« まいぞうきん伝説 | トップページ | 「スラムダンク」短くも美しく燃え »

2006年4月 7日 (金)

焼き型がないよう

   実は、昨日山を下りて、麓までイロイロ買い物をしに行ってきました。俄然お菓子作りに目覚めた豹子に刺激されて、ちょっとなんか焼いてみようかと焼き型を見たりして。
   「マドレーヌ型がほしいのだ、てゆーか、ホントはフィナンシェ型。こう、四角い金塊の形」アーモンドの粉の入ったバターケーキは、金塊の形の型で焼くので銀行家(フィナンシェ)という名なんです。
   「きんかい?」
   「金の延べ棒のことだ」いやちょっと、びみょーにニュアンス違いますか? と遠い目になっていると豹太が、
   「その金塊の色は、かい?」
   「ヴァ~~~~~~~カ!」おかあさん心なしか大きな声になっちゃって。
   「おにーちゃあん!」豹子も黄色い悲鳴。は、と気がつくと、豹子の後ろにはダイエーの店員さんが展示替えをしてるじゃないですか。
   「す、すいません、しょーもないことを」
   「いーえー。わたしなんにも聞いてませんから~」とにこにこ返されちゃって。
   嗚呼、地下生活雑貨売り場の業務に客の寒いギャグに対応するなんてのは含まれてなかったでしょうに。ホントにスイマセンでした。
   結局、藤崎(地元百貨店)の台所用品売り場にもなくって。「貝殻のマドレーヌ型」も直径2センチほどのシリコン型だけで。それって、チョコレート用じゃ? 直径2センチ(厚さ8ミリほど)のマドレーヌって、既にマドレーヌじゃないような気がします。お菓子作りのシーズンを外していくと見つからないものなんでしょうか。だいたい、マドレーヌと違ってフィナンシェ自体マイナーだしな。よっぽどツウな製菓材料店じゃないと無いような気がします。
   「とりあえずアルミカップでやってみる」……でも、最後の春休みの日もスラムダンクを読んで終わってしまって、いつ作る気なんでしょうか……。

|

« まいぞうきん伝説 | トップページ | 「スラムダンク」短くも美しく燃え »

コメント

では、では、ファンからのプレゼントリストに加えておきましょう。紅茶と、チャーリーとチョコ工場の原本と、型ですね。そのうち・・・いや、必ずお送りいたします。ついでに金沢のご当地検定本も加えようと思うのですが、持ってます?

投稿: エゴ若 | 2006年4月 8日 (土) 20時24分

エゴ若さんこんにちは~「ご当地検定」って、ナニ? ちょっと調べてはおきますが……。
ええと、本日旦那様とお買い物に出た豹子が、よほど残念だったのか「今度ザモール(郊外の西友系ショッピングセンター)に行ったらみてみよう」と言ったのを覚えてて。電話が鳴ったと思ったら旦那様が
「貝のまどれえぬ型というのがあったのだがゴム製でいいのか」って。
「ゴム以外にはないんですか?」
「ステンレスの貝マフィンというものもあるが」
「マフィンとマドレーヌは別物ですが」
「だが半円状のくぼみに貝殻のように筋が付いてる」
「あ~も~写メールで送ってください!」こちらも携帯を構えて待つと、果たして本文は
「にゃ~ん」だけのメールが来て、添付写真はまさしく貝殻の型。
「これです。ついでに寸法見てください、うちのレンジは24×24」
「あ~ゴムの方は270ミリだそうだ」
「じゃ、ステンレスの方で」
「ダメなら切ればいい」
「なんて恐ろしい……」ということで型は手に入りましたのよ。さあ、あとはいつその気になるかだな。とりあえず今日は卵が切れてた(買えよ)。
 

投稿: まいね | 2006年4月 9日 (日) 00時25分

正確には「金沢検定300問ドリル」といいます。京都とかでもやってる、地方検定の金沢版。でもかなりマニアックらしくて第1回初級試験では平均点51.6、合格率5.6%だったらしいですよ(セブンアンドワイからの受け売りだけど)。どうです、挑戦してみては・・・

投稿: エゴ若 | 2006年4月 9日 (日) 08時31分

え、知らない……こういうときは
きりんさ~ん!!
ドコで売ってますか~~っ!?
だいじょぶ、売ってるトコが解ったらうちの実家の父を買いにやるから。

投稿: まいね | 2006年4月10日 (月) 12時46分

まいねちゃん、復活したみたいね?他の方も書いてたけど、ちょっと心配してたんだよ。で、お尋ねの「金沢検定300問ドリル」ですが、近所の本屋で平積みになってたので、この辺じゃ簡単に探せると思います。発行人が北國新聞社で、まるでクイズ本のよう。入り用だったら、いつでもお申し付け下さいね。

投稿: きりん | 2006年4月11日 (火) 18時17分

あ、おはやいレスポンス恐縮です。あ、そうですか、ご心配おかけしてましたか。昨日豹子と一緒にお医者に行って、今度は抗生物質、爆死ダー流(なんじゃこの変換は)を処方されました。あと、おなかの滑り止め、じゃない、えと、激流をとめる薬をげほげほ。
まだちょっと喉に違和感あったりします(おかあさんも花見はちょっとやばかった)。
そーですか、北國新聞社ね。ナルホド金沢人の郷土愛を試しまくりか。……興味あるぅ。
ちょっと老父にも話を振ってみよう。

投稿: まいね | 2006年4月12日 (水) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/9477151

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き型がないよう:

« まいぞうきん伝説 | トップページ | 「スラムダンク」短くも美しく燃え »