« 給食パラダイス | トップページ | 利己的親孝行 »

2006年2月22日 (水)

時代は年増の魅力です!

   あ~。今イチ日本選手団メダルに手の届かないトリノオリンピックです。もう、頼みの綱のフィギュア女子、割りにいいスタートだったものだから、NHK気合い入って朝から何度もVTR流しっぱなし。しかし、メダルをねらえる選手が複数出せるのだから日本のフィギュアもレヴェルが高くなったものよ。お正月頃には、バルセロナの時の女子マラソンが頭をかすめましたが(日本女子ワンツーフィニッシュだ! とかいっといて片方の選手は故障でかわいそうなことに)、順調なスタートを切れて胸をなで下ろしてます。
   安藤選手が不調なのは噂通り。堀尾アナが「あれだけミスをして8位にとどまっているのだからまだまだ上位をねらえます」とは苦しいコメントじゃわい。
   荒川選手はここへ来て曲からみんな変えてくるという攻めの姿勢が好ましい。オマケに、ショートプログラムの曲はわたしが若い頃好きだったショパンの幻想即興曲で、おいおい、こけてくれるなよ、とついよけいな肩入れをしてしまいました。得意技も見事に決まり、3位キープは本当にめでたい。
   村主選手は解説の佐藤さんが「完璧です」としみじみ言ってましたね。わたしは途中からだったんで前半の演技見てないですが、全然、飛ばない。回ってばっかり。大丈夫かと思ってしまいましたが、そのくるくるが。くるくるが凄いんです。手の振りが優美。描く軌道がたおやか。日本女子でこんな芸術性が出せるとは。この方は事前から「芸術性」がよく言われてましたが、それは仲人口で、要するにジャンプが下手なんだと解釈してましたが。いや、たいしたもんだ。
   しかもこの方は一度沈んで、また上がってきてる方です。長野の時の3人娘であったことは覚えてますが、当時からぱっとせず、年のこともあり、もう引退だと思ってたのに、ここへ来てまたオリンピック代表を勝ち取ったと言うことが素晴らしい。ジャンプの得意な未成年のコムスメばっかり注目されている日本において、高い芸術性とお姉さんになっても競技し続け、一流であり続ける競技者意識が大きいお姉さんの共感を誘います。誘ってない? すくなくともわたくしはそそられておるぞ。この土壇場でもちゃんと取材を受け、自分の言葉で語る姿も社会人らしさを感じます。「わたしは土壇場に強い」でしたっけ? 「逆境に~」だったかな? 代表を勝ち取ったときのコメントもよかった。本当に、この方がベストを尽くせますように。やまとなでしこの演技で世界を魅了できますように。

    

お か あ さ ん は 、 ※ 村 主 章 枝 選 手 ※ を 応 援 し て い ま す。

|

« 給食パラダイス | トップページ | 利己的親孝行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代は年増の魅力です!:

« 給食パラダイス | トップページ | 利己的親孝行 »