« 13年目の仙台人 | トップページ | メガネは顔の一部です? »

2006年12月13日 (水)

「功名が辻」最終回 フォーエヴァー!

   

堂々の最終回です。
   えーと、今回は史実パート多かったかな。
   脳溢血で倒れた一豊様の危機に、あの乱暴者の吟の次男がマナセ流で学んだお医者として再登場。もう、過去の縁者みんな出しとけ状態で。いや、新婚当時彼がママが死んだといってぐれて家出したときには「こいつ医者になるんだよ」って詳しいひとが某掲示板で偉そうに語ってて、まさかと思ったら。ちゃんと伏線回収するのね。「おつむに血の塊が」と実に時代考証してるなあという説明台詞でした。

   杖ついて千代さんに介添えされて、という一豊さまを見舞うモスケ。マゴヘージの息子のところが揉めてるから兵を貸してやるんだ、おまえもどうだ、なんて仏心からやばい相談を持ってきます。それを「いいえ! 今は家康様の天下、山内家は戦はしません!」とはねつける千代さん。おいおい、こんなとこで女大名。でも、それでモスケ家もマゴヘージ家も改易になったことを思うと、正しい判断だったんですね。友情って難しいなあ。

   2度目の発作があり、とうとう一豊様逝ってしまいました。いい夫婦の最後のシーンだったんじゃないでしょうか。そして、殿の魂がこの世を離れる瞬間何かを感じて「とのー!」って口走る吟、と見せて「寝ぼけてるんです」と別室で控える近親者一同。こういう時のお年寄りってのは神に近いですから。ホントに判ってて呟いたのかも知れず。この辺はギャグシーンと見せて深いですよ。

   さて、秀忠が将軍になるし。このオドオド梅雀がよかったな。ああ、この跡取りじゃ西田敏行も安心して隠居できないわって、一瞬で判りました。オカマチック直政は、史実じゃもう死んでたんでしょうね、もう出てこなかったです(ちょっと残念)。
   大坂夏の陣、冬の陣もあっさりと、しかしちゃんとやり。密度濃いですよ。原作だと、実の子じゃない2代藩主くんに遠慮して京都に住んだっぽい書き方でしたが、ドラマではイロイロ情報収集のために京都駐在みたいなカンジ。ねねさんの所に顔出してみたり、家康VS秀頼の二条城対面(歴史的イヴェントらしい)実現に向けて淀殿にばしっと一言言ってみたり。なかなか働いております。で、モスケ夫人、マゴヘージ夫人と尼同窓会やってたり(この二人が尼姿ながら結構いい服着てたのに、千代さんは実に白黒のマジ尼僧だったのはいったいどういう演出?)。

   もう疲れたから、死んだ人達を弔う旅に出ます。もういいと思ったら、迎えに来てね、と最後の旅の決意をして出る千代さん。砂浜を歩いてるって事は、また土佐に渡ったんでしょうか? それとも、これは縁の深い琵琶湖畔? 回想シーン、初めての出会いの足の怪我の手当をして、わらじを履かせてくれるシーンが、子役の杏ちゃんじゃなく、仲間さんで再撮影? されてました。一豊さまも若返ってて、ああ、カッコイイ。最終回らしくなってきます。そして、一豊さまがちゃんと迎えに来る、千代さんも、若返って、あのパッチワーク着物に戻ってる。おんぶして、歩きはじめて、ああ、良かったね、いい人生だったねと、幕。

   

良かったんじゃないですか。

   原作世界で気に入ってて、ぜひ描いて欲しかったところが多少落ちてた気もしましたが。21世紀の大河として、時に笑い、泣き、考えつつ見せて貰いました。
   いやほんと、あぶなが様には笑ったし。

   でも当分戦国時代、とくに三英傑はもういいから。
   こんなにいやらしい信長・秀吉・家康はもうないと思うな。

|

« 13年目の仙台人 | トップページ | メガネは顔の一部です? »

コメント

ええ、よかったと思います。主人公二人は不幸になることはないので安心して見てられました。去年の義経に比べてね。もう鵯越したときはね、ピークでしょ、ああ、これから坂道を転がり落ちるんだなあ、なんてすでに悲しくなっていましたから。
功名に向かって(紆余曲折あろうとも)上り坂っていうのは、よかったです。
『わらじを履かせてくれるシーンが、子役の杏ちゃんじゃなく、仲間さんで再撮影?』も良い演出です。今年も大河を満喫しました。
来年は山本勘助、いやです。( ̄▽ ̄;)

投稿: アマサイ@科学の星 | 2006年12月14日 (木) 14時11分

お初に。

最近、ここの「功名が辻」ブログを発見し、全部拝読させていただきました。ゆたかな知識と表現力に、すっかりたのしませていただきました。すばらしい文章力ですね!
今回の大河は気に入っていただけに終わってしまって残念ですが、良い出来でしたね。総集編に期待しています。

短いですが、ではこれにて

投稿: Nemo | 2006年12月15日 (金) 08時12分

nemo  さま いらっしゃいませ。わざわざコメントありがとうございます。好き勝手にかなり無関係なことまで書いてるのにご覧くださってどうもありがとうございます。一年まるまる書きつづってきた甲斐もあったというものです。もしかして、馬鹿なことやってるのかなあと思わないでもなかったのですが、ちょっと気分が上向きになりました。ありがとうございました。

投稿: まいね | 2006年12月16日 (土) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/13060331

この記事へのトラックバック一覧です: 「功名が辻」最終回 フォーエヴァー!:

« 13年目の仙台人 | トップページ | メガネは顔の一部です? »