« 何故か惹かれる和のこころ♪ | トップページ | 帰巣本能 »

2006年12月 8日 (金)

永遠の綾辻行人

   「このミステリがすごい」をパラ見しました。2日アクセスできなかったから今日は欲求不満解消で更新多いよ♪
   「綾辻行人の『暗黒館の殺人』、平面図をよく見るとあの館にはトイレがないんだよ。もう、そういう世界として描いてるんだね」云々とありました。そりゃすごいな。物置に突っ込んだのでおかあさん確認できません。お手元にある方どうぞご確認ください。
   だって、あのひと、三作目の「迷路館」では、その館の性格上バスルーム(トイレ付き)は必ず各客室に付いてるとかちゃんと配慮してあったのに。嗚呼、あなたはどうしてそうなってしまったの?
   「暗黒館」は、あれはかなりきわどいトリックで「やられた~!」感が強かったですね。悪い気はしなかったですよ。疲労感は強かったけど。「あれ、さっきはこういう描写じゃなかったのに。まーいーや」と読み返して確認する気をなくさせるあの長くて何度もある幻想的描写はあれもトリックだったのです。ゲラゲラ。似たような目には「黒猫館」でもあって、ああ、もう、判ってるよ、判ってるからもう終わらして、と思ってたときにそれがひっくり返ったあの衝撃は、やっぱり忘れられませんねえ。読み返す気にはならないけど。
   そういうわけで、「びっくり館」も買ったんだけど。たしかに少年少女向きな地の文で、うわ、懐かしい、こういう文体も書けるのねとわくわくしたのに。
   少年少女向きな内容じゃないじゃん。人間関係とか、動機とか。
   まだ「獄門島」の方が子供にも納得ゆく設定じゃわい。
   いや、今の少年少女はそういう危機に直面しとるかもしれんのだけど。
   いくら少年少女向けでもはやみねかおる的世界を書いてみる気はないのだな、綾辻先生は。
   なんかもう、アクロバティックなミステリ世界だけで通用する方向に行ってるみたいよ(こんなおばはんに指摘されちゃうぐらいに)。「月館の殺人」も、遺体が発見されて惨劇の幕が開く、と思ったら、その時にはもう全てが終わっていたっていうのはたしかに凝った構成ではあったけどさ、最後のあのぐんにゃり感はいかんともしがたいですよ。

   「庖丁人味平」ってマンガが昔ありました。ジャンプらしい、その道の初心者のひとが上達するごとに何とかの達人とバトルをして有名になってゆく話で、魚をガスバーナーで焼いたり(このマンガのせいで今時のパティシェのひとがバーナーでお菓子の表面をあぶるのには心理的抵抗感あります)、骨付き肉に火薬を仕掛けて爆発させて切り分けたりと食べ物を扱ってると思えないムチャクチャぶりで印象に残ってるんですが。
   カレー編では、味平のライヴァルはスパイスの神様と言うべきコックで、あの時代に鼻に黒いマスクをいつも被っていて嗅覚を保護してるというマニアなひとでした。究極の(違う!)カレーを作り出そうとスパイスの調合に入れ込む余り、麻薬に限りなく近いスパイスばかりを使って習慣性のある禁断のカレーを創り出してしまって勝負に勝って試合に負ける的退場をしたのでした。

   なんかそんな感じ。娯楽として、読んですかっとしてあーっと叫ばされちゃう作品を提供して欲しいんですけど、ファンとしては。いや、あーっとはまだ叫んでるけどね、すかっとはしないのよ。頼みます。

   それでも館シリーズと名が付けば買っちゃうから。まだわたしにとってその名は栄光に包まれているのだから。

   綾辻行人よ、お願いだからこっちの世界に戻ってきてよう。

|

« 何故か惹かれる和のこころ♪ | トップページ | 帰巣本能 »

コメント

 ウソツキ!
 引っ越しを前にお片づけをしていたら、ほんの枕元のタンスの上で「暗黒館」発見。早速見取り図を見ましたら、あるじゃないの、トイレ。確かに、「トイレ」と書いてはありませんが、小さな小部屋が集まって手洗いのついた小ホールに繋がってたらそりゃトイレットでございましょ! もっとちゃんと見ろ!
 作家さんも大変だ。こういうのに「批判」されなくちゃならないんだぁ。ゴメンね、確認がおくれて。
 ついでに。この「暗黒館」には若様が拾った記憶をなくしたあやしい人物が居候してますが、これが「もしかして女性? でも、男と見せかけて女てのはむかしあったしなあ」と少し悩みました。でも、若様と妙に意気投合していて、いいなあ、記憶をなくしたなぞめいた娘さんと恋に落ちるってのも。なんて密かに萌えておりました。そんで、記憶をなくした女性を保護しつつ「関係」するのはフェアかそうでないか一人でぐるぐる悩んでおったのよ。関係ない方向に「暗黒館」のストーリー自体が行ったので、それはまたおいおい考えましょう、うふ。

投稿: まいね | 2007年2月18日 (日) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/12987238

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の綾辻行人:

« 何故か惹かれる和のこころ♪ | トップページ | 帰巣本能 »