« 「バッテリー」やっぱ投手は俺様でないと | トップページ | 「旬クッキング」伝説の始まり »

2006年3月19日 (日)

「功名が辻」11 二人三脚

   先週最後の方いい加減に見てたら。一豊様はちゃんと帰ってきてたのですね。それが、小りんに助けられてたって。Why?
   見るからにあやしいくのいち姿(って、しのび装束じゃないけど)で介抱してくれて。こりん星人の目的は奈辺にありますんで?(嗚呼、一度は使ってみたかった銀英伝用語。「どこらへんに」も漢語を使うと格調高いですな) 惚れたのか?(床上手でははないといってお茶の間を恐慌に陥れたというのに) 六平太から公私混同に一豊様をお助けせよと指令を受けておるのか。意味不明。
   それでも振り切ってご帰宅なされた一豊様に、千代さんも素直に無事を喜んで。だからって
   「側女を置きたければ連れてきてね」って、はじけすぎ。それに驚いて、慌てて立ち上がって雑巾踏んでコントみたいにずっこける一豊様、最高です。ホント、ケロロ軍曹がバナナの皮を踏んで滑るのと同じノリと見ました。いやでも、食えてない段階で側女って、欲望に忠実すぎ。
   生還したといって手のひら返す秀吉、凄すぎ。その抱きついて喜ぶ肩越しに、呆れる堀尾君と中村君。いい芝居してます。
   「さっさと葬式だせっていってたんだよあのひと」
   「顔二つあるよね」すぐさま一豊様にちくりますが、
   「どちらの顔も秀吉様、よい方じゃ」ってのは一豊様、優等生過ぎませんか?
   シリアスパートは叡山焼き討ちです。良識を持ち出して止めに入った光秀君、見事にどつかれました。可哀相に、壁に押っつけられ、縁の階段から庭先に蹴り落とされてます。嗚呼、なんで外様にここまでするんですか。生え抜きの柴田様とか林さんとかはどうして止めに入ってやらなかったんですか(やぱ、反感もあった)?
   お館様の命令だといって「文句をいわずにいうとおりにしろ」とかいっといて、一豊君たちが比叡山で女子どもを前にブルってると、すかさず
   「味方がやられそうだ! こんなとこはほっといてあっちをやれ!」って言いに来る秀吉君、そうしてこっそり女子どもを逃がしてやるのです。このひと人殺しは本質では嫌いかも。殺し尽くした信長に対し、水攻め、兵糧攻め、お姫様を差し出せばその他の命は助けるとか、秀吉のやってることをよくよく見ると、悪ではあるけど人殺しじたいは少しに留めようと言う方針がみられるって、誰が言ってたかなぁ。
   大殺戮の後、蹴転がした機嫌をとるように、門前町の坂本は明智に与えられ、光秀君城持ち大名に出世。織田家臣団で一番の快挙です。そうしたらさ、
   「お館様の命令と言って全てをそのとおり従う必要はない!」って失意の秀吉君、一豊様たちに八つ当たりですか。けっこー可愛いところもありますね。でも、命乞いをする旧知の僧を無視して斬り捨て「仏罰が下るぞ!」なんて脅されたのは光秀君の方だし。これくらい慰謝料としてあげときましょう。きみはきみでかっこいいことをして心の平安はキープしてるんだから。
   覇業の坂はかなり上まで来てます。険しくっても二人三脚で乗り切れ! お二人さん。

|

« 「バッテリー」やっぱ投手は俺様でないと | トップページ | 「旬クッキング」伝説の始まり »

コメント

三浦綾子の細川ガラシャの話に光秀が出てきます。巧妙が辻とあわせ読みで最近面白かったです。

投稿: くし | 2006年3月24日 (金) 22時43分

へえ。さすが三浦綾子、またクリスチャン絡み?
光秀系の描写は同じ作者の「国盗り物語」から取ってきてるらしいです。早速読んでみよう。

投稿: まいね | 2006年3月25日 (土) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/9166903

この記事へのトラックバック一覧です: 「功名が辻」11 二人三脚:

« 「バッテリー」やっぱ投手は俺様でないと | トップページ | 「旬クッキング」伝説の始まり »