« か~さんが夜なべをして | トップページ | 「功名が辻」15 家中は世代交代 »

2006年4月15日 (土)

執事喫茶に失望

   おとといだったかな、夕食後朝日新聞を読んでたおかあさんはひと吼え。
   「ほら~! やっぱり同じこと考えるひとがいた」
   社会面の一番下の珍ニュースを扱うコラムで、「メイド喫茶のようなものは女性にも需要があるはずだと執事喫茶の夢をOLがブログで語ったところ話題紛糾、とうとう一号店が池袋に開店」
   「池袋って、乙女ロードだよね!?」
   「あなたのようなことを考えるひとがいるんですね」と旦那様。
   それが、今日、お昼を食べ終わって書斎に引き取った旦那様が飛び出して来るなり
   「れいの萌え喫茶が出るぞ!」って。王様のブランチにチャンネルを合わせます。
   「池袋の女性の萌えの中心地乙女ロードのこのお店……」
   インターフォンで来店を告げると
   「ただいま参ります」って、ドアを開けたのは白髪、痩身のすてきなおじさま。店名「スワローテール」の通りテイルコート着用です。で、決まり文句
   「お帰りなさいませお嬢様きゃ~~~~!!
   執事は一人きりで、あとはフットマンと呼ばれる下僕。これが残念!
   いまどきの茶色い髪のシャギシャギした半イケメンです。
   「だめじゃ~ん! 執事は七三わけしか認めない! でなきゃオールバック」
   「無理だろう」四人いますが、容貌も、ヘアスタイルも服装も(なんじゃその長いおリボンは!)時代考証はヴィクトリアンなんかしらんがそれじゃホントにお昼のホストクラブじゃねーか!!
   もう少し勉強してください。
   キャスターはもうノリノリでベルをならして(手で振って鳴らすあの舌のついた卓上ベル!)呼びつけて、注文を出すやらテーブルの上の小物の説明をさせるやら。これはクロークの鍵でございますとの答えに、クロークってなんだっけという庶民派のお嬢様。いや、取材だから。本人は(クロークぐらい知っとるわい、ヴォケ)と思ってるかも知れませんが。
   「クロークについてわたしから説明させて頂いてよろしいでしょうか」とあくまでいんぎん。で、
   「クロークと申しますのは、もの入れでございます」って、身も蓋もねーな。
   けっこーノリのいい執事さんと虚構の上流階級の話を楽しみ
   「お出かけのお時間でございます」と追い出されるまで雰囲気に浸るのでありました。
   「本日のお夕食は七時に予定しておりますのでくれぐれも遅刻なさいませんよう」ってさ。
   「え? 外食はダメなの?」と聞き返すと
   「当家のお嬢様が外食など許されません」ってさ。
   「……今日の夕食のメニューは?」と問い返してみると
   「トンカツでございます」って、ポークカットレットって言え! コロッケはクロケット、たとえ鯖ミソでもマッカラルの日本風ミソのソースとかアタマ使って雰囲気出せ!  
   気持ちは解るけどどうも作り込みが足りないような気がしましたのよ。
   「いや~だ、バカー!」と、それでも豹子と旦那様と三人で楽しんでみていてしまいました。
   「ちなみに男性も入店できます。その際は、ご主人様もしくはおぼっちゃまと呼ばれるそうです」って
   「ちがうよな、『若』だろう」
   「え~? 若? 変だよ」豹子くん、キミにバトラー萌えを解ってもらおうとは思わない。
   あとさ、波津彬子先生のあの絵のような涼しい清潔な書生に「お嬢様」とかしずいてもらえる書生カフェーもしくはミルクホール希望。今度こそ、茶髪&シャギーは禁止で。丸刈りー太はOKよ。着物にセルの袴とか、ハイネックのシャツにスラックス。なんちゃってドイツ語を交えて語っちゃってください。

|

« か~さんが夜なべをして | トップページ | 「功名が辻」15 家中は世代交代 »

コメント

箕輪バトラープラン

以前宿泊したら、メルマガが送られてくるようになったのですが、そこに紹介されていました。

このようなプラン……

いったいどんなお方が利用されるのでしょうか????

投稿: とむ影 | 2006年4月24日 (月) 18時25分

   わ~い、とむ影さんいらっしゃ~い。
   それは、わたくしたちのような「貴腐人」じゃないですこと?
   教養に溢れ、趣味にはお金を惜しまず、おおらかに自分にとっての美しいものを愛でる……そういう成熟した女性のことであるとわたくし教わって参りました。違いますかしら、ほほほ。
   ナルホド、ホテルマンなら「執事」の立ち居振る舞いは身に付いているわけですな。変にアタマが茶色いこともなく、と。ただ、お値段の方もホテルレヴェルになるわけか……いや、貴腐人たるもの趣味にお金を惜しんではいけません。そのうちちょっと、機会がありましたら。優雅な貴婦人姿でマリリアードのように息子の心に一発強い印象を焼き付けておきたいものです。

投稿: まいね | 2006年4月25日 (火) 10時56分

そうそう、貴腐人ね。公序良俗に反しない程度でのわがままをきいてくれるんでしょうね!

投稿: とむ影 | 2006年4月25日 (火) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/9602899

この記事へのトラックバック一覧です: 執事喫茶に失望:

« か~さんが夜なべをして | トップページ | 「功名が辻」15 家中は世代交代 »