« 豹太のガンダムデビュー | トップページ | トリック オア トリート ジャパン »

2006年10月11日 (水)

眉唾情報@インドVS日本戦

   今まで旦那様とらぶらぶ長距離電話をしておりましたが。
   「インド戦がスゴイ」
   「サッカー? 負けてるんですか?」
   「イヤ勝ってるんだが。今グラウンドを犬が走ってる
   「うわ~犬がくわえて逃げる魔球(マルシー江口寿史『すすめパイレーツ』)? インドの犬って狂犬病でやばいんでしょ!?(島耕作情報)ナニやってんだ!」
   「さっきは電気消えるし
   「それは東アジアの某国名物ホームが負けそうになると出る攻撃? インドもか。すげーな。
   旦那様! 次は牛が出ますよ! 牛の大群がゴールを囲んで入れさせない攻撃(いやディフェンス)!」
    さて、無事に終わりますかね? ガンバレニッポン!

|

« 豹太のガンダムデビュー | トップページ | トリック オア トリート ジャパン »

コメント

ちなみに「信じられないが本当だ」その他情報によると、敵国が神とあがめる動物(=ネコ!)を各自質にとって敵の抵抗を封じて勝った戦争があるらしいです。(ペルシアVSエジプト エジプトにはネコの女神がいたなそう言えば)頭と動物は使いよう。しかし何匹使ったんだよ。

投稿: まいね | 2006年10月12日 (木) 13時24分

ホレ
http://www.asahi.com/sports/fb/TKY200610110580.html

投稿: だんにゃ | 2006年10月12日 (木) 23時32分

恐縮です。犬の映像は、某2ちゃんねるの別の板(カラスコ情報だったかな?)で見ましたが。
ナニが何でもという悪意があったのではなく、ただ単にゆるいだけだったようですね。ソレも問題だが。

投稿: まいね | 2006年10月12日 (木) 23時46分

 ふと気がついて「犬がくわえて逃げる魔球」の説明なりないかとぐぐってみたけど、正しいものは一件もヒットしませんでした。
 なぜなんだあぁ!? あの江口寿史の往年の名ギャグマンガのギャグがどうしてドコにも存在しないんだ!? 「マンガの中の魔球列伝」なんてサイトさえあるのに(ちなみに、草野球で、ボールに犬の好きそうな匂いを付けておいて、投げた球が打者に届く前に持っていかせるというもので、単に相手を驚かせる以外に意味のない魔球。カウント的には暴投?)
 おかあさんは子供と野球盤をやってて球がヘンな方へ飛んでいった場合言ってるので、今現在の野球少年でこの魔球を知ってるのはうちの豹太だけ! ……かも知れません。
 こんどうちに帰ったら母に「すすめパイレーツ」のコミックス捜して貰おっと。

投稿: まいね | 2006年10月13日 (金) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/12247916

この記事へのトラックバック一覧です: 眉唾情報@インドVS日本戦:

» ちょっと笑えた、アジアカップ [サロン・ド・助六]
ついさきほど、サッカーアジアカップが終わりました。日本が3-0でインドに快勝!い [続きを読む]

受信: 2006年10月12日 (木) 10時39分

« 豹太のガンダムデビュー | トップページ | トリック オア トリート ジャパン »