« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »

2006年3月17日 (金)

「へうげもの」 史上最興奮の本能寺

   皆様、今週号の週刊「モーニング」誌はセンセーショナルです。あのOL進化論が、わたくしの覚えている限りはじめて原稿を落としてますって、そーゆーネタじゃなく。
   利休7哲の1人とかいう(今イチ価値を理解してない)数寄者、古田織部の若い頃をその出世欲と数寄ごころの間をよろめく様を中心に描いてます「へうげもの」、戦国時代モノとして当然の一大イヴェント「本能寺の変」に入ってるのです。この作品では、おのが「茶の湯」を天下に広めたい利休が天下人とならんとする秀吉をそそのかし、光秀をはめて謀反に持っていかせるという筋書きです。光秀が「信長を討つ!」って言って、幕は切って落とされるのかと思いきや、「結局あのひとも苦労人とはいえもとはボンボンだし」、裏切りの実行犯とするには信頼が置けない、とばかりに潜入した秀吉が信長を一刀両断! たとえば今の大河でも「秀吉は諜略ばっかで武勇はからきし」なんて言わせて、秀吉が武勇に優れているとはついぞ描かれたことはないみたいですが、抜き打ちで上様をまっぷたつにしてます。ただ誰も信頼できないから直接手を下す、という描き方だけでも重いのに、こんなにマッチョ(細いけど)な秀吉の描き方。大胆ステキです。
   ここまでで前回。4動2休体制で1ページ入魂の執筆をしております関係で、読者は2週間待たされたんですが、そこへ持ってきて今週。
   最初のページで、伸びた信長様(敬称略できない!)の手がずれかけたおのが下半身を支えるのです! そんでもって、笑う! そんで
   「お い、 そ の 刀 ぁ、 安 い ぞ!」と一喝!!! 嗚呼、上様、わたくしがわるぅございましたぁ! わたしならそこで土下座してます(いや、鋭利な刃物で一瞬にして切断してるから押さえただけで組織がくっついて曲がりなりにもあなたしゃべれてるんでしょう)。
   何事もなかったかのように釜に向かい、茶を一服点てて、いや、違います。茶碗にはおのが腹からしたたり落ちる血を入れてます。そして茶筅で混ぜて……ってことは血入りの茶? この状態でまだ油断なく刀を構えてる秀吉はもうさすが。
   息子たちに日本国を与えると言ってしまって(直接の引き金はそういう家臣に報いないことと認識した模様)可愛がりすぎたのがいけないのだろう? ギヴ アンド テイクの関係を家来一同とするつもりだったのだと実に穏やかに述懐、点てた「茶」を、身体をひねって秀吉に出すんですな。
   嗚呼、ジーザス!(もう、こう言うしかない!)そこで、手が離れるんですよ。
   震える手で茶碗を受け取る秀吉の目の前で、信長様の上半身があおのけに畳に倒れます。下半身はあぐらを組んだままで。秀吉はただその「茶」を飲み干すと。
   あ り え ね え!
   どこのバカミスで、胴を切り離された被害者が、それを手で押さえただけで2,3歩も歩いて釜に向かい、あまつさえ茶を一服点てながら論理的に自分の思っていたことを語って犯人と名残を惜しんだ末に果てますか!
   あり得ないけど(2ちゃんねる「へうげ」板ではあれは秀吉の見た幻説もあり)、強烈にドラマチックでした。
   光秀出る幕なし。

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「フロント」水の文化情報誌

   ちょっとしたきっかけで入手しました。ギョーカイ誌だそうで、厚さは5ミリほどなのに1300円もしました(市販だと税抜き1429円!)。どうりで広告ページがなんもない。あっても日立、東芝、NEC。広告のスタイルまで固~い。
   えとね、特集が「災害と水 ライフラインの意外な落とし穴」で、結構興味深かったです。
   阪神大震災だと、必要だった水は1に消火用水、2に医療用水、3が飲料水、4が生活用水。飲み水ばっかり、一日2リットル準備して、とか言われてますけど、その他がもっと沢山いるということがとりあえず解ってびっくり。
   消火用水は、記憶に新しい長田地区の大火、冬なので水を張ったプールがあまり無かったとか、川も流量の少ない時期だったとか、貯水タンクが割れちゃってお水がなくなった後だったとか、パイプが割れちゃっててお水を取り出せなかったとか、もう、胸が痛くなるような原因分析がされております。せっかく消防車が駆けつけても、お水を取れない、タンクに背負ってきた(抱いてきた?)お水を使い切ったら座視するだけ。ああ、その時の消防隊員さんの気持ちを考えるとおかあさんドライアイも治っちゃう。またその消防車が、ガス欠で動かない。観光バスやトラックから(会社にお断りして)抜いて給油したとかいう話も載ってまして、もう、涙そそられまくり。結局消防艇が出て、海水を吸い上げて1.2キロもホースを繋いでお水をかけたとか。……海水なんかかけてその後大丈夫だったのかしら?
   医療用のお水って、あの、人工透析。1人に付き200リットル必要とか。そういえば、市外に搬送されたって話、当時よく聞きましたっけ。あと、医療機器の洗浄、意外なところで自家発電装置やらレントゲンの現像装置の冷却水がなくなって往生したとか。病院にはお水が沢山いるとその時になって認識したってのはちょっと大丈夫? って思ってしまいます。
   飲料水は意外とすぐさま対応されていたらしく。すぐ生協やダイエーが店を開けて、震災便乗値上げなしでペットボトル入りの飲料を売ってくれたとか、さらに飲料水メーカーからの提供があったって、あそこでしょうな、「六甲のおいしい水」。地元だし。ここで「商売」っ気を下手に出すと、恨みが100年ぐらい残りそう。「あこは震災の時商売してんで」って。わたしなら語り継ぎますね。ただ、情報が行き渡らなかったから「足りない」「来ない」という苦情はないわけではなかったと。
   生活用水は、主にトイレの水。大変だったという話はよく耳にしました。わたしも高度成長期の、一応都市部のうまれなもので「川の水で洗濯した」という話には驚きましたが、タイミングよく「鮎が帰ってくる川にしよう」運動が奏功してきた川があって、そこは簡易水道レヴェルだったのでお洗濯なんかに使えたというお話。魚がさかのぼれるように魚道とかを整備したら、そこに多少なりともお水が溜まってて消防用水として使えたという余談も紹介されてました。ホント、なにが役に立つか解らないという話
   その他、川にまつわるエッセイやら、連載記事も面白く、高かったけどそれなりの値はありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

愛子様お忍びTDL

   一部週刊誌やインターネット上掲示板で既報の通り、12日に皇太子殿下ご一家がお忍びで東京ディズニーランドにいらしたそうですが(お忍びの場合はご行啓とは言わないのだろうか?)。

   

お ま え ら な ん で 知 ら ん ぷ り し て さ し 上 げ な い ん だ よ!!

   ワイドショーは仕方ないにしろ、一般入場者まで殿下たちを追っかけて警備担当者に迷惑かけまくったとか。だめだ、こりゃ。
   なんで遊びに行くときだけ元気なんだよと思わないでもなかったわたくしですが、今度ばかりはもう溜息。
   妃殿下、こいつらのための公務なんぞ、テキトーで結構です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルバイトしました

   アルバイトに行ってきました。
   「おかあさんどんな仕事~?」カーニャはあどけなく聞いて参ります。
   「いべんとこんぱにおんだ」
   「なぁにそれ~」
   「展示会で商品の説明をする仕事だ」まぁ、おかあさんったらウソツキ。
   実態は、知り合いのシャチョさんが仙台でちょっとした展示会に出るので、彼の横で
   荷 物 番 (兼お留守番)
   をすることです。
   「ただいま担当の者が外しておりますので、しばらくお待ちください」
   「少々お待ちください、担当の者にご説明させます」しか言わなくていいって。
   でも、おかあさん13年ぶりのお仕事で張り切って
   「お洋服はどのようなモノがいいですか?」なんて聞いちゃって。
   「あはは、大和(金沢の老舗デパート)でお買い物をする程度で結構です」なんて言われて、とりあえずおとっときのベビーピンクのアンサンブルで行ったんですが。
   皆さんお仕事でいらっしゃるので、男性はもちろん、女性もスーツで。それも、最近流行りのほぼ黒なタイトなやつ。オバサン丸出しのファッションでは
   「場、違、い、フォ~~~~~!」すいません、とうとうやってしまいました。あの振りはついてないものと思って読んでください。
   昨日タンスをひっくり返してみたんだけど、お仕事に着ていける感じのスーツはないんですよう。入学式用ならかろうじてあるけど。やっぱ、違うでしょ。もう、生活がビジネスとは無縁になっちゃってます。
   しかも、実働4時間、フルに立ちっぱなし。
   「手は後ろで組むより前で組んだ方が機敏に動けますね、姿勢もよくなるし」
   「ちょっと歩いてみると脚の血行がよくなって辛くないですよ」社長さんたら立ち仕事に慣れてます。すぐそばには無料のコーヒーサーヴァーがよい香りを立てているのに、一口も口にされずに弁舌さわやかに売り込んでます。
   ごめんなさい。おかあさんお仕事の厳しさを忘れちゃってました。
   もうこの二日はうちについてご飯の支度をするだけで精一杯。膝と腰が痛いよう。本当に、いい経験をさせていただきました。
   社長さん(ここ見てるかな?)ありがとうございました。また仙台にお越しの際は声を掛けて下さいね。今度はお客さんを一人ぐらい捕まえてみせます。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

「功名が辻」10 焼き餅可愛いぞ

   

二日も経ったら忘れちゃった
   今週は、一豊様浮気告白の段です。先週からの引きで、いきなり告ってます。
   「ひぃぃぃぃっ」って、取り乱す千代さん、そんな。なんか今回は、可愛かったです。幼いというニュアンス込みでね。どんなひと、シロウトなのか、プロなのか、聞き出す聞き出す、それをまた、シドロモドロながらちゃんと白状する一豊様、その正直さは罪ですぅ~。
   「小りんなんておかしな名前~!」もう意味不明の八つ当たり。自分をコリン星人だと称する女性タレントがいるそうで、彼女と関連させてネットでは失笑の嵐。ま、らぶらぶだし、これくらいの波乱は当然か。妬いてもくれなかったらちと寂しいでしょう。
   それをまた、吟&鉄矢は「旦那様、バカ正直」と呆れながらたしなめ、不破のおばさまかと思えばまず泣きつかれたねね様は「それぐらいよくあること」と諭し、夫婦の危機は収束か、と思いきや(「我慢せよと言うのですか!?」「わたしに八つ当たりをしないで」「教えを請うておるのです!」のやりとりには笑ったな)。我慢できない千代は不破の屋敷に戻ってしまうのでした。で、おじさまおばさまに叱られて「こちらへは家来を捜しに参ったことにしなさい」って。原作では給料が増えたとたん不破のつてを頼って家来を捜すんですが、ドラマではこーゆー流れにもってくみたい。家来はえ~と、武勇に優れたる者、なんだっけ、頭のいいヤツ、足の速いヤツ、金勘定のうまいヤツ、性格のいいヤツ、イロイロ見つくろって召し抱えなさいとか言われて、「聞いておるのか?」と言われてでもちゃんと丸暗記で鸚鵡返しに全部言えちゃう千代さんの潜在能力には舌を巻きました。2日経ったらおかあさん要点しか思い出せませんでした。いや、仲間さんも女優だからこれくらいはへのカッパでしょうが。そういう設定よ、設定。ちゃんとアタマのいい女性って描写があるってことで。
   で、また出陣して命をかけて戦わなければならないのに、送り出してあげられないのはどうかとか言われておうちに戻ってみれば、もぬけの殻。例のやんちゃ次男が「もうみんな戦に行った」なんて言っちゃって。あ~あ。これで死んだらすっごく悔いが残るぞって思ってたら(いや、死なないけどさ)、史実では姉川の合戦ね、浅井、朝倉攻めです。一豊様ったら渡河作戦の最中に行方不明。鎧が重いから、河でこけたら即溺死なんですよね、この時代。先週大活躍の朋輩の中村君も生瀬君も「伊右衛門の姿を見失った」とかいってアタマ垂れてるし。もう、吟も鉄矢も半べそで。秀吉は「さっさと思い切って葬式出しとけよ」って。「冷たいな、木下様」って、言ってたのは吟だったか、中村君の方だったか。もう、千代は大ショック、で、続く。どうしましょう、千代さんに感情移入が自然になってきました。やっぱ、大石、うまいぞ。
   次回、メリーウィドウ生活開始。いや、死んでないから。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »