« 新学期です | トップページ | 竜田姫はじらし上手 »

2006年8月28日 (月)

金沢B級グルメ

   忘れてた。金沢ネタの本命。
   金沢に帰り着いて、早乙女おかあさんが嬉々として仰るには
   「明日はハントンライスを食べに行きましょう」
   ぱーどん?
   「金沢だけの名物の食べ物なんだけど、わたしの太極拳のサークルのお友達のお店が東京のグルメ雑誌に取り上げられたの。お昼は行列なんだけど、夜なら空いてるそうだから行きましょう。きっと豹太や豹子ちゃんも大好きよ」
   そんなオシャレなお店に夜、子供も連れて行って大丈夫なんでしょうか。それに、ハントンライス? わたくし全然聞いたことがございません。

   それが、連れて行かれたのは金沢中心部、片町の旧大和(今はなんとかいうお洒落なブティックや貸しホールの入ったテナントビル)裏、小さい飲食店の連なった路地を入ったところの年代物の洋食屋さん。プランターに小玉スイカが実ってたり店頭に本日のランチが黒板書きでだしてあったり。
   「写真を見てもらえば解ると思いますが」愛想の良いおかみさんが嬉々としてしおりの挟まった「るるぶ」(のよーな旅のガイド本)なんか出してきたらそれは。

   

オ ー プ ン オ ム レ ラ イ ス エ ビ フ ラ イ 載 せ

   でした。語源的には、その本に拠れば
   「ハン」ガリー風のツナ(フランス語で「トン」)フライ乗せオム「ライス」の略であろうと。実際にはエビフライ&白身フライなわけですが。ああ、店の構えにふさわしい若者向けお腹いっぱいよりどりみどりメニューであったわけですね。
   「サーヴィスしますよ」といってさらに大盛りにしてくれちゃって。嗚呼、おかあさんウエストのベルトがはち切れそう。最近のB級グルメ復権に従いお日様の下に出てきたものでありましょう。事情通の父に尋ねましたらやっぱり知ってました(父にものを尋ねて「知らない」と言うことはまずないんだけど。演技派の知ったかぶりさんです)。

   そういえば、昔モーニングで不定期連載してた「駅前の歩き方」ってのをやってました。時代小説家でB級グルメの好きな食いしんぼ(で、けっこー詮索好き)の主人公が、取材旅行に行ってはその土地の常食、そこにしかないんだけど、全然旅行ガイドに載ったりしない、土地っ子もあって当然、ありがたいものと思ってない食べ物を発見して喜ぶ話でしたが、これはその長崎の「トルコライス」に近いかな。これも、トルコというのは東西混交というようなイメージの言葉で、実態はトンカツ&ナポリタンにピラフだったかの洋風豪華オール盛り合わせランチのようなものだったかと。みんな考えることは同じなんだなあ。

   今、「金沢 ハントンライス」でぐぐるとその発祥は「ジャーマンベーカリー」である由、割と上の方に書いてありました。「ジャーマンベーカリー(略してジャーマン)」は、その旧大和の並びにあったパン屋で、金沢では老舗の、トレイに自分でパンを選び取ってレジに持っていく形式のオシャレパン屋さんだったと思いますね。吹き抜けを望む2階にはパーラーというか洋食堂も経営していたような。ハントンライスはそこの名物で、そこで修業をしていたコックさんが独立するたびにレシピを持って出て、市内にハントンライスが広がっていったのだともっともらしいことが書いてありました。

   ううむ、ジャーマン。仙台で言うと今はなき「ひらつか」みたいなところか。バブルの頃には金箔入りやら金沢で仕込んだ日本酒を使ったバブリーな食パンも出してたみたいですが、どっちかというと甘いおやつパンが得意で。あんぱん、豆パンはもとより、チョコの入ったペストリー、くるんと竹輪型に巻いたロールパンの中に生クリームを詰めてチョコがけしたコルネ、中学生の時には喜んで買い食いしましたよ。今は東京や京阪神に本店のあるチェーン店も金沢に入り、また、修業した人が独自においしいパン屋を出して、ありがたみが薄れちゃってますけど(大和並びの本店もいつの間にか消えた)、やっぱ、ある時期金沢のグルメ界を仕切ってたという痕跡が残ってたと判りしみじみしますね。

|

« 新学期です | トップページ | 竜田姫はじらし上手 »

コメント

今調べたら、武生(福井県)には「ボルガライス」というものがあるようです。ケチャップライスにカツを載せて、こちらは卵でとじてはないとか。ボルガ川を行き来する船をイメージしてるとか、正真正銘東京のボルガというレストランの名物料理であったとか。いや、スゴイね。
仙台駅の駅弁は必ずソースカツ弁当を買うおかあさんとしては、こっちの方にこそ是非トライしてみたいなあ。

投稿: まいね | 2006年8月28日 (月) 22時16分

一夜寝ておもんみるに、東欧のあの国ではなく「ハングリー」の略だったのでは? トルコライスの説明で「大人のお子様ランチ」といっていたのが言い得て妙。

投稿: まいね | 2006年8月29日 (火) 12時44分

「ハントンライス」、昔ジャーマンベーカリーの2Fで食べたわ。懐かし~。たこ焼きサイズの白身魚フライが付いてたような気がする(あやしい記憶)。ココス(ファミレスね)のメニューにもないんだよね。ちょっと残念。

投稿: きりん | 2006年8月30日 (水) 22時14分

をを、実際にグリルジャーマンでハントライス食べた人が来た~!
そうか、やっぱり「お出かけ」の味だったのか。
うちは母が「混んでてイヤ」といって武蔵が辻(駅近く、例の近江町市場の横)の百貨店を利用しておったので、お出かけの味はそこのスパゲティレストラン「赤なす」でした。そこのサラダのドレッシングが独特で、あれ以来お目にかかれぬことよと思ってたら、そのハントンライスの老舗のドレッシングがほぼ同じで、「ナニ使ってるんですか?」と恥を忍んで聞いたら、すり下ろしタマネギとケチャップだって。ナルホド、それで赤い……(さすが老舗、メーカーを聞いたつもりだったのに手作りだったとは)。

投稿: まいね | 2006年8月31日 (木) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/11653727

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢B級グルメ:

« 新学期です | トップページ | 竜田姫はじらし上手 »