« アホ事件報告 | トップページ | 熊出没注意! »

2006年10月17日 (火)

角度が違う?

   土曜、今季最終戦を翌日に控えてなんだかけほけほしていた豹太が寝る前に
   「トランザミン飲んどいた方がいいかな?」と呟きました。白と朱のカプセルは、喉の炎症を抑えるクスリとしてよく処方されてて、うちには飲み残しが少しありました。
   「飲んどけ」

   それが、おかあさんがネットサーフィンを終えて眠りにつこうとする明け方4時前(もっと早く寝たらどうだ!?)、咳がどんどんあやしい響きになってきたのです。
   こんこん、ぜぃぜぃ、こここここん、ぜーひゅーぜーひゅー

   

嗚呼、喘息だよ。

   ここ数年はなかったというのに。それが、台風や梅雨など気圧の低いときが危険な筈なのに、こんな秋晴れの低湿度季に来るなんて。なにかストレスでもあったのでしょうか。とりあえず、野球は病欠と連絡を入れて寝かせました。
   明るくなっても全然好転せず、とうとう休日診療所行きを決意、パジャマの上にブルゾンを着せてタクシーを止めます。あーもー何年ぶりだろう。舟丁に新しい急患センターができてからは2度目かも。うちはかなり区境に近いので、住所のT区より市中心部のA区やW区の診療所を紹介されることが多いですね。というわけで、W区にある救急診療センターを目指します。
   わたしは幼いころはほぼ健康優良児だったので夜中に医者に担ぎ込まれたことはなかったです。あったとしても、うちは車があったし、かかりつけの小児科医もいたし、ドア トゥー ドアでやっぱりパジャマに素足だったでしょうね。でも、初めて来た仙台で車を持たない子育て、病院の開いてない時間帯の急変はもうどうしたらいいか最初はパニックでした。お外に出るなら着替えさせなきゃならないのか、歩くどころじゃない我が子に靴を履かせるべきか、しょうもないことに頭を悩ましあまりリーダーシップを発揮してくれない旦那様にいらだち(ごめんなさい)、大変だったなぁ(と回想)
   もう修羅離れしましたので(救急車も回乗ったし)、ふつーにパジャマ姿の豹太を抱きかかえてタクシーを止めましたのさ。

   さて、診療申込書を書いて待ちますこと数分、今日は空いてました、すぐ内科処置室に呼ばれ、吸入の指示。10分は長いんじゃ? と思いつつ器具のあるカウンターに行くと、子供が飽きないようにおもちゃがいくつか、絵本数冊がもう準備してあるのです。ただ、喘息って小学校に上がる頃みんな卒業するから、今の豹太には物足りない物ばかり……JOMOの童話賞の入選作品集はおかあさんが熟読しました。

   あっという間に時間が来て「あ、ゴメン」放置されていた豹太は恨めしそうな目で逆流したよだれを(吸入時はこれが普通)ティッシュで拭ってました。
   処置室前まで戻され、順番を待ちながらドアを見ると「青山一夫」(仮名)へえ、前かかってたクリニックの青山先生と同じ名字だ、と思ってたりして。そういえば、青山先生の名前ってなんだったっけ? と思ってると名前を呼ばれて。

   「どうです? 楽になりましたか?」
   「おかげさまで露骨に元気になりました。憎まれ口もきいたりして」
   「こーえーがーでるよーになったー」 
   「じゃあ、ここは応急処置しかできませんのでとりあえず明日普通の医院でちゃんと診てもらってください。わたしの所ででも」
   はあ? と先生の顔を見ると

   それは6,7年前には週に3回通っていた青山小児科クリニック(仮名)の先生だったのでした。

   待合室に戻って
   「……豹太、青山先生だったな」と声を掛けますと
   「当然でしょ」あ、ヒドイ。
   「おまえ、気がついてたのか」
   「わかんないの?」いや、おかあさんおまえのことしか考えてなくってさ。 人の顔を覚えるのが苦手で。青山クリニックは先生が左にいて自分も座ってたから顔の右側から見てたけど、こちらは立って、先生の左の横顔しか見てなかったじゃん。
   「いや、けっこー頬がこけて顔変わってたって。もうカバじゃないカンジ」
   「……」
   いいえ、要するに、おかあさんはいつも他人のことなんかちーとも気にしてないのです。

   なんかちょっと反省したな。

   そして、週明けの昨日は、もう一山越えてY山中央の青山クリニックまで行く気はなく、近所の行きつけの内科医院でお薬をもらったのでした。おかあさんも結構ひどい風邪だったので一緒に診てもらいたくって。子供クリニックでおかあさんを診てもらうのはチョット(近年付き添いの方も辛かったらいっしょにどうぞと言われるようにはなってたけど)。

   ガンダム観てひと寝したらなんとか楽になったみたい。今日は元気に登校しました。

|

« アホ事件報告 | トップページ | 熊出没注意! »

コメント

   でも、子供が死にそうになって行った救急で「あらこのセンセけっこうイケてるわ」なんて医者の顔まじまじみてるようなのは「おかあさん」じゃないとおもうの!

   ……というような後出しの言い訳書き込みには、
「バカ親必死だな」という合いの手が入るのが2ちゃんねるの基本。

   吸入をしたらよだれが逆流するのを解ってて童話を10分も熟読した人間が偉そうに「おかあさん」を語るな。

投稿: まいね | 2006年10月17日 (火) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/12316895

この記事へのトラックバック一覧です: 角度が違う?:

« アホ事件報告 | トップページ | 熊出没注意! »