンクだったしさ~。
   最近はずいぶんましですが、あの、妊婦~乳幼児とそのママにはパステル系というのは誰が決めたんでしょう??? あれもずいぶんストレスだったなぁ。
   やっぱり、旦那様も「女の子はピンク!」の呪縛から自由になってないのでしょうか。そんでもって、男言葉でやがて手が出て足が出るオタマジャクシママにもピンクが似合うとマジでお思いなのでしょうか。やめてくれ。
   あら、そうなると、カーニャの色の好みぐらいでガタガタ言っちゃいけないんでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

暴論初め 旧暦は季節感あふれるか?

   ええと、込み入った話になりますがよろしくって? 今年の暴論はじめでございます。
   最近、旧暦(太陰太陽暦)は月の満ち欠けを元にしているから昔ながらの年中行事に合致していて季節感もあってよろしいとぶーむになっているとか。
   笑止! 
   この文自体が大きな誤りを含んでますね。月の満ち欠けを元にしている、までは正しいです。しかしですね、よく考えてもみましょう。月は29.5日で地球の周りを公転しておるので、新月から次の新月、もしくは、満月から次の満月までは29日もしくは30日。これが、大の月、小の月のもとですな。月はほぼ毎日現れるし、満ち欠けをするので日数が数えやすい。これを、日にちを数える目安にするのは非常に合理的ですね。
   しかしながら、地球が太陽を回る方の公転周期は365日なので、とりあえず全部30で割っても5日余っちゃうんです(実際は29日のもあるからもっと余る。11日)。今年の今月今夜に見えた星を同じ形で来年の今月今夜に見るためには、余った日をバランスよく配分する必要があるわけ。それをやらないで、29,30取り混ぜてやっていくと、3年で約1ヶ月ずれます。まぁ大変。これが旧暦名物の閏月。複雑な軌道計算をして、その年に応じて二十四節気の隙間へはめるとか、法則があったと思うけど、忘れちゃった。というわけで、旧暦はカレンダー業界が大変だったんですよ。毎年、どこが大の月・小の月か、閏月があるのかないのか、お役所より発表がないとわかんないんで。だから、カレンダーの必要性も大でしたね。29日〆か30日〆か。あきんどは集金・決済に命張ってます。
   っていうことはね、旧暦は年によってかなり日にちが指してる季節にブレがあるってことです。最大25日? 桜なんかその年の気候にもよりますけど、一週間ずれたら跡形もないですよ。旧暦が季節を正しく表してるってのは妄想です。
   なんでそんな妄想がまかり通っているかというと、江戸時代の年中行事を現代の太陽暦のその月でそのまま行おうとしてもなんとなくずれているからです。七夕は梅雨だし。それは、明治6年時点で江戸の天保暦だったか(月を元に季節に合うよう補正する太陰太陽暦としては世界最高水準だったらしいけど)よ、そのカレンダー計算システムが西洋で通用してるグレゴリオ暦(太陽暦) と1ヶ月ちょっとずれちゃってたからです。不便だったのと、その年の12月にまた閏月があって、もう一回12月分の月給払うのが負担だったのとで、一気にグレゴリオ暦に移行してしまったんですね。閏12月ひと桁日から翌1月1日に、ぽ~んと。豪快です。そりゃ、1ヶ月もずれてりゃ、正月は春っぽいし、4月は初夏だろうよ。だから単純に1ヶ月ずらして目安として考えるのはアリにしても、わざわざ今太陰太陽暦を計算して有り難がる必要はないと思うの。
   グレゴリオ暦は太陽に対する地球の位置をもとに、春分の日が毎年平年で3月21日になるよう作ってある暦なんで、季節はほぼ毎年一致します。これは物理的に正しいです。10月10日が晴れの特異日なのも、お正月明けて新学期前にかならず寒波が来るのも。来年の今月今夜、再来年の今月今夜、ただしく同じ位置で太陽のエネルギーを受けるんだから、同じだけ暖まって当然ですから。二十四節気っていうと、古典ぽくって迷信かと思いがちですが、あれは天文学的に正しく太陽の軌道を区切って、等間隔に置いた通過点における自然現象の目安で、科学的ざんすのよ。
   ってわけで、冬休みが終わりかけるとどか雪が降るのは科学的に正しいことなのよ~と、大雪のニュースを見ながら思ったおかあさんでした。難しかった?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

「功名が辻」掴みはオッケー!

   見ましたともさ。うちは払った受信料分NHKを見倒しておりますよ。
   「ドラマストーリー」とかの前情報でも、一豊さんとお千代さんが幼い頃出会ってたとか、六平太がお千代さんの幼なじみだったとかやってて、密かに不満を募らしてました。なんでお見合いで結婚してらぶらぶになっちゃいかんの!? 紹介されて結婚することになって、この人に自分の人生預けるって気になるのはおかしいの? よっぽど相手が人格破綻してなくって、こっちに合わせる気があればある程度はうまくやっていけないことないと思うけど。燃え上がる恋をしなくちゃそのあと結婚生活送れないと思ってるから今結婚しないヤツが増えてるんだよ!!!
   失礼しました。幸せな恋をしたことのない人間の暴言でした。ブログ閲覧者さまにおかれては寛大なお心でお見逃しください。
   ま、そーゆーことで、初回から恋の種火が燃え始めております。六平太おいしいこと。これじゃ大河三角関係ドラマですわ。いいなぁ、いい男から守られ、親切にされる美少女。色黒いけど。
   前田吟さんと武田鉄矢さんはもう息ぴったりの助さんと格さん状態。「ここにおわすは」って台詞が出たときには笑っちゃった。蜂須賀小六がモルゲンシュテルン(トゲ付き鉄球に柄のついたぶん殴り用武器)持ってるのには呆れた。
   舘ひろしの信長は オ ッ サ ン !(なんとかしろ!)
   雨を待ってる桶狭間の当日、雨が降り出したのには「雨キター!!」と叫んでしまいました。いろいろ情報戦、小技を効かして桶狭間に誘導して奇襲に賭けた説のようで。その辺の解釈は今っぽくて納得。
   親の敵(そうだったっけ?)の信長を討たんと桶狭間に紛れ込んでいた一豊さん、信長の迫力に打たれて思わず味方に加わってしまい、以後配下に、という筋書きにした模様。原作では清洲に引っ越したところからだったからその辺書いてなくて、脚本の大石さんのフィクションであろうと。ま、わざわざここまで時間軸をさかのぼって初回に据えたのは、主要登場人物全部出す必要性であろう。ま、ナイスと言っておきます。
   それが、首実検の場で、「こんなヤツいたっけ?」って雰囲気になったときに出た台詞が
   「武神摩利支天のごとき威力に惚れました」云々言っちゃって。オイオイ。ま、確かに、逆光とおとろしい迫力(に圧倒される一豊さん)は画面でも伝わりましたが。
   ここぞと言うときに口のうまいやつという線で行くんでしょうか。ま、それも才能だ。突っ込みを入れつつ楽しむというスタンスで、また一年楽しめそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

なやましい年賀状……

   もう松が取れて、新学期準備にとりかかるころ。絶対成人式は15日固定がいいな。せめて、1月第3週じゃないと。子供が混乱します。冬休みが仙台は新学期が10日からだからべつにいけどさ。
   さて、少しばかり年賀状が参ってまして。高校時代の合唱部のお友達、きりんさん。旦那様が、同じく合唱部で、受験の頃にはその独創的な絵馬がNHK金沢放送局の目に留まりニュース映像にも使われた個性的なアンチャンです。
   「うちは女の子3人で三人官女、おかあさんはお雛様。美人揃いでシヤワセなんや~」と言っちゃう金沢人には珍しいラテン気質なんですが。年賀状にも可愛らしい色白の3人娘が写ってます……。
   (コレはスゴイ。お姉ちゃんなんかママソックリじゃないですか)
   いや、いくらなんでもこれは似すぎ。それに、結婚がわたしとどっこいどっこいだったのにこんなに大きいお嬢さんがいるわけが。
   (本人? そーだよな、3人目って生まれたばっかだったよね……恥)
   この前卒業20周年の同窓会が大々的に行われて、会った筈なんだけど。変わってなかったよね、確かに(はい、そこ! さりげに18+20の計算をしないように!)。いやしかし、きりんさん若すぎ。何故なんだ。これは速攻、メイルで聞こう! いや、旦那様の稼ぎのおかげで潤沢な資金をもってエステに通ってるという答えを期待しているんではなくって。ソックリとは言われますが長女が右で左はわたし、末っ子は撮影者(パパ)がおんぶしてますというような……。 
   でも本当に左はお姉ちゃんだったらどうしよう??? 真ん中の一番小さいお嬢ちゃんも2才ぐらいと言われたらそう見えなくもないし。
   旦那様に相談してみましたが
   「本人知らないんだから」と逃げられた上
   「女の子は何人いるんですか」
   「じゃあ3人ともお嬢ちゃんなんでしょう」
   「左の人はご本人様ですかと丁寧に聞いてみなさい」と言われてしまいました。

   で、悩みながら相手を怒らせない文面を考えつつキーボードを叩いてると、名案が大天使ガブリエルのようにわたしの元を訪れたのです!
   「去年の年賀状見ればいいんじゃん!」去年の年賀状も3人娘の写真だったって!

              

解決! 

   左端はやっぱりお姉ちゃん! 去年よりママに似てきたのね。末っ子ちゃんをもっと最近生まれたと誤解してました。
   念のためメイル送りましたが、
   「この間あったばっかなのにどうもありがとう(笑)」という好意的なお返事でした。これからはもっと人様のお子さんの顔写真も真剣に見るようにしよう。うん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月1日 - 2006年1月7日 | トップページ | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »