« 朝ドラジェットコースター | トップページ | 「ゴーストハント」9出ました »

2006年2月 5日 (日)

「功名が辻」5 マジックパッチワーク

   なんか結構慣れてきて、面白いと思っちゃた「功名が辻」です。
   原作でのお千代さんの得意技はパッチワーク。当時錦は舶来品で大変貴重、お千代さんのような下級武士の妻女では端切れぐれいしか手に入らないところを、逆に、うまく配色してつづり合わせ、かえって一枚布から裁って縫い上げた打ち掛けや小袖より豪華で趣味の良いものに仕上げてしまうというのが余人にできない技でありました。これ、天皇行幸のときにご覧に入れたとか、淀殿がわざわざ噂を聞いて呼んで話を聞きたがったとか、そういうエピソードに使われてます。その他には、それがエスカレートして、そこら辺の京の町娘を呼んで、自作のパッチワーク小袖を着せてやって、本人の美しさが引き出せるよう化粧も施してやってそれで街を歩かせるスタイリスト趣味。センスのいい、ケチじゃない気持ちの良い奥様が想像できますでしょ。ちょっといたずら心もあったり。
   これが、先週嫁入り支度のために準備してあったようなきれいな着物がみんな焼けてしまったとかいう伏線がありましたが、「焼け出された着物の端切れを縫い合わせてこうなりました」小袖が既に出てきて。それが、すぐさま城下の奥さん連中に噂になって、ねねさんはさっそく自分にも作ってって布持ってくるし、そのねね仕様小袖をお市様は見るなり気に入って持ってっちゃうし。展開早すぎます。
   わたしは「利家とまつ」の時にはそこまでは気にならなかったんですが、「おまつ様のみそ汁を飲みたい」とかいって、終盤の困り事はみんなみそ汁で解決、てな展開になったようで、「マジックミソスープかよ」と批判があったみたいですね。原作中、お千代さんが他の人に魅力を発揮できるアイテムといったらこのパッチワークだろうなあとは思ってたんですが、やり方があざとい。あんまり万能アイテムにしないでね。ただでさえコメディ路線なんだから。

|

« 朝ドラジェットコースター | トップページ | 「ゴーストハント」9出ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/8521118

この記事へのトラックバック一覧です: 「功名が辻」5 マジックパッチワーク:

« 朝ドラジェットコースター | トップページ | 「ゴーストハント」9出ました »