« 捜し物はなんですか? | トップページ | アホ事件報告 »

2006年10月13日 (金)

へうげもの 佐介の粘り腰

   秀吉様の血を吐く告白「知っての通り上様を殺ったのは俺よ」を受け、哀しき天下人についてゆくことを決心した佐介くん、渋さに開眼してまたレヴェルを上げたかのように思えたのですが。

   山田さんがんばります。佐介くんの愛妻おせんの兄上中川氏が戦死、その葬式にまたきっと現実に見本があるんだろうな、リアルな肖像画が仏前に掛かってます(はいはいこれを元にキャラ設定して描いてたわけね)。これは前回のシーン。また、今回は小牧・長久手の戦の休戦の使者として相性の悪い家康のところへ出向くんですが、そこで会ったのは裏臭い(どうしてもこう変換されるんだよ)長益。
   「なれ合ってると思われるとまずい」なんて馬上で佐介くんを蹴飛ばす態度もスゴイですが、さらに、ライオン型被り物もかぶいとります。エロい下睫毛もまだまだ現役。ボストンだかメットだかに実際あるそうですこーゆー兜。どこから持ってくるのよこういう資料。史実を押さえつつ、この人だったらこれくらい平気であるだろう、と想像を開放するこの手法。

   

好きだあっ!!

   時代物はこれぐらいやらないと。おかあさんもがんばりましょう。

   今回は「せいいっぱい余裕を見せてもてなしました」という家康配下三河武士たちが度肝を抜いてくれます。

   やだこんな質より量のご馳走(玄米を大きく盛り上げて、真ん中に梅干し。2ちゃんでおっぱいご飯とか言われてました)。

   長益ちゃんマジ泣き入ってましたね。

   そんで、誰だっけ、酒井? のエビ掬いダンス(またこれが史実にもある彼の持ち芸らしい!)ドジョウすくいののパロディかと思いましたが。おかあさんもまだまだ教養が足りん。……そんな必死に踊られても(これが顔の肉が過度に揺れ動く山田絵で)。

   現実にそういう供応されたら2ちゃんの「サムかった披露宴スレ」に書き込みしちゃうぞ(おかあさん毎日楽しみに読んでます。ひとの不幸はハニ~♪)。 

   しかし、そんなヒドイ宴会にも侘びを見出せるレヴェルアップした佐介くん、もてなす心は確かに受け取ったとちゃんと使者の仕事はこなしたうえ、鯛の尾頭付きの下の皿を「お救い」してしまうのでした。……手癖悪っ!! 

   いやいや、先が楽しみ。そして、盗品ばっかりの古田コレクションが日の目を見る日は来るんでしょうか!? チョット心配。 

|

« 捜し物はなんですか? | トップページ | アホ事件報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/12270059

この記事へのトラックバック一覧です: へうげもの 佐介の粘り腰:

« 捜し物はなんですか? | トップページ | アホ事件報告 »