« 三題噺「埴輪、肉まん、アステカ文明」 | トップページ | 真夏の一発ネタ »

2006年8月20日 (日)

東京へはもう何度も行きましたね♪

   花の咲く美し都♪ ……なんでこんな歌覚えてるんだろう?
   ということで、8月16日は東京観光でした。
   旦那様は地味に張り切って、帰省されてからはとバスのパンフレットを振り振り、
   「やっぱり浅草か? とりあえず東京タワーと」と各コースの行き先をチェックしておられました。わたくしはナニも考えず
   「メイド喫茶は無理~? じゃ乙女ロード行ってみたい~けど子供連れじゃだめだよな~じゃ、NHK! スタジオパークじゃ千代さんと一豊さまの格好で写真撮らせてくれるらしいから行こう!」もう、脳天気なこと。
   「それか、時節柄靖国! ユーシューカンとやらで戦争を賛美する展示が行われているらしいから見てきてやろう!」おかあさん、そーゆーのをミーハーと言うんです。それがまた、小泉くんやっちゃってくれましたから、あのあとで靖国はちょっとやばそうで。しかし、別にバリケード封鎖されてたわけでもないのに「参拝強行」はないだろうと思いましたです。    それで、「明治神宮、皇居外苑、NHKスタジオパーク」のコースだと入場料がいらないからお安いんだな。コレにしようかとか言ってたんですが。旦那様は浅草行かなくていいのとまだ言ってます。
   「じゃ、ヒミコ乗りたい! 松本零士デザインの宇宙船型水上バス!」全然まとまりません。
   結局当日自分たちで適当に回るという計画を(旦那様が秘密裏に)立てて。どうも旦那様はテツ気のあるお方で、新婚旅行以来、こういう旅行は希望だけ言って任せておけばちゃんと調べて予定を組んでくれるのでお任せするのが一番なんです。ホテルを出るところから
   「そこ直進。JRの浜松町駅から東京駅まで切符買って。子供の分だけ。おかあさんはスイカを使う」と、近年加入されてびしばしご利用されているあのJR東日本のペンギンちゃんのカードを貸与して下さいます(改札通ったらすぐ回収されましたけど)。
   「旦那様は?」
   「俺は携帯」電車も便利になりましたねえ。しかし、そのタッチ&GO! のスイカちゃんを自動改札に食わせてしまってお忙しい皆さんの足を止めたのはわたしです。ごめんなさい。子供にもバカにされました。
   ところが、東京駅で荷物をロッカーに預けた後おかあさんったら。
   「ついでにあの美しい赤煉瓦とドームを豹太にみせてやりたい」って、ここは新幹線改札に近い大丸百貨店側。丸の内口は反対方向……。
   歩きました。
   工事中でした。
   とりあえず見せました。
   雨降ってました。豹ちゃんたちったら帰省の前に買い与えた折りたたみ傘を嬉々として出す、出す。おかあさんは晴雨兼用ショート日傘を持ち歩いてますんでノープロブレム。
   「……このまま皇居行こう」
   「旦那様?」嗚呼、鉄壁の計画がおかあさんの思いつきのせいで大崩れに。
   「豹太、白鳥がいるよ! ワシはもう煙草はスワン、アレルギー性鼻炎でな、ハクチョン! なんつって」おかあさん、海外からの観光客もいるというのにそんな親爺ギャグはやめましょう。子どもたちはくすりともせず付いてきますが、豹子の足がおくれます。まーなー。小雨に煙る皇居ってのも、小学生にはあんまりありがたみはないですな。おかあさんもチョット。
   「それでこれからどうします?」旦那様もすぐには計画を立て直せないようで。
   「東京タワーは、子どもたち高いところがだめなんで行きたくないそうです」出ました、旦那様おーてーえる! (OTL)じゃ、サンシャインも都庁も横浜もダメだね。
   「このまま歩いて、九段下の方に美術館ありませんでした? それ見てそっから地下鉄でどこかに……」
   「一周ぐらいしますけど」ってたらお嬢様大爆発。
   「どうして見たくもないものを見にいかなきゃならないの!?
   「おかあさんが見たいから」
   「お台場に行きたいよう」
   「「絶対だめ」」夫婦揃って。
   「東京に行って面白いものをなんにも見てこなかったなんて人に言えないよう
   これには揃って絶句。
   「なにいってんだ、東京に行ったら宮城遥拝、靖国参拝! 日本人だろ!」おかあさん夏休みに「国家の品格」読んじゃって。嗚呼、高校生の頃には口が裂けても言わなかったと思うわ。ト自分の幼い頃を思い出し……
   「……そういえば、わたくしも小学校5年の時に家族で上京して、はとバスに乗ったんですが、やっぱ皇居と東京タワーと明治神宮で、恥ずかしくて、面白いと思えなくてブー垂れましたね」
   「歴史は繰り返す?」
   「……すみません、お台場行ってください
   「新橋だから。逆方向なんですけど」と言いつつ、日比谷までなんとか歩いて、有楽町から山手線を戻って新橋。
   「混んでると思うけど」と旦那様は不機嫌。
   「それで豹太や、お前の行きたいところはどこなんだ?」つっても、前日の東京ドームでもうお腹いっぱいの彼は
   「ううん。おかあさんと一緒に行っておかあさんと楽しめれば僕はいいの」って。
   「お前、それはどーよ? お嫁ちゃんは要らないのか?」
   「それは別問題!」ちょっとホッとしましたが。
   「豹太や、ゆりかもめだよ、新交通システムに乗れちゃう、やった!」おかあさんは切り替えが早い! 確かにエラ混みの駅からやや混みのゆりかもめに乗り込んで、お台場着。混んでます。お台場冒険王実施中のフジテレビ前です。
   「これさ~、かならず休みにはイヴェントやってお客呼びますから社屋の前に線路引いてって陳情したんだよねきっと」おかあさんは一言言わないときがすまない。
   「はねるのとびらの回転寿司とヘキサゴンの予選テスト!」とお嬢様は行き先も決まってて。でも、とってもごった返しているので近くにも寄れないカンジ。
   「とりあえずご飯!」それが、内部に入るエスカレーターは大変な行列。
   「高くてもいい、とりあえず向こうのホテルにしよう」と、パシフィックメリディアンをさして歩きます。それがまたパスタひと皿1500円からするイタリアンレストランが「3~40分待ちでお願いしております」って。旦那様の不快指数は鰻登り。それをなんとか堪えてもらって待ちました。ようやくご案内されたら、パスタブッフェというものをやっておって、自分でパスタを選んで暖め直し(篭に入れてボイルするというのがラーメン屋さんを想起させておかあさんはちょっと気が萎えたんだけどさ、子供に好評で)、好きなソースをかけて食べるというものでした。サラダ、スープは自由で、小さいケーキのデザート数種とコーヒー紅茶つき。これで一気にみんな元気を取り戻しましたことよ。
   それで、なんとか別館でやっておるIQサプリのクイズラリーをやってお嬢様のご機嫌はうるわしく復活、ついでにその別館の裏手から水上バスが出ておって、偶然ヒミコのチケットが取れました! ちゃんと旦那様のご希望の浅草行きです。
   「なんとか計画が修復できたではないですか。さすが旦那様、終わりよければ全てよし~!」
   「もう君たちの旅行の計画は立てたくありません!!
   新幹線の時間が迫っていたので、浅草からはすぐ地下鉄で日本橋へ。地上から東京駅に入り、荷物を回収してすぐ新幹線ホームへ。
   「じゃお仕事がんばってね~」とそこで旦那様を置き去りにして帰宅しました。もう、おかあさん車中で爆睡。アイスをたのんだパーサーのおねえさんが持ってきてくれたというのに寝こけてました(子供に起こされて、夢うつつのママ代金を払った)。
   さ~て、こんなんで子供は学校で土産話になるのかなあ?

|

« 三題噺「埴輪、肉まん、アステカ文明」 | トップページ | 真夏の一発ネタ »

コメント

 あと、ナニが驚いたって、朝入ったキャフェテリアで、お洒落すぎで大丈夫かなと思ってたのに豹太が堂々とペンネのサラダなんか取って、さらに、わたくしのライスパンを「僕にも頂戴」と器用にむしって、蛤と枝豆のミネストローネにつけて食べたことです。
 いつのまにこんなこしゃくなことを覚えたんだ!
 ペンネは給食で普通に出るそうです。M山小学校恐るべし!

投稿: まいね | 2006年8月20日 (日) 15時07分

実はとむ影(一家)も、16日東京をさまよっていました。暑くなかったですか???
子供達がダンナの実家へ行ったのを、東京駅まで拾いに行ったのです。子供達、行きは飛行機でしたが、帰りは新幹線で、お盆のさなかの東京駅の乗り換えが不安でお迎えに行くことに。日帰りでも良かったんですが、お盆休みが1日だけあったし、前泊しよう♪子供いないからちょっといいところに泊まろう♪と、丸の内ホテルへ前泊。(TYO使いまして、駐車場チケットや都内JRフリーチケットがついていて、お盆期間の割にはちょっとお得。)ずいぶん近くにいたはずなんですが、私たちは雨がやむまでホテルの中やOAZOの丸善にいたりしたので、すれ違わなかったんでしょうか???う~ん、残念です。
丸の内ホテルの、ロビーへ通じるエレベーター(ホテルに用のない人でも乗れる)が、シースルーになっていて、東京駅の赤煉瓦がよく見えました。無料だし、見下ろすのもいい感じで、あ~ちょっと時間がずれていれば教えてあげられたのに!

子供達は16時の新幹線でしたので、オトナ二人は丸善を堪能した後に恵比寿へ。ビール記念館でビールの試飲を堪能し、写真美術館で海中写真を堪能し、人ごみの東京駅へ。丸の内も恵比寿もそれほど混んでいなかったので、お盆期間は東京の盛り場はそんなに混んでいないのかしらと思っていたのですが、そうですか、みなさんお台場などへ行かれていたのですね。ご苦労様です。でもきっと、東京・お台場・ゆりかもめ・と、夏休み明けの教室では話題に困ることはないでしょう!

投稿: とむ影 | 2006年8月22日 (火) 13時43分

あらら、偶然。
16日は、朝小雨で、12時すぎぐらいに日が差して暑くなり、2時頃スコール、その後雨が上がってだいたい蒸し暑かったですね。食事を終えると日が差してきて、スコールの頃水上バスを待ってたぐらいで、そうそうカンカン照りにも土砂降りにも遭いませんでした。ラッキーとさえ思ってましたよ。みんな傘持ってたし。
   そっか、新しくて混んでないいい名所がいっぱいあったんだ。でも
   「そんなにたくさん行かなくても、これからすむんだからゆっくり回ればいいでしょう」と早乙女おかあさんに言われてたのも真剣さに欠ける要因だったんですよね(人のせいにするな)。
  というわけで豹子くん、TDLはそのうち行くから泣かないでくれたまえ。

投稿: まいね | 2006年8月23日 (水) 00時07分

ちなみに、9月に参観日で「夏休みの思い出」とかが掲示されてるのを見ましたが、豹太は2つの提出物で東京見物について「妹のワガママでお台場に行った」「妹のワガママでお台場に行った」って。
おかあさんを胸キュンさせる発言をしておきながら、お前、それは男として風下行きだろう。

投稿: まいね | 2006年9月17日 (日) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/11523277

この記事へのトラックバック一覧です: 東京へはもう何度も行きましたね♪:

« 三題噺「埴輪、肉まん、アステカ文明」 | トップページ | 真夏の一発ネタ »