« 執事喫茶に失望 | トップページ | 縄文の銀行家はあま~い! »

2006年4月16日 (日)

「功名が辻」15 家中は世代交代

   まだ視聴率は20%をキープしているらしいです。どこがどう面白いのかと思うけど、去年はたしかに今頃はもう惰性になってたかも。そう思えば、毎回毎回なんだかんだ言って笑わせてもらってるから秀作なのかも知れません。
   今回は、またご家中の話でシリアスパートなし。秀吉の出番さえありません、あ、冒頭ちょろっと出てきたかな? 忘れられないうちに六平太とこりん星人登場です。
   慎一郎(吟ジュニア)も大きくなったことだし、ここらで家督を譲って隠居したいという吟、でもご意見番としてそばにいてねと千代さんうまい、さらに、鉄矢の方のフォローもしっかり。見習いたい部下掌握術です。鉄矢と吟ジュニアも呼吸ぴったりで新コンビも掛け合い漫才は期待できます。そこへ、「鉄砲の名人」六平太登場、明るい山内家に就職希望だ~わ~(古い)。露骨に初対面を装う六平太、さすがです。鉄矢にはうさん臭がられますが、一豊夫妻の寝所に夜這いして採用を懇願(てゆーか脅迫もしてたかな)。この辺、かなり原作と違いますな。
   原作だとたしか、千代とはなんでもないのだけど、こりん星人がらみで一豊様に興味を持ってやってきて、さらに千代さんに惚れ込んで雇ってもらうことになったんじゃなかったかな? 「胡散臭い忍びですが、ああいうのも使いこなせないとビッグになれませんよ」みたいに千代さんがとりなして、それでも一豊様はああいう陰のものは気後れがしてちょっとおっかなびっくりで、もっぱら千代さんが使いこなしてたような。
   TVでは「一豊様の人柄に惚れた」と言ってます。忍者としての身分を明かしながら、そういう騙し騙されの人生がいやになって、そう言うことのない山内どのについて行きたくなったとは、オトコ泣かせの台詞ではありますまいか。千代は騙されてなかったみたいだけど。ああ、一豊様は騙されたのかな? 千代に問いただされた真の目的は、千代を護るため。信長はもうヤバイと見切った六平太が、一豊が命を落とすことがないように家中に入り込み、鉄砲で家来を鍛え、いざ戦の時には自分が楯となって一豊を護ろうという計画。それは何故かというと「千代が大切だから」泣けます。こういう愛もあるのだ。原作では、劣情の出てくるのは中盤以降の一瞬で、単に千代という人間への知的興味であったと思うのですが、ま、こういう解釈もいいかな。夫婦の愛ばっかりじゃ話が一本調子だし。見守る愛もあるんだよと。
   懲りん星人は懲りずに一豊様に付きまとうし。このおびえまくる一豊様がギャグパート。面白かったぁ。子どもを授かるには山芋、と聞き、さっそく気合いを入れてすり下ろす千代、カワイイ。そして、3杯一気して口の周りが痒くなるのもカワイイ。
   「食べる人が違うのでは?」と旦那様。そう言うネタには敏感なのだな。
   「そこが可愛いんじゃないですか?」そーですね。ふつう、男性に精を付ける目的に使われますね。いや、ほとんど気持ちだから、女性が食べても効くと思えばそれなりに効くのでは?
   「とりあえず長浜にいる間に1人は生まれますから」あ、ネタバレしちゃった。
    こりんに旦那様を渡したくない、旦那様の子どもが欲しいと涙を流す千代さんは凄艶でした。子供が産まれなくたっていいじゃないというフォローも史実をうまく絡めてて(おじさん家だって子供はいない)丁寧と思いました。
   さて、そこで陣触れ。武田攻めです。話はまたシリアスパートで歴史が進みます。キミは生き延びることが出来るか?

|

« 執事喫茶に失望 | トップページ | 縄文の銀行家はあま~い! »

コメント

家に居るときは一応NHK総合をつけています。
はあ、でも最後まで見る気がしない。そそられない。
でも、大河ドラマだけに思う「一年間見切った」感を感じたくてほぼ惰性です。まいねブログはそのナビゲーターです。
惰性ナビなんてしたくないか(^^;)
仲間ちゃんも上川くんも好きなのだけれど。
唐沢くんと松嶋ななちゃんのときの感銘はないな。

投稿: 科学の星@アマサイ | 2006年4月18日 (火) 17時16分

   おや、アマサイさん、そうですか?
   2ちゃんでは「利家とまつ」よりはいいというコンセンサスが醸成されつつあります。いや、あれ凄かったから。金沢LOVEのわたくしも、こりゃあちょっとやりすぎでないかえと思いましたです。ま、その前の「秀吉」のおまつ様は、一言多い性格で沢口靖子を陰に陽に傷つけててその時の方が憤慨してたかな。
   とりあえずは感想続けてますけど。
   いや、おかあさんの感想、ほとんどストーリー説明だから。小学生の読書感想文並み。お役に立ちますかしら。
   そんでもって、訂正。おかあさん一豊様のフレンドを正しく認識してなくて。
   「仏の茂助」と言われたぐらい性格のいいのが堀尾君、生瀬君は役者の名前でした。こっちが、奥さんが三原じゅん子。お風呂を借りに来たのはこっち。
   2ちゃんではツンデレと言われてしまった、出世した一豊さまに嫉妬してるみたいな方がマゴヘージこと中村君。演ずるはロンドンブーツ1号2号の田村淳。奥さんは乙葉。例年のお笑い枠ですが、お城マニアだそうで、大河出演を光栄に思ってるとか。うまく化けて欲しいものです。「新選組!」の山口智允(永倉新八君)は素直に「このあんちゃん好きやぁ~」と思いましたよ。

投稿: まいね | 2006年4月19日 (水) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/9628088

この記事へのトラックバック一覧です: 「功名が辻」15 家中は世代交代:

« 執事喫茶に失望 | トップページ | 縄文の銀行家はあま~い! »