« 2005年11月6日 - 2005年11月12日 | トップページ | 2005年11月20日 - 2005年11月26日 »

2005年11月19日 (土)

「おおきく振りかぶって」心理学科卒マンガ家?

   「おおきく振りかぶって」の作者、ひぐちアサ氏は心理学科卒だそうで。「心理学科卒らしい細かい心理描写が」云々とか、紹介記事にはもっともらしく書いてあって。へえ。心理学科卒には敵いませんな。おかあさんも将来を考えたら国文なんかチンタラやってないで心理に入ってればよかった……? 
   心理学科卒って「自己紹介で言うと怖いって言われるの」とか当人たちは言ってましたけど。そんなにひとの考えてることバシバシ解るもんですかね? その昔、心理学科生の揃ったわが合唱団で、お遊び企画で当時の3年生以上の女子についてお互いどちらかというとこんな性格、と「わたしの思う○○ちゃんの性格」というのをかなりしっかりしたアンケートをとったんですね。几帳面-大ざっぱ、いつも冷静-感情動きおおきい、積極的-引っ込み思案、などなどいろんな項目を立てて。それをさらにAちゃんだとこの3項目が突出していた、じゃあ、この3項目が目立つひとをAちゃん型(簡単に言うと、マジメで実力派タイプ)、Bちゃんだと、別の2項目が特殊、じゃ、これをBちゃん型(感情的女のコタイプ)、次、さらにCちゃん型(マイペース他人を気にしないタイプ) というのを設定して、20人ほどもいた女子をタイプ分けしたんです。おいおい。かなり面白い結果が出ましたが。なにせ東京で最大規模の団体で。幹部をやっていて目立つ子は、それなりにしっかりした個性をもっているし、そうでないと技術的リーダーとか、マネジャーとか、任せられないわけです。で、「自信に満ちあふれている」とか、「よく気がついて親切」というポイントが高いわけ。逆に、幽霊部員だと、もしかしてスゴイ個性を持ってるのかも知れなくても、よく知らなくて「この子、とっても時間にルーズ!」とかにマルつけちゃうことはできない。「……ともいいきれない」が続いて、「なんか特徴ないけどいいコ」になってしまうんですね。コンピュータ解析結果をにらみつつ、心理学科生が院生まで雁首揃えてああでもないこうでもないと人物評を繰り広げた結果、ただ一人、「解析不能」人が出てきまして。それがわたくしです。成立上決して類似してはいない概念である筈のAちゃん度もBちゃん度も高く、さりとてCちゃん度も平均以上とかいう結果が出て、もうお嬢さんたち匙をポイ、だったそうな。心理学科といえども、そうそう人の心を簡単には測れないものでございます。
   ひぐち氏の作品が優れた心理描写を備えておりますのは、氏が学校で学んだことを自分の仕事に生かしているのかも知れませんが、細かい心理的駆け引きの面から野球を描いたからと言って「心理学科卒」によるマンガというのはあんまり短絡的すぎないかなぁ、と愚考致しました次第。要するに、おかあさんは心理学を信頼してない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

悦楽・みるくてぃ

   ホットドリンクの恋しい季節でございます。
   近年コーヒーとの相性が悪くなって(お腹を下すんです)、もっぱら紅茶に親しんでおります。仙台は藤崎百貨店の地下食料品街、子供を休憩させる生ジューススタンドの横に紅茶売り場があって、子供にキウイジュースだのいちごジュースだのを飲ませておいて、おかあさんはウィタードやフォションの缶をみてうっとりしておるのです。ウィタードの缶は、銘柄ごとにイラストが描いてあって(またその色合いがくどい! パープル×ショッキングピンクの蝶々とか)結構派手なりに好ましかったりします。この前、ラベル絵で衝動買いしたのはアールグレイ。封を切ったらすさまじいベルガモットの香り。だめじゃん。これって、アイスティー推奨銘柄だった。紅茶王子にはまっていたのは何年前かな~~~~。
   気を取り直して、ホットでぐいぐいやっております。別に、慣れればなんと言うこともありません。
   さて、今を去ること数年前、本格ロイヤルミルクティーのレシピを手に入れて、おかあさんいそいそとトライしたときのお話。根が真面目なので、分量はきっちり量ります。水400CC、ミルク同量、紅茶の葉をティースプーン×杯、シナモンスティック1本、小鍋にわかして沸騰しないくらいにキープ(今、冷蔵庫見に行ったらレシピの切り抜きなくなってましたんで適当です)……。できあがったのは小鍋いっぱいの薫り高いミルクティ。おいしかったんですけどね、一人には多いです。
   「イギリスのひとはようけ紅茶を飲むんやなぁ……カーニャ、一杯飲んでみるか?」と、当時幼稚園年中さんのカーニャに与えてみたら喜んで。お砂糖結構入ってるし。
   「おかわり、おかわり~」
   よしよしと与えて、ふとレシピを見ると「4人分」との記述が。そーだよね。水とミルク合計800Cのところで気付けよ。旦那様にもお願いして飲んで頂いて(ニャンゴは危険を察して逃げました)。やっとお鍋が空いて。
   そうしてその夜
   「ねむくならないよう」とお目々爛々な娘を抱えて思いっきり後悔しましたとさ。
   おいしいのよ、おいしいんだけど……そしてレシピも散逸する4年後を迎えたと。今は適当にシナモンスティックをポットにぶち込んで、この前ホットケーキ焼いた残りのメイプルシロップを垂らして飲んでます。あったまる~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

学芸会 衣装が大変!

   着物を調達させられたカーニャに対して、ニャンゴの方はなんだか野犬を捕まえて処分するお話しらしく「野良犬の児童は犬をイメージした色の服」犬耳と尻尾の作り方図解付き。ニャンゴによると「黒い犬ばっかりだよ」。お子様のお洋服に茶色はまだあんまり着ないかな。「市長、議員等人間はスーツやシャツ、ネクタイなど役の雰囲気が出るよう工夫」って!? M山小は仙台市の市立小学校だから私服登校で、今のスポカジの流行を受けて子供さんもみんなTシャツにパンツ。おかあさんにとって密かに望ましい名探偵コナンくんのような格好で登校している少年なんて一人も見かけません。七五三も入学式も遠い昔の5年生がスーツなんか持ってるわけがなかろうが!!
   「シュウトくん(仮名)は着てたよ」
   「その子はお兄ちゃんが居るんだろうが! 6年生は卒業式でスーツ着るから2コ以上上のお兄ちゃんがいればあるよ!」そのスーツも考えれば無駄だよなあ、中学は学生服だし。まったく、なんて無茶な要求を出してくるんでしょう。
   そして、ニャンゴの役「職員は白っぽいシャツ、黒っぽいズボン」だったんです。ニャンゴは迷わず長袖白地Tシャツを選んで袋にポイ。いいのかな? と思ってたんですが。
   「おかあさん、みんな白いスーツ着てるんだけど」いきなり水曜日に言い出すんだもんな。
   「はぁ? 白いスーツなんかねーよ。設定変わったのか?」
   「わかんないけど、みんなスーツなんだ」
   「今時白いスーツなんかダークダックスでもなけりゃ着てねえって!」
   「ヤクザも着てないな」旦那様まで横から。
   「職員がスーツ着て仕事なんかするか! 白シャツでいいだろ! あったとしても、今からは無理!」と、大きな声で言い負かして送り出したんですが。
   昨日、学芸会児童の部を終えて帰宅したカーニャが、劇の感想を問われて
   「おにいちゃんだけ模様のあるシャツを着ていて変だった」と。そこでぴーんとひらめきましたです!(遅すぎ) 
   「おまえ、スーツって、白い、襟の付いたシャツのことか?」
   「ぼく、スーツってなにかわからなかったんだもん」嗚呼。旦那様は学会の時でもなければスーツなんか着て行かないけどさ。
   旦那様のワードローブからワイシャツを出してきて「こんなの?」と尋ねますと、うるうるしながら頷きます。そーよ、おかあさんもこんなんじゃないかと思ったんだけどさ。どーせなかったけど。旦那様から一枚お借りして、胴回りはそのまま、袖だけたくし上げて袖口で輪ゴムでしめてごまかすよう指示して本日送り出しましたです(ぽっちゃりくんでよかった)。

   スーツを知らないなんて。もう、なんて言ったらいいのか。そのものズバリの名前を正しく知らなくたって、もっと他に言いようがあるでしょうに。絵を描くとか。ホントに、コミュニケーション能力がない。呆れてものも言えないからここに書いてます。はあ~ぁ。

   ……もしかして、他の子のおかあさんに確認とらなかったおかあさんが悪い?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

学芸会 ツウはゲネプロを見よ!

   どーやら風邪引いたみたいで。子供たちを送り出して二度寝を決め込んでいると、電話。
   「おかーさん、宿泊研修の写真の締め切り今日だって!」やれやれ。小銭をいっぱい入れた申し込み封筒を持って(ついでに持ち帰ったまま学校に持って行き忘れていた給食当番のエプロンも)小学校へGO。学芸会の時に学校行ったついでに見本を見て注文じゃなかったのか。
   体育館脇を通ると、賑やかな音が。今日は学芸会児童の部でした。だから、昨日38度の熱を出したニャンゴも無理して登校したんだけど。森閑とした校舎でひとりつくづくと子供たちの写真を見て、一枚170円(高けーよ!)の料金をちゃんと筆算して確かめ算もして、封筒に入れた後、持ってきた糊で厳封。職員室へ持っていきますと……誰も居ねえ。お留守番の技術職員の方にお願いして体育館に寄ってみました。やっぱ、先生に一言いっとかないと。
   体育館の扉を開けたら、なぜか大人の靴が沢山。ああ、土曜日の父兄の部に来られない方ね……?
   M山小だけなんでしょうか、学芸会は児童の部と保護者の部に別れていて、同じ演目を2回やるんです。児童の部は平日にやって、先生からダメ出しがあって、次の週末に保護者の部でさらなる演技を披露すると。おかげで「児童の部の出来は80点、でも保護者の部は百点満点でした!」という報告が毎年。保護者の部の時は、出演の済んだ子供たちは客席に入らないで教室でおとなしくプリントでもやってるんです。うるさくすると迷惑だから。ナルホドね、児童の部はゲネプロか。ゲネプロというのは芸能用語で総練習のことですな。ゲネラル・プローベとドイツ語で言うところがいやらしい。
   さて、そのつもりで覗いたのに、なんでこんなに保護者が居るんでしょう? 客席も半分くらい埋まってて、立ってる方はみんなヴィデオカメラ構えてるし。
   「さおとめさ~ん」小声で呼ばれて振り向くと、薔子ママ(仮名)です。お姉ちゃんたちが同じ幼稚園でした。腕には先年産まれたご長男を抱いてます。
   「カーニャちゃんの出番はこれからなの?」
   「いや、単に忘れ物届けに来て。覗いただけ。土曜に用事でもあるの?」
   「小さい子がじっとしてない年頃のひとは、迷惑になるし、今日の方がいいって教えてもらったの。ヴィデオも、今日の方が撮りやすいって」ナルホド。そういえば、お子さんを抱いた方があっちにも、こっちにも。
   オペラもゲネプロを格安で公開している場合がありますな。ナルホド、ツウはゲネプロを見るのでありましょう。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

その名も「歯よくなーる」

   カーニャは解りやすい子で、構って欲しくなると病気をでっち上げるんですね。先週は、
   「歯が痛いの。保健室の先生は、虫歯だからお医者さんに行きなさいって」おいおい。やっぱり小学生の歯磨きは親が監督しないとダメかなぁと、去年新規開店した(お店じゃないって)歯科医院へ行きました。
   「おかあさん、ちょっと」先生ったら、見るなりカウンター越しに親に
   「これ、乳歯ですね。下から永久歯が来ててぐらぐらしてるんです」
   「む、虫歯じゃ?」
   「ああ、色素付いちゃってますけど、虫歯じゃないです。抜きますか? レントゲン撮ってみないと分かんないけど」
   原始的なうちに育ったわたくしとしましては、たかが乳歯にお金は掛けたくないですっていうか、掛けるという感覚がないです。
   「いや、いいです、自然に……」
   「レントゲン撮って!」診察台に乗ってまな板の上のにゃんこになっていたカーニャが口を挟むぅ! レントゲンなんか撮ったらいくらかかると思ってんのよう!
   「おまえはだぁっとれ!」
   「どうしますか? カーニャちゃん、この前撮ったのは去年ですよね?」先生、余裕です。
   「……撮ってやってください」
   「わーい♪」レントゲンというのはアブナイ光線で浴びすぎると白血病になるのだとこんこんと説いて聞かせる知識と根気がおかあさんには不足していました。
   結局、痛がってた左は抜歯、右はまだ時間的余裕があるというので様子見と言うことで、1000円くらいで済みました。ホッ。
   会計を済ませてカウンターを見ると、そこに小商いのために歯科医師会推薦(?)の歯磨き粉が置いてありました。前通ってた歯科医院も、隅々まで磨ける歯ブラシなんて置いてましたが、歯科医院は小商いしないといけないんでしょうか? よくよく見ると「ハヨクナール」って。
   「んまあ! こんなベタベタなネーミング!! やっぱり富山の製薬会社の?」と手にとって裏ひっくり返して製造元を見て。なんと東京は板橋のサカイ製薬の製品でした。プロポリス入りって、身体に良さそうですね。
   ……てな話をうちに帰って旦那様にしたら、
   「面白そう」って。旦那様はマイナーな薬品メーカーの茄子のへたで作った真っ黒な歯磨きなんかも面白がって使ってくれる方でした。丁度旦那様用の歯磨き切れてましたんで、早速買いにいって洗面台に並べておきました。薄い茶色というかベージュで(いいのか!?)、刺激が少なくまあまあな使い心地だそうです。自分でも試してみると確かにおかあさんお気に入りのクリアクリーンに比べれば爽快感に乏しい洗い上がりです。まぁ、市販のものでは刺激がキツイ方(うちのニャンゴです)にはよろしいかと。でも歯磨き粉で黒はともかく茶色はヤバイだろう!! ちょっと引きました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

慶祝! ドンマイプリンセス

   今朝はナマズさんにたたき起こされちゃいましたね。こわかったね、でも大丈夫とニャンゴを抱き寄せて、一緒に二度寝したら寝坊しちゃいました。だめじゃん。
   今日の地震は、その筋ではかなり前から予言されてました。あのね、畏れ多くも紀宮清子内親王殿下のお慶びごとの時には、天変地異が多いんだそうです。例:去年の暮れのインド洋大津波。2ちゃんねるでは専用のスレッドまでできて、あれこれ調べ上げてましたが、ま、あそこは暇人多いですから。ご慶事の付近って、どれくらいを付近と設定するかによって、今はニュースもグローバルですから、地震雷火事親爺、いくらでも引っかかりますって。ドンマイン、宮様。宮様は、同人趣味をお持ちと一部では有名で、女官をコミケにお遣わしになったとか、同人誌を御所に通販して先帝陛下にお目玉を食らったとか、それ系の逸話を漏れうかがっております。可愛らしさで大人気の秋篠宮の佳子様、眞子様とはまた別の意味でオタクに敬愛されるプリンセスだったのよ。
   紀宮様のお人柄を語るに、皇后陛下が仰せになったエピソードで、皇后陛下が失敗をなさって落ち込んでおられるときには必ず「ドンマイン」と宮様が仰って、それでずいぶん御心が安らいだというのがありました。わたしは、
   「21世紀だと皇室の方でも『おたたさまどうか御心を安んじられて』とかは言わないんだ」そして
   「皇后陛下のように外国語に堪能でいとやんごとなくあられると『ドンマイ』じゃないのね」と思いましたです。
   とにかく、お心のやさしい、まじめなお方とお見受けしてちょっと身近にも思い、また尊敬しておりましたのよ。ご公務にも熱心であられたとか。
   きっとこれまでの天変地異は、愛娘をもぎ取られる両陛下のココロの叫びをナマズさんたちが代弁しちゃってたのでは?
   ドンマイン、プリンセス。
   震度3なんか、うろたえるような災害じゃあーねーぜ。富士が噴火したり、佐渡島が沈んだりとまではならないんでしょ? 宮城県民(&福島県民?)は地震になれてます。これからも、ナマズが身もだえするほどにお幸せを重ねて行っちゃってくださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お名前の化石

   わたくしは幼い頃より実母に「まいちゃん」もしくは「まいこちゃん」(仮名。本名を知る方は代入してお察しください)と呼ばれておったのですが。先日来、どうも感じが違うと思ったら、母はわたくしを「まいこ」と呼び捨てておったのです。これがなんとも「ま、い、こ」とストレス(強勢)を置いたようなぎこちなさで。で、ある日その意味するところを尋ねましたところ
   「もう嫁に行ったような娘をちゃんづけで呼ぶのはおかしいって言われたから」だそうで。ま、そりゃ、そうだ。
   愚息ニャンゴもまた仮名であるわけですが(当然だ)、産まれて以来彼を旦那様と二人では「にゃんにゃん」と呼んでおったわけですよ、実は。金沢の方で娘さんを「にゃあにゃ」というというのはこじつけで(男だし!)、やっぱり生まれたての頃、仔猫のように可愛らしいと親ばかになっていた頃の名残でありますな。今でも
   「にゃんにゃんくんは?」
   「試合で疲れて爆睡中」のように使うことがあります。さすがに人前では恥ずかしいという感覚はあったのですが、幼稚園の入園書類に、
   「(園内でも呼び慣れた名で呼んであげるため)日頃どのようにお子さんを呼んでおられますか」という欄があって……硬直。躊躇はしたんですが
   「       にゃんにゃん」と小さく薄く書いて出しました。それが、無事通い始めて5月ごろ、バスを降りた息子に先生が呼びかけるではありませんか。
   「にゃんごくんまた来週ね」……本名のごは残したのか。嗚呼、先生ご協力ありがとうございます(号泣)。というわけで彼は早乙女にゃんごくんとして幼稚園生活を送ったのでした。
   小学校に上がるとき、彼らの間で暗黙の了解があったのか、うちの幼稚園からM山小学校に上がる子供が少なかったせいか、小学校では本名で過ごしております。もう、お外でニャンゴと呼ぶと怒られます。でもお友達のママはそう簡単に切り替えられてないんだな。
   「シュンくん(仮名)のうちに行くと、シュンくんママは幼稚園からオレを知ってるからにゃんごって呼ぶんだよね。ちょっと恥ずかしい。みさきちゃん(仮名)のママもそうだよ」そりゃそうだよ。彼女たちの中では君は永遠に「にゃんごくん」なのだ。
   「おおきく振りかぶって」で、ちょっと女の子っぽい名前のキャプテンが、おかあさんに人前で名前で呼ぶことを禁じている描写があって思い出しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

ようこそここへ……万能カッター

   今年の春、出張前の夫婦の会話です。
   「出張先は燕」
   「というと、燕三条の?」上越新幹線の駅名には詳しいです。
   「おう」
   「というと、スプーンとかフォークとか」
   「おう」お土産期待できないな、と思いましたが。まぁ、にゃんこのカワイイ写真を持つところの先に七宝焼のように焼き付けたスプーンセットと、ちょっとしたコーヒースプーン(なぜかよくなくすんです。うちの流しのストレーナーの下はきっとスプーンの墓場)。
   「で、これがおまけ。1000円以上買うと付いてきた」というのは、オレンジ色の10センチばかりの柄のついたペンギンさんの……。
   「夏みかんカッター?」うわ、いやだ。わたし、大きいミカン系ってダメなんですよね。旦那様は好きなんだ、でも自分では絶対剥かないヒト。これは大きいミカンを食わせろと言う有形のプレッシャー?
   「いろいろ何にでも使えるらしい」説明書を読むと、プリンや納豆のシュリンク(薄い透明フィルムで3,4コ仲良しに包装してあるアレ)を開けたり、レトルトの袋を開封したりにも使えるそうで。へえ、でもキッチンハサミあるし、としまい込んだんですが。
   「アレは使わないのか」と、またしても旦那様の御下問を受けまして、使ってみましたとさ。
   使い心地良かったです
   ペンギンのくちばしを、張り詰めたシュリンクにぷす、とあてがって引くと、面白いほどに開くんです。嗚呼、日本の手仕事に栄光あれ。なんてキモチいいんだ! 納豆も、プリンも、開く開く。切れ味良すぎて、一度、その下の納豆のタレも全開しちゃったのは困ったけど。たぶん、最近立ち読み対策にかかってるコミックのシュリンクもホイホイ開けると思いますが、キッチンから持ち出すとなくしそうで、それは未トライ。
   皆さんも、刃物市かなんかでお見かけの際はぜひお買い求めください。損はしませんよ。
   それで結局大きいミカンはお出ししてません。文明の利器をどんなに揃えてもらっても、ヤッパリ面倒なのよぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が愛しの隻眼キャラ

   方向性を戻そう。
   「メガネ男子」も良いですが。
   「激濤」(11月の本の欄をご覧ください)は、前から興味があったんですよね。日本海中部地震の津浪の被害って悲惨でしたから。お山の小学校の子が遠足で海に来て、あ、地震だ、でも収まったし、海初めて見たよ、わーい! って、砂浜でお弁当広げてるときに津浪に遭ったって。可哀相。合掌。
   ってことと、表紙に釣りのスタイルをしたお兄さんが描いてあって。帽子にサングラス、赤いチェックのシャツに釣り用ベスト、下はブルージーンズといういでたちといい、シルエットと言い

          魚 紳 さ ん そ っ く り だ っ た ん で。

   ええと、「釣キチ三平」に出てくるカッコイイお兄さんキャラです。魚紳はファーストネーム。やっぱり釣りが好きなお父上につけられたんですが、幼少期の釣りの時の事故で片目を失い、親御さんとの関係もぎこちなく……という過去話がまたせつない。釣りがうまく、三平を優しくまた厳しく指導してくれてました。
   まさか本人が出てるわけないと思いつつ、狂言回しとして架空の人物ってのもありかと。それで手に取ってみたと。……魚紳さんじゃなかったです。
   魚紳さんはマイ・ファースト・メガネキャラであったかも知れません。サングラスだけどさ。
   じゃあ、世の中には眼帯フェチもいるのでしょうか。とりあえず、隻眼キャラは意外と多いかも。魚紳さんをはじめ、三国志から夏侯惇どの。マンガからはキャプテン・ハーロック。スカーレット・ウィザードのケリーも個人的に入れて欲しいですね。大切な器官を失っているというところに大きなドラマがあってみなさん当然魅力的ですな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

ざ、懺悔します

   本日の夢に阿部くんが出てきてしまいました。同じチームで(どんなパラレルな世界の話や)えと、非常に独占欲を発揮されてしまいました(汗、汗、大汗……)。
   マンガのキャラクターが夢に出てきたなんて初めてです。旦那様、ファンの皆様ごめんなさい。
   夢と知りせば覚めざらまし。もっと大胆なことを想像すれば良かったのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月6日 - 2005年11月12日 | トップページ | 2005年11月20日 - 2005年11月26日 »