« 帰巣本能 | トップページ | オトナの対応 »

2006年12月10日 (日)

今週のへうげ

   なんだか着実にファンを増やしておるようでございます。「へうげもの」、今週はパートカラーです。なんかさ、最近のモーニングは真ん中のホチキスのところじゃないところにもカラーぺージを持ってきてませんか? 巻頭、前半、真ん中、後半と4カ所にカラーページが作れてお得♪ そのカラーも、出版不況以来広告にとられることが多くてそれでも漫画雑誌かと切歯扼腕しておったのですが。
   秀吉天下人となった時期的に、カラーページとくると、こりゃもう黄金の茶室っきゃないでしょ、と思ったんですが。
   「朝顔が見たいって言ったのに全部むしってあるってどういうことよ?」という秀吉の苛ついた声から始まります。そうか、あの有名なエピソードか!
   侘びスキーな利休、朝顔を咲き乱れる姿で観賞することはその美しさをぼやけさせてしまう、と朝顔を敢えて全部むしってしまって、茶室の中にただ一輪活けることでその美しさを凝縮させてみせるのですが。

   ゴメン、それ昼顔じゃないかなあ?

   

ピンクの朝顔もあるけどさあ。画伯の絵にはなんかこう、左介ちゃん風に言うと、「はきぃ」っとしたりりしさとはかなさの調和がないんですよ。昼顔は炎天下で見る分ピンクに艶なにじみがない感じで、丁度山田画伯の色の塗りの均一感がそれを思わせるんですよ。周りが白い覆輪? になってないのは考証の結果でしょうか。余計なことをゴメン。 

   そして、偉いひとは偉いひとでいろいろ揉めている一方、左介ちゃん改め織部くんは最近子分にした上田くんを連れて、制作中という噂の黄金の茶室を覗きに行きます。あ~あ、上田くんも、こんなのに惚れ込んでしまったために道を踏み外して。どんどん犯罪者一直線。ま、今回は不法侵入程度ですが。ちなみに織部くんは今のところ年貢の横領、茶杓やお皿の窃盗など前科3犯? 本能寺の時なんか持ち場を離れてますから現代の法律以外の所にも引っかかってるでしょうね。困ったひとだ。

   で、せっかくパートカラーなのに、黄金の茶室はモノクロ描写なのです。
   それもまた、前半の利休の心意気に通じますか。
   読者は心の目でその派手に見えて侘びという究極の世界を楽しむのでありました。

   しかも、分解可能でポータブルだし。茶室にはアリガチだそうですね。後年、ちゃんとした屋外型の茶室も分解して移築したとかいう話もどっか別のところで聞いたし。
   度肝を抜かれる織部&上田で<続く>。せっかく二人いるんだから、前科3犯の織部としては黄金の茶室を盗んじゃうんじゃないかと某所で期待されてましたが。それやっちゃ死期が早まるでしょう。いくらなんでも。

   次には何をやってくれるか楽しみです。

|

« 帰巣本能 | トップページ | オトナの対応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/13003793

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のへうげ:

« 帰巣本能 | トップページ | オトナの対応 »