« 「功名が辻」4 愛とは耐えること | トップページ | 天然記念物を食べちゃおう? »

2006年1月30日 (月)

お米の粉はしっとりよ

   旦那様は月1ぐらいの頻度で東京出張があります。春と秋には学会があって、これは全国回り持ちなので、沖縄だったり、千葉だったり。割とこまめにお土産(スィーツね)を買ってきてくれます。
   東京土産は、いろいろ試して、近ごろはコロンバンの「東京コルネ」に落ち着きました。パイ生地を12センチほどの円柱に巻いて(直径は100円玉ほど)、中にカスタード、チョコの2種類のクリームを詰めただけ。シンプルですが、飽きの来ない味わいがあります。食べやすいしね。うちの子たちは一人2本、もう手で摘んでバクバク食べてます。
   東京土産と言いますと、前世紀末から「東京ばな奈」というところが台頭、バナナ味の洋菓子が流行ってきてるようですが、わたしにはあれは物足りないんだな。「東京ばな奈みぃつけた」というネーミングも、バカにしとんのか、もっとマジメにせい、ちゃんとした方にさし上げられないぞ、と思ってしまうんで。
   だもんで、旦那様がこの前「しっとりクーヘン」というものをお持ち帰りになったときも期待度はかなり低かったんですが。
   「バウムクーヘンだよ」というので開けてみたら。
   これはなかなかなグラデーション。中心部が黄で(いや、バウムクーヘンだから中心は空洞)、ケーキの中心から外側に向かって真ん中当たりがやや濃い黄土色、外周部が焦げ茶色。3つの味の生地を1つに巻いたバウムクーヘンなのです。2番目はバナナ味、一番外側はココア味だそうで。これが、お米の粉を使った生地なんです。
   今、豊作続きで余ってるお米を粉にして小麦粉の代わりに使ってみるのがお料理界の流行みたいですね。パンだのケーキだの、よく聞きますよ。この前の、ニャンゴの学年のPTA企画「母と子のお料理教室」でも、白玉粉を使ったもちもちクレープでしたもん。なにやら、アレルギー持ちの子がいるそうで、その子も参加できるよう、お料理研究家のママにレシピを依頼したとか。なかなか考えてある企画と思いましたが。
   ガッテン風に言うと、お米の粉は小麦粉と違ってグルテン質がないため、粘らずしっとりした生地ができあがるとのこと。たしかに、この「しっとりクーヘン」もしっとりとねりきりのような食感でした。
   甘みも上品で丁度良かったです。機会があればお試しを。

|

« 「功名が辻」4 愛とは耐えること | トップページ | 天然記念物を食べちゃおう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/8408663

この記事へのトラックバック一覧です: お米の粉はしっとりよ:

« 「功名が辻」4 愛とは耐えること | トップページ | 天然記念物を食べちゃおう? »