« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »

2006年1月 7日 (土)

「カルバニア物語10」女公爵誕生!?

   カルバニアもとうとう10巻です。突然今までの思春期前少年のような生活を改めようとした(要するに、幼なじみのタニア女王がいうように、「発情期になった」)エキュー、それが、はじめてのえっちは酒場で暴れるよりコワかったんです。おばけ嫌いだったり、ときどきこういう可愛らしいところがあるから好きよ。10年越し? のプロポーズをしてくれていた恋人ライアンをけっ飛ばして脱走したエキューは親友(女王陛下!) のベッドルームに潜入。それからは大八つ当たり大会……。可愛いよ、可愛いよエキュー……。そして、夜の帰り道にお医者の往診に行き会ったエキューは、父、カイル・タンタロットの恋人が妊娠していることを知ってしまいます。
   公爵令嬢として女公爵を目指すエキュー。ここへきて跡継ぎ誕生なら同じ公爵であるライアンとの結婚はゴーサイン。しかし、跡を継ぐ意志アリアリのエキューはパパが死んだ母親に操を立ててたんじゃないのも、ここへ来て公爵位をめぐって騒ぎ出す親戚の親爺どもが男至上主義なのも、パパが「エキューに継がせる」の一言で事態を収拾しないのもみんなショック。エキューは、タンタロット公爵家はどうなってしまうの? という10巻でした。やっぱ面白かった。
   女の子が政治に、経済に興味持ってもいいじゃないっていう思想に、身も蓋もないおんなのこの体ギャグと細かいどんでん返しが絡む話の持って行き方が本当に小気味よい。やっぱわたし、次のNHKBSアニメにはこれを推しますわ。女の子たちがじぶんを絡め取ろうとする因習とかを解きほぐして自由になってゆくのも気持ちいいですが、その周囲には、よくものを考えて、公正であろうとする大人の男性がちゃんといるのです。ちょっと頭堅くって、意地っ張りだったりもするけどさ。そこんところがね。みんなのまわりにもそういう人達がいるといいなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

紅白のおさらい

   去年の紅白も見ましたよ。一昨年のよりわたしには見所多かったです。
   森山直太郎の「風花」ってなに? って思ってたら、朝ドラ「風のハルカ」の主題歌。なるほどな~ 手前の局のドラマの主題歌を手前の局の歌番組でやる。見事な閉鎖系循環世界です。おそろしく大規模だが。「ぴこんぴこ~ん」と歌ってる部分、なにコレ、大丈夫か? と思ってたら歌詞にテロップが出て「ひとっみと~」と歌ってたことが解って安心しました(ルル~リ~ラ~は結局ホントにルル~リ~ラ~だったけど)。毎土曜日マ王をBSで見た後、そのまま一週間分再放送一挙放送を見ていたカーニャが一緒にワンコーラス歌いきってしまったのには呆れましたが。あと、お約束のドラマ出演者による応援、「ハルカの一家がやってきました」って、「課長も出したれや」。課長(別所哲也)は、ママ(真矢みき:渡辺いっけいパパとは離婚済み)の大阪での恋人です。おかあさんもしっかりはまってみているハルカの明日はどっちだ。

   「WaTなんてデビューして1ヶ月のジャリタレを出すなんてどうかしている」と書いてた週刊誌記事には同意してしまってたわたしですが、それがウエンツ瑛士のユニットと知ってしまえばもう応援するっきゃないですね。ウエンツ瑛士はNHK教育の小中生向けヴァラエティ「天才てれびくん」のレギュラーを5年も張っていた小中生(&おかあさん)のアイドルです。教育TVっていったら「はたらくおじさん」と道徳番組、あとは女性アシスタントで話題を集めようという語学講座しか想像できないオジサンには想像できないかも知れませんけどね~。歌って踊ってボケもかまし、民放のクイズ番組では意外に頭も切れるところをみせている芸歴のながい彼は、実は大河ドラマ出演俳優でもあります(「利家とまつ」の森蘭丸。一瞬だけどね)。大河に出て、歌で紅白にも出られる俳優って、他にいませんよって、西田敏行と香取慎吾がいたか。……微妙。ま、要するにNHK番組出演者枠。マイク倒されちゃって、予想以上に名前を売ったんじゃないですか。これから実力で出られるようになってくれたらいいなあ。

   グループ魂は、「なんか知らないけどこういうのも流行ってるんでしょう」と、出場者リストを見るなり記憶から消したんで、受けたんだか外したんだか存じませんことよ。そういう、興味ない出演者枠というのを31日に歌う順が発表された時点で切ってしまうんですね。「ここ、お風呂タイム」って。今回は丁度その辺からお風呂はいって、ちょっと長風呂しちゃってアリスが後半だけになっちゃいました。あとはでふてっくとかいうのは結構歌詞と言い歌いっぷりと言い今の時代を反映してるのかな(孤独なキミと一緒にいるからがんばろうみたいな)と安易なことを考えつつ。ゴリエは口パクだしこんなの出しちゃいかんよとか、ユーミンもこんなのと一緒じゃなきゃ出れんのかとか、えむふろーらぶすわだあきこはもう和田アキ子逝ってよしとか。見てるだけでやっぱりその年の芸能界をイロイロ考えられて紅白やっぱいいですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

めがねっこ×2

   とうとううちの仔猫ちゃんたちがめがねっこになってしまいました。わたしは「キンガンギドラ!」と言われてからかわれたので(他人ごとだったら、さらに今となっては結構いいセンいってるあだ名と思えるが)子供には眼鏡をさせたくなかったんですが。
   幼稚園時代からなんとなく近視っぽかったんですけどね。そうそう、3歳児半検診の時に視力検査があるんですが、うちのとろくさい子供たちはまだ右と左の区別が付かず、T区保健所の方もそんなことは要求せず、直径10センチぐらいのランドルト環(視力検査のあのCね)を見せて、開いているのと同じ方向に指をさせばOKという判定方法だったかと。それを、全身でYMCAの身振りと同様に開いている方向を表すよう練習したよなあと回想しつつ含み笑い。必死な仕草があまりにも可愛かったので指で指すだけでいいとは言い出せなくなって(ウソ! 絶対面白がってた!!)。
   それが、今では「解んない」連発の迷子の仔猫ちゃんになっていたのです。しまいには
   「この前の試合、監督のスクイズのサインが見えなくってスクイズできなかったから引っ込められたの」としょぼんとされちゃー、もう、買うしかないでしょう!
   って、弐萬圓堂(仙台だけ? 2万円で眼鏡売りますという安売り眼鏡チェーン)でもそれだけする眼鏡を2人分も買ってやるお金がなくって、お年玉目当てでした。なんとかおばあちゃんからお金を引き出して、行ってきました。
   「なんや、ウルトラ警備隊ばっか」
    おかあさん、20代の店員さんが固まるような比喩を使わないでください。要するに、最近の眼鏡は縦方向が短い細長いものが多いということ。なんだか視野が狭いようで心配。
   「昔、眼鏡のフレームは眉に沿った形がお洒落とか言われましたけど」
   「ああ、今はそんなのないですね。流行はもっと細身のタイプです。フレームも、しなって力を逃がすことによって壊れにくくするタイプで」なんでも聞いてみるもんだ。恥を恐れてはいけません。マイペースに好きな色を選んだカーニャは早々に離脱(今は女の子が青好きと公言できる時代なんだ。いいなぁ)。ニャンゴは鏡を見つつ硬直。
   「はいはい、水仙にならないうちにやめなさい」ぷ、と吹き出した店員さん、ガクがありますな。
   「ニャンゴ、『情~熱の赤!』はどうだ? この子、赤が好きなんですよ」
   「! ございます」揉み手をして去った店員のお兄さんはマツケンサンバ3は知らなかった様子(『情~熱の赤!』はマツケンサンバ3のAメロの聞かせどころ)。やっぱ、3はヒットしなかったんだなぁ。マジメに持ってきたのは華奢な赤いフレームで
   「こちらはあのロ ー ラ ア シ ュ レ イ のでざいんでございます。お好きでしたら別にこだわることもないかと思いますが、その、脇にお花のモチーフがついておりまして、ちょっと、いえお気になさらないのでしたら全然」いや、そりゃどう見ても女の子向けだし。
   「お花がついてるのはな~」おかあさんも困ったよ。
   「……ぼく、黒でいい」
   てなわけで、可愛いめがねっこが2人仙台に登場しました。M山小学校のよいこたちは、いじめたりからかったりしないでやってくださいね。

   
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

「三千世界の鴉を殺し」爆笑ミリタリーラヴコメ?

   いや絶対違うけど。わたしの今年最初の読書は読みさしだったこの本の3巻でした。
   とむ影さんのところの書評で表紙イラストに一目惚れして紹介して頂きました。長髪の軍人さんに、眼鏡の白皙のドクターに、タイトルがまた、高杉晋作だかのうたでしょう? なんなのよ、いったい、という。
   1巻のページを繰ったら、これは型破りな超美形軍人さんの左遷による赴任からはじまって、これは男が男に惚れる話であろうという偏見を覆す魅力的なおねーさん軍人が登場して、主人公を翻弄しつつ華麗にフォロー。あなた様はいったい彼の何様? と思うと、爆弾宣言アリのもう、めくるめく愛のジェットコースター。下ろしてくれなんて申しません。
   そしてやっぱり登場する性格にかなり問題ある美形のドクター。異能を持つ異星人だそうです。無能・もっさり系のでくのぼーと呼ばれいつもにこにこ笑ってる系の異星人てのは出てこないものか。詰まらんからな。ああ、そーか。ブレーメンII(川原泉)のリトルグレイだよ。やっぱ教授は偉大だな、21世紀になっても。
   そして男と男のめくるめく愛の世界が始まるかと思ってみれば、なんと爆笑、失笑のミリタリーコメディが始まってしまったのであります。おかあさんは、必要に応じて親友である上司のルシファ(主人公!)を押し倒す副官のライラさんが大好きです。いいじゃん、彼女と結婚しちゃえよ。こんなに自分のこと理解して完璧にフォローしてくれる人はチタンのわらじを履いて探しても見つからんよ。しかし、雑誌と出版社がそれを許さない? いいえ、この作品の魅力は、その抱腹絶倒の軍隊生活に婦女子の趣味が密接に絡んでいるところにあるのです。あのいけないおねーさんたち(作中では女性兵士や看護師さんたち)の薔薇色の趣味を、ルシファやライラは笑い倒し、ネタにされた真面目な軍人さんたちが困惑したり怒り狂ったりしてる様子をこれでもかと描き倒しているのであります。ここまでいけないおねーさんたちのことを批判的に描いて、大丈夫なのかと思わないでもないですが小説ウイングスの読者の皆さんは客観的なんですねえ。
   物語のシリアス方面の内容も非常に好ましく、おかあさんったら、この話と「喪神の碑」
との間の話である「カラワンギ・サーガラ」を7&Yに注文しちゃいました。
   今のところ3巻まで読みましたが、非常に続きが楽しみです。とむ影さん、よろしく! お集まりの皆さんも、機会がありましたらどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早乙女家のかるた始め

   ええと。それで今年から念願の百人一首にトライした早乙女家ですが。
   まず年季の入った早乙女家のカルタを出してもらって(これがまた、読み札が一枚なくなってて、八重葎~人こそ見えね秋は来にけり、がその辺の厚紙に書いて底に入ってる)、「散らし」から。ぼくが読むと言い張ったニャンゴですが、なんの用意もしてない5年生では旧字、旧かなの和歌は読めるはずもなく。
   「あふここの???」
   「ニャンゴ、その字は『と』だろう?」
   「だって真ん中がかすれてるんだよっ!」いや、そーゆー活字なんだよな。紛らわしい。それでもおかあさんは昔採った貝塚(違う!)、カルタクラブで毎週やってたから訥弁な読み手でも下の句を容易に想起してどんどん札を取っていきます。と、今度はカーニャだ。
   「うわあぁぁぁん!」泣いて試合を放棄。仕方なくお姑さんが参戦、場はいきなりマジモード。それでもそこまでにかなり札の位置を覚えていたおかあさんの優勢勝ちでした。途中、(ヤバイ、ここは勝ちを譲るべきか? でも、天真爛漫が売りのヨメが露骨にそんなことをしたらその方がよっぽど失礼だろう!)と柄にもなく煩悶してしまいましたことよ。でもやっぱり勝ったのだ。勝負の世界は厳しいのです。
   「今度はカーニャが勝つまでやるの!
   負けず嫌いのカーニャの魂にうまく火が点きました。しめしめ。これで、ニャンゴはプライドを傷つけられ脱落、以後おかあさんが読み&取り兼務で1対1ながらほぼ「散らし」の変則カルタをほぼ毎日 やり倒しましたことよ。
   歴史的仮名遣いなんか知りもしない子供のために、2回目以降は「必殺 書いてあるとおり読み」で、「しるもしらぬも『あふ』さかのせき」「あら『は』れわたるせ『せ』のあ『し』ろ『き』」「は『け』しかれとはいのらぬものを」云々。
  しかも取り札の配列、5,5,4で読んでやると、全然元の歌の雰囲気とは違って面白くって。「ころもかた、しきひとり、かもねむ。かもねむ(リフレイン)」とか。右大将道綱の母「嘆きつつ一人寝る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る」なんて大受け。「いかにひさ、しきものと、かはしる」。「着物とか走るだって~!!」
   おかあさんが「イカだって! 烏賊に庇?」と受けた同じ歌を、子供は着物が走るといってやはり受けておるのです。なんだかしみじみ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

松井新たなる挑戦!!

   今年の松井はスゴイです。
   松井の実家は「松井秀喜野球の館」というのを持っていて、高校時代にしこたまもらったトロフィーだのウイニングボールだのを展示してるんですが、一昨年、ニャンゴが野球を始めたばかりの時、実家の父が連れて行ったんですね。いろいろ見て、売店で、ヤンキースの帽子だのといったお土産品を何か買ってやろうと言ってくれたのだそうですが、ニャンゴは遠慮してなにも要らない、と消え入らんばかりの声で言ったのだそうな。親としては想像が付きます。ところが、間の悪いことに、彼は、丁度その年おとうさんが懸賞で「シアトル・マリナース イチロー選手観戦ツアーご招待!」に当たっちゃって、一人で行ってきた(間の悪いことに、あの鬼のように打ったあのシーズンでイチローが4タコだった試合に当たったらしい。ミョ~に運のいい旦那様らしい)お土産のシアトルマリナーズ帽子をかぶってたもんで
   「そうね。坊やはマリナーズファンだから要らないわね」と言われてしまったそうで。
   脱線終わり。そういう野球の館を建て替えて、2005年の暮れにリニューアルした「松井秀喜 ベースボールミュージアム」が新たに開館したそうなのです! 英語にしただけじゃん。
   「違うぞ。ホワイトハウスのようになったのだ」父はにやにや。話のネタに今度はカーニャも連れてみんなで行きましたが。ホントだ、バルコニー付きで。コロニアル風? だれの趣味なんだよ。玄関前には松井少年12才頃の銅像が絶好の記念撮影スポットで。ニャンゴをそばに立たせておかあさんも撮ってきましたが。
   目玉は、中に手を入れると松井が手を握りかえしてくれる「松井選手と手を比べてみよう」のコーナー(眉に唾警報発令中! おかあさんは今年もホラ吹きです) 松井選手の大きな手に包まれた我が手を見たときには喉から肝が飛び出るかと思いました。(ハイ、眉に唾!)まぁ、いっぺんお試しください。
   さて、おみやげコーナーはやっぱり松井サブレでしょう、と思ったら、新製品が。「松井のバット最中」って、そんな。
   「ビミョー! やっぱサブレの方がいいって」と大きな声で言い捨てて、年々リクエスト数の増えるサブレをレジに持っていったのですが……。

   旦那様が合流した30日。地元新聞を見ていた旦那様が
   「これはどうだ!」と笑い狂いながら差し出したのが
   「レジェンド【伝説】55松井秀喜選手サイン入りバット洋風最中!!」の広告。
   「アメリカン最中だそうだ」
   「ああ、ありましたよ。チョコレートを流し込んであって、ピーナツが浮いてたかな。……こんなものが食べてみたいですか?」
   「だって、アメリカンだよ!?」
   「解りました。小松空港/県内駅売店で発売中だそうです。帰りに是非」と約束したんですが、今日、駅で売店を見たら、ないんですね。
   「サイッテー!! 駅売店に売ってますって言っといてないガイネ! 嘘つき!!」と叫び散らしながら次の売店へ移動し
   「ちょっと! 松井のバット、アメリカン最中ってないガイネ!」とクレームを付けたら(うわ~金沢のおばはんまるだしだよ)
   「ああ~、あれは全部のところにあるとは限らんがです。そこの奥の店にあるさかい」と言われ、そこでめでたく手にはいりました。
   まだ食べてませんが、ま、ふつ~のチョコモナカなんでしょう。
   しかし、「松井のバット、アメリカン最中」もひどい要約だけど「レジェンド【伝説】55松井選手サイン入りバット洋風もなか」とはまたマンマなネーミングだなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

帰ってまいりました!! 小吉な年の始まり

   どうも、お見苦しいところをお見せしてばかりですいません。帰って参りました。
   3日から、ほくほく線が雪で埋まったり、信越線がポイント故障で立ち往生したりと無事に帰り着けるかネット情報を駆使して作戦会議をしておったのですが、結局
   「天候次第。明日の朝の天気に賭けよう」と昨日は寝てしまいました。
   起きた4日の朝、NHKの野村正育アナウンサーは今日のJRは大きな乱れもなくと言ったその口で、私たちが乗るはずの臨時列車、はくたかX号は運休とさわやかに言ってのけたのでした。だからさ~昨夜遅くまで雪に埋まって立ち往生していたから車両の都合が付かなかったんだよ、きっと。プラレールだと、脱線しようが端っこでもつれてようが手でがちゃこんと持ち上げて任意の場所からスタートできますが、現実世界の鉄道運行は大変なのだよ。
   結局2本早めたはくたかV号越後湯沢ゆきのところ長岡へ変更、に乗って(始発だから自由席でも座れました。次の高岡、富山からごっちゃりのってきて大変でした)、快適に長岡まで。その後、1本見送ったMAXとき号は接続のはくたかを振っちゃったらしいので乗るはずだったお客さんの指定席があぶれてて
   「空いてるところにお座りください。但し、正規の指定席券をお持ちのお客様が来たら立ってください」なんて車掌さんからアナウンスしている混乱ぶり。うまい具合に座れてラッキー。爆睡したまま大宮に着きました。
   「雪、降ってたか?」
   「「越後湯沢!! トンネルでたら凄かった!」」ニャンゴと旦那様が見事なユニゾン。
   大宮からは「大雪のせいでこまちとつばさが遅れまくってる」そうで、とばっちりで乱れた東北新幹線上りのせいで遅れまくりな下りを待って、なんとか当初予定時刻ぐらいに仙台にたどり着きましたことよ。私たちって、やっぱり今年もラッキー!!
   ……って、うちに帰ってエアコンを入れたら、壊れてる。この寒いのに!! うちは狭いのと灯油臭に敏感なのとでリビングにはエアコンしか暖房器具がないのに!!
   ……寒いよう
   旦那様愛用の書斎用セラミックヒーターをリビングに動かしてもらって、我が家はウオームビズしています。
   今年のおみくじ、わたしは小吉だったんだよね……。あ~あ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます

   あけましておめでとうございます。

   金沢はお姑さん機より更新です。時代は確実に変わってます。パスワード(間違ってたのは登録名の方?)を入れ間違えてぼろぼろになりながらやっと更新画面にたどり着いてます。スペルの紛らわしいネーミングはつけるもんじゃないです。またお正月らしいデザインに変えてみましたが新しいのはどうですか?

   今朝、カーニャが取り落としたかまぼこを、旦那様実家で餌付けしている外猫にやったらおそるおそる近寄ってなめてみるなりくわえてぴゅーと逃げたのを目撃したのがちょっとしたシアワセ。野良猫がサンルームの下に子猫を産み捨てたのを世話してやったのが、時折父親らしい猫がえさの横取りに来てるとかいろいろ報告は受けてたんですが、またしても母猫が子供を産みに来て、娘猫は追い出されてしまったとか聞いたのが夏(涙)。産まれた弟猫と母猫とが今施しを受けておる様子。母はサバトラなのに姉弟ともに牛柄のぶち猫なのがDNAの面白いところ。父猫は一昨春牛猫が確認されているそうですが、猫も毎年同じ相手と番うのでしょうか、単に彼女が牛猫にもてるのか。現在母猫とほぼ同サイズに育った大地くん(カーニャ命名)は七三わけにちょび髭、黒いカーディガンを引っ掛けたちょっとダンディ猫です。

   というわけで、「どうして猫年はないの?」というひねった年賀状をお送りしましたまいねの戌年は猫で明けたのでありました。本年も常識に逆らってお送りいたします。どうぞよろしく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »