« 朝ドラのお嬢様 | トップページ | マダム貴花田をルーヴルに発見! -世界美術館紀行- »

2006年11月13日 (月)

秋はおおたむ

   本日は暇ネタ。
   真剣に、これは専門医に診せた方がいいんじゃ、というころまでしゃべらなかった豹太ですが、しゃべり出したら立派なもので、幼児語のようなものは一切使わず、ベネッセの教材通りですが、「ぼくしまじろう、こんにちは、いっしょにあそぼうよ」などと公園でも臆せずしゃべり、M山のナンパ師と言われておったほどでございます。
   しかしながら、虎美の方は、這えばスクワット、立てば歩み出す進化の速さの恐ろしさ。舌も回らぬのに2才ゴロ? からとにかくしゃべるしゃべる。それが、サ行がうまく言えないんだ。
   「たくら、たちぃみ、たんたくろーす!」(順に、桜、刺身、サンタクロース)
   う~む。舌足らずが可愛らしいというのは事実かも。たんたくろーすというのは目から鱗の語感でした。それからずいぶん、うちの中でサ行をわざとタ行で言い換えるのが流行って(今になって思えば、なぜサンタクロースの「ス」はちゃんと言えてたのでしょう?)。
   さて、秋も深まって。新聞を玄関に取りに行って、戻って参りますと、旦那様が遅いご起床です。
   「今日はどう?」
   「寒(たむ)いです」
   「おおたむだからな」
   「いいえ、山から小僧が飛んでくるほどでは。まだこ寒(たむ)でしょう」
   「いや、秋だから、autamn……」
   「……さすがです」

   以来、我が家では秋も深まればおおたむと呼ぶのでございます。
   ずいぶん冷えて参りました。お集まりの皆さんもお風邪に注意!

|

« 朝ドラのお嬢様 | トップページ | マダム貴花田をルーヴルに発見! -世界美術館紀行- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/12665936

この記事へのトラックバック一覧です: 秋はおおたむ:

« 朝ドラのお嬢様 | トップページ | マダム貴花田をルーヴルに発見! -世界美術館紀行- »