« 下駄を鳴らしてやつが来る | トップページ | 「功名が辻」34 残り1匹のウサギ »

2006年8月31日 (木)

もったいないでお腹を壊す?

   おなかいたいよう。
   去年だか、エコ生活の伝道師、赤星たみこさんが、、ペットボトルはよく洗って、水を半分だけ入れて横倒しにして冷凍庫に入れて凍らせておくというのを提唱してました。外出時には、残り半分の空いたところに好きなお茶を入れて持って出ると、ただ凍らせたのでは解けるまで飲めないところを、すぐに、そして氷が溶けきるまで冷たいお茶が飲める、という智恵でした。
   さすが。
   満タンだと破裂が心配だけど、半分残して、口を緩めておけば膨張にも対応できるし。
   それ以来、わたくしもそれを採用しておったのです。
   そうでなくても、最近は夏のスポーツ時の熱中症対策で、M山スパローズではお茶くみ以外にも選手本人も氷を持ってくることが義務づけられててさ。旦那様に気を付けなさいと言われつつもペットボトル氷は冷凍室に常備だったんですよ。

   また、これも去年、お茶の水出しというのも別件で紹介されて。緑茶でも、紅茶でも、ポットに分量入れて、お水を注ぎ、静かに冷蔵庫に入れて半日ほど待つと、これがまたお湯で出したのとは別のまろやかで冷たい、文字通り甘露な飲み物になっているのです。夏は堪りません。これを、今年は大きな冷水ポットを生協の通販で手に入れて(「はーいお茶!」 という!)熱湯にも耐える素材で、蓋から丁度良い高さまで吊り構造になってるティーバッグ入れがついていて、麦茶パックを入れて冷蔵庫のドアポケットに入れて冷やしておくのに丁度良いサイズ、1Lちょい。これが、2本セットだったものだから、大きいことはいいことだ、とばかりにおかあさんの水出し紅茶用に下ろしたんですよ。でも、2本は冷蔵庫に入らないし、おかあさんあんまり冷たいものは身体に悪いと思うので、真夏の、エアコンの壊れた室内、お台所のカウンターの上に置きっぱなし。藤崎百貨店で買ったウィタードの矢車菊の入ったフレヴァリーティー、色がきれいに出て見てても快感で。
   ……ヤバイかな? と思わないでもなかったんですが。ものが1Lだから、飲みきるまで時間がかかって。10時間ぐらい経過してるやつ、幾分酸っぱいような気がしてたんですけど、フレヴァリーティーだったっけと思い直し、もったいないから飲んでて。
   今日、お腹がどうもこのところ痛いんですとかかりつけの内科に行って笑われました。

   皆さん、水出し茶は冷蔵庫から出しっぱなしにしないでください。作ったらすぐに飲みきってください。
   ペットボトルも、熱湯消毒&完全乾燥またはミルトン消毒(あのほ乳瓶のアレ)を励行してください。

   あ~あ、お医者さんに口止めしても、ここに書いたら旦那様に筒抜けだよ。

   

|

« 下駄を鳴らしてやつが来る | トップページ | 「功名が辻」34 残り1匹のウサギ »

コメント

先日、知り合いが某ハイウェイパーキングで朝食を食べたときのこと。
汁ものを頼んだら妙に酸っぱい・・・店員さんに問いただしたら、「あぁ、昨日のに足して作ったから」と言われたそうです。夏はやっぱり普段と違う味がしたら気をつけましょうね。

投稿: エゴ若 | 2006年9月 1日 (金) 21時28分

うわぁぁぁぁん。
わたくしこういうところで「わたしの友達がね」とか「聞いた話だけど」とぼかして書くのはキライで、自分のやったバカはしょーじきに書いてますけど。
やっぱりこれって恥ずかしいよう! ね、エゴ若さん、「わたしの昔の友達がブログでいってたんだけど」なんて話のネタにしないでぇ~~~! といってる間に公開停止すりゃいいのか、そうだな。

投稿: まいね | 2006年9月 1日 (金) 23時15分

昨日、それで生茶のボトルを消毒すべえと熱湯を注いだら、ボトルはしゅるぅ~とねじれながら縮んでしまいました。そういえば豹子が「ペットボトルに熱いお茶を入れると縮むんだもん。先生が言ってたよ」と申してました。それは清涼飲料水ので、お茶は熱いお湯で出さないと出ないから熱に耐えられるボトルになってるんだと言い返したですが。
生茶は 生 だったのか。
おかあさんもこんな時間に起き出してたらまたお隣に怒られますよ。おとなしく寝ましょう。、

投稿: まいね | 2006年9月 4日 (月) 03時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/11706078

この記事へのトラックバック一覧です: もったいないでお腹を壊す?:

« 下駄を鳴らしてやつが来る | トップページ | 「功名が辻」34 残り1匹のウサギ »