« ポンペイ展行ってきました | トップページ | ボイルには気を付けて »

2006年8月26日 (土)

来たーーーー!!  ……か?

    空の色 虫の声などたづねては
      いとど待たれる 竜田姫さま   舞音

                        ……へたくそー!!(我ながらいやになる)

    嗚呼、今年ほど秋の訪れの待たれた年があるでしょうか? 毎年言ってる気がするけど。今年はエアコンが壊れた強制クールビズイヤーだったので、実感ありますよ。それが、昨日、フルキャストスタジアムに行ったらライトスタンドには涼しい風が吹き荒れてて(試合が始まってロッテファンの皆さんが踊り始めたら寒くは感じなくなりましたが)。帰り道、草むらではリーン、リーンと鳴く虫さえ現れていて。

    やっと来たよ、秋。嗚呼、待ち遠しかった。ちゃんと来てくれたんだ、としみじみいたしました。帰り着いた我が家は、締め切っていったのでやっぱり蒸し暑かったけどね。そういえば数日前から赤いトンボを見たり、夜にはそよりと冷たい風を感じてはいたんですけどね。

    最近は、「親の顔が見たい! 実在するヘンな名前」のサイトをよく覗いてます。世露死苦系の不良の使うような当て字の名前、国際化を名前ダケ取り入れてどうするの(しかも男女とか姓名の区別ついてないし)系、姫とか、愛とか使って親ばか丸出し系、もっとスゴイ、身の程を弁えろ系(メシアとか女神とかそういうそのものズバリ、または皇室に関係する字をあえて使う)、高齢化を考えてない(いくつになってもいちごちゃんとか、まろんちゃんとか)系。いろいろあるけど、典雅すぎる系もあって、「たった」ってのもこないだ見ました。「クララが立った!?」「それはヒドイ」「いや、竜田姫だろう。秋の女神」って。「春の方の佐保姫はまだたまに見るしきれいなのに……」などとコメントが投稿されてました。
   そうだよな、佐保姫はまだ耽美系の文脈で見るのに、竜田は竜田揚げの方が一般的に耳なじみがありますよ。……なんか不幸。それだけ日本人は春が好きなのかなあ。ってゆーか、秋は多くの人が味覚の方に直結してしまって、耽美方面が手薄になってるんですかね? いや、芸術の秋とはいうんだけどさ。

    

ここらで竜田姫さまの地位復権運動を行おうではありませんか。
    地球温暖化の折から、この先待ち望まれ、貴重なものとあがめられるようになるのは秋の女神の竜田姫の方かも知れませんよ。

|

« ポンペイ展行ってきました | トップページ | ボイルには気を付けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/11614343

この記事へのトラックバック一覧です: 来たーーーー!!  ……か?:

« ポンペイ展行ってきました | トップページ | ボイルには気を付けて »