« 10年ぶりの出番 | トップページ | 時事ネタも少し »

2006年7月 1日 (土)

朝ドラの女王

   先週のお稽古で、ちょっと皆さん遅れられて、着いたら先生と大先輩がお一方だけしずかにお稽古をなさってました。
   「あら、早乙女さんが来た」
   「良かった、早乙女さんならきっと知ってますよ」
   「ちょっと、早乙女さん、あなたにお聞きしたいことがあるの」
   はいはい、なんでしょう。お軸に書かれた対句の元ネタですか? この前ご紹介した茶人漫画「へうげもの」の作者ですか?
   「ねえ、あのきらりちゃんはいったい誰と結婚するのかしら?」
   は?
   「きらりって、もしかして『純情きらり』ですか? あれのヒロインはたしか桜子ちゃん」
   「そうそうそーよ。やっぱり早乙女さんに聞いて良かったわ~」
   先生、わたくしはそんなに朝ドラを真剣に視聴しておるわけではありません。
   
「たしかにあの彼女は行く先行く先でいろんな男のひとといい仲になっておりますが、真のだーりんはあの味噌屋の若旦那ではなかったでしょうか」
   「あら、そーなのね」
   「でも、あのシュートメが死なない限り結婚できなさそうですけどねえ」と、余計なことを。
   「ま、早乙女さん、原作にそう書いてあったの?」
   「え? 原作あるんですか?」
   「あの太宰治の娘が書いたらしいのよ」
   「存じませんです」
   あのね、わたくし大河はマニア級で、毎年ガイドブックも買うし、出来れば原作本も読みますけど朝ドラまでは守備範囲外ですことよ(この前その「功名が辻」の原作をもとにこれからのストーリー展開について一席ぶってしまった)。朝ドラの女王なのはうちの娘!
   ……なんて言っても無理かぁ。今日もBSでしっかり一週間の復習をしましたです。一週間でコロコロ態度を変えるおかねさん(味噌屋のおかみ)。ある意味最強。
   「おかあさんもやったりして。『ひろみちゃん、あんたが豹太と付き合ってくれたら豹太もまじめに学校に行くって。おねがい、豹太と付き合ったってちょ』って言ってみようかな」
   「やめろ! 妄想するな!」豹太くんったらムキになってカワイイ。 
   なかなか目を離せない展開の「純情きらり」でございますことよ。皆さんもいかが?

|

« 10年ぶりの出番 | トップページ | 時事ネタも少し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/10744210

この記事へのトラックバック一覧です: 朝ドラの女王:

« 10年ぶりの出番 | トップページ | 時事ネタも少し »