« 「鋼の錬金術師」今さらながら爽快 | トップページ | 引き渡し訓練 »

2006年6月24日 (土)

コレだから理系は

   今度は実家の母から救援物資です。この前生協で「パウンドケーキに入れると美味しいですよ」というミックスフルーツを取り扱っていたので、試しに買ってみたのです。自分では作らないよっと。で、送って、製品にして返してもらったと(この輸送に使われたCO2について世界の人に済まないと思う理性はない)。さっそく夕食後のデザートにしました。
   「おいしーい」豹子たちは大喜び。
   「……1センチ」おや、旦那様も所望されるとは。
   「レーズンが大量に入っているようですね。その他は……何入ってました?」
   「クルミだな……」
   「なにか不都合でも?」
   「ヘンセキしている」オイオイ、と口をゆがませると、
   「あ、ヘンセキというのは」
   「在してセキは……もってるんですか?」
   「いや、木偏にオノのセキ。析出って解る?」分析のですか。
   「結晶化して出てくるカンジ?」
   「そうそう」……イメージは解りますが。たしかにどこも同じような頻度でレーズンやクルミや各種ドライフルーツがまざってるカンジではなく偏りがありましたね。だからって工学用語で語らないでください。たしかパウンドケーキに混ぜものをするとふつう比重の関係上下の方に沈むんじゃなかったですか?
   ま っ た く 理 系 っ て 奴 は。
   あ、とりあえず美味しかったですから。

|

« 「鋼の錬金術師」今さらながら爽快 | トップページ | 引き渡し訓練 »

コメント

全くだから理系って困りますよね。
っていうか偏析の使い方が違いますよ、だんなさま。
私は同業者や開発技術者/研究者とは同居できません。
うん?未だにひとりもんの称号がとれないのはそげなわがまま言っているからでしょうか。
( ̄▽ ̄;)

投稿: | 2006年6月26日 (月) 12時25分

まあまあ。一緒に暮らすということは許し合い譲り合うってことじゃないですかね。昨日もまたテクニカルタームでケーキの出来にについて語ってくれましたけれども。
「それは要するにダマになってるということ?」
「そういうことだな。材料(系工学)は料理と似たことをやるんだよ」
道理で旦那様は料理がお得意でしたな(トささいなことも細かく取り上げて褒めるのが男性を家事参加させる秘訣)。

投稿: まいね | 2006年6月26日 (月) 15時45分

先ほどの発言はアマサイです( ̄▽ ̄;)。
確かに材料工学や物質化学は料理と似てます。
だから、家でまでやりたくないという男性、女性が多いです。
まいねさんは褒め上手、旦那さまは褒められ上手なんでございましょう。お似合いですね。
いや、わたくしは褒めるより褒められる方がいいです。これが根本的問題でございましょうか。

投稿: アマサイ | 2006年6月26日 (月) 16時34分

この場合,凝固関係業界の認識で,凝固時の偏析が起こったと考えるとややイメージが違いますが,粉体関係業界では混ざり具合が偏っているときにも使うので,今回はこちらの用語の意味合いが強いとお考えください.

投稿: だんな | 2006年6月27日 (火) 07時01分

おお!だんなさま、ホンモノ、ですよね。
失礼つかまつりました。_(._.)_
「偏析」の件、了解いたしました。
解説ありがとうございました。( ̄▽ ̄)v
今後ともご指導ください。

投稿: アマサイ | 2006年6月27日 (火) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/10661871

この記事へのトラックバック一覧です: コレだから理系は:

« 「鋼の錬金術師」今さらながら爽快 | トップページ | 引き渡し訓練 »