« 2005年10月2日 - 2005年10月8日 | トップページ | 2005年10月16日 - 2005年10月22日 »

2005年10月15日 (土)

五七五は難しい

   わたしは「サラダ記念日」世代で。大学で国文やってる時にセンセイが「こんなの今流行ってるんだって」と本を出して反応をうかがって来たという。
   「え~っ。こんなの短歌として認めたくない」缶チューハイ2本のプロポーズと言い、彼氏にサラダつくって褒めてもらって記念日にしちゃうところといい、実に同年代ノリであったわけですが。短歌はそんなもん詠んじゃっていいのかい? 口語でそこまでやっていいのかい? ってこだわりが。頭の固い優等生丸出しの反応。
   それまでも、三十一文字をいじくることはしてました。ポエムよりは、短歌のほうが投稿先は開けていて。朝日歌壇も、狙ってみようかいとある程度読んでたんですが、あれはなんかスゴイですね。ラーゲリに逝った友とか、出征した兄とか詠まないと採ってもらえないような。無理じゃん。
   それでNHKの歌壇やら俳壇の番組を見て修業しようと。
   今イチの句を取り上げて、どう直せばいいのかというコーナーなんかは結構参考になって、「ここんとこもうちょっとゴロを直せば」とか、「こっちを頭に持ってくれば収まりいいじゃん」などと自分でも修正案考えて見て、番組担当の俳人さんの意見と一致したときにはにんまり。
   ところが、短詩型は、ムチャクチャな解釈を許すところが痛いです。
   大昔、こんなカンジの句があって。
   「林檎剥く せめても妻のできること」
   えらい俳人のセンセイが、これにケチを付けたんです。
   「妻が林檎を剥くなんて当たり前。全然『せめて』じゃない。これは、夫にすればよい。つたない手つきで夫が妻に林檎を剥いてあげる。これで生きてくる」って。
   違 う だ ろ
   林檎を剥くシーンは、平和なお茶の間の食後じゃないって。夫は入院してて、医者ならぬ妻には夫の痛みを減らしてあげることも、代わってあげることもできない。だから「せめて」林檎を剥いてるんじゃないかと。
   なんか哀しくなって、腹にむくむく何物かが沸き起こるのを止めがたくなって、それきり俳壇見なくなって。
   この前、つけっぱなしのNHKが俳句番組をまたやっていて、また人様の俳句に点を付けていて。この日は台風が題。
   「一人寝のベッドに二人台風過」
   これは、「台風過」が季語なんだと解釈しましたが。
   「台風が激しく家の近くを吹き過ぎていく、その夜、シングルベッドに二人腰掛けて夜話をしている」云々と解釈をしていて。え~~~!?
   これはさ、シングルベッドにふたり。
   嬉し恥ずかし遣らずのタイフーン(ハァト) って句じゃないんですかい?
   坐 っ て る わ き ゃ な い だ ろ う !?
   この嵐じゃあ、上下左右遠慮なしで。二人にとってハジメテだったりして。だといいな。もう翌朝は、輝くような後朝。うわ~~~!! なんて、イロイロ妄想の限りを尽くしましたよ?
   NHKだから清純な解釈をしたモノか、この選者が朴念仁なのか。
   やっぱりおかあさん、俳句とは合わないみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

牛の赤ちゃんはどこから?

   4年生には牧場見学がありまして、ニャンゴは乳搾り体験もさせてもらったそうな。そのときのレポートを読ませてもらってたら。
   「この牧場にはメスの牛しかいないそうだけどそれでどうして子牛が生まれるのかフシギに思った」
   ううん、いい疑問だねえ。
   「ニャンゴ、それはだな。  
   いっちば~ん! 子供が産まれる注射があって、それを射つとあら不思議、子牛ができてしまう!
   に~ば~ん! 流しのオス牛がたまに現れて、一週間だけ結婚して子供を作る! そんで『ハニ~、俺はひとつところにとどまって生きられないサダメなんだ』とかいって去っていく!」とノリノリで言ったら
   「おかあさん、俺子供じゃないし」とクールにかわされてしまいました。
   ウソじゃないもんっ! おかあさんおちゃらけた表現だけど事実だもん!!(事実だよね? まさか年に一度牛のカーニヴァルがあって、日本中の牛が集まってそこで集団お見合い&結婚をして子供を作ってまた牧場に帰っていったり……しないよね?)
   カーニャが先日生協で行った牧場でも同じことを言ってたけど、カーニャは疑問にも思わなかったです。ダメじゃん。
   「オスの子牛はどうなるんですか?」と質問していた子がいたけど
   「オスは牛乳を出さないのでお肉になってもらいます」とちゃんと答えていました。哀しいけど、これ、現実なのよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「彩雲国物語8」今度は疫病

   「彩雲国物語8心は藍よりも深く」ゴメンよ、前巻じゃあぼろくそに言っちゃって。今回かなり持ち直しました。愛の垂れ流しがなかったんで(やっぱりキツイ)。
   今回、秀麗を襲った苦難は疫病禍。まだ克服できてませんが、今回はちゃんと交渉術とか、決断力とかでお役人や商人連中を動かしてます。命のカウントダウンの始まった彼も、やることはキレイにやってくれてます。この作品の魅力がちゃんとでてる巻と思いました。おじさんやお兄ちゃんも分量を弁えて控えめに暴走してるしね。
   劉輝が王様らしくなっていて非常に感じ入りました。彩八仙がだんだん現れてきて、シリーズに巻きが入ってるのが見て取れてなんだかせつないです。いや、このままエンドレスよりは、有終の美を飾っちゃってくれた方がいいに決まってますが。
   この前、少子化対策についての本が隣り合わせて売っていたのを両方パラ見したんですが(要するにどっちの本の内容か忘れた)、女性の高学歴化がなによりいかんでしょうとのこと。子供を産むのはそりゃ20代に越したことはない。でも、四大出たらやっぱそれなりに働きたいし、25までに嫁に行くなんて笑止、となってしまう。それに比べ、子育てを終えた主婦が大学にはいると、熱心さ、優秀さ、若い学生を凌駕しておる。じゃあ、子供を3人産んだ女性は国立大学授業料免除にして、先に子供生んでもらえば? なんてマジメな暴論が。
   これを思い出して、秀麗はさ、ある程度官吏として優秀なことを証明して、そろそろ後宮に入ったらどうかと愚考するのであります。だって、皇帝自らが秀麗じゃなきゃイヤだと言ってるんだから。10年先、50年先の国造りを志向したって、劉輝に跡取りがいなかったらまた国は乱れちゃうじゃないですか。子供を産むのだって立派な国への貢献です。今んとこ秀麗にしかできないし。そんで、見事に皇太子を産んだらその場で「産褥の床で薨去」ということにしてまた後宮をコッソリ辞して、あとは別人の紅州牧として好きなだけ官吏の道を究めりゃいいじゃん。定年退官のあとで皇太子と涙の対面でもしてもらって(ちゃんと男が産まれるかとか夭逝したりしないかというのはそれはご都合展開でいってもらう)。子を産み育てるのだけが女性の幸せだなんて口が裂けても言いたくないけど、女性の社会進出という理想を追い求めるあまり、自分や周りの人の幸せを犠牲にしたり、社会が行き詰まるほど生物としての本能を疎かにするのはいかがなモノかと。
   秀麗は「自分が」官吏になりたいだけで突っ走ってまして、「他の優秀でやるきのある女の子」のことをなんも考えてないんでいいんですが、この世界、秀麗以降は困ると思いますね。元気な女の子がのし上がるストーリーとしては、人徳と人脈でみんな解決よ! ってのはアリなんだけど……。物語上はもう2年経ってるんでしょう? 次の国試には挑戦する女の子はいなかったの? たとえ落ちても、紅州牧を目指す女の子は出てこなかったの? ただのスーパーガールストーリーなのかぁ。後続への影響を考えると、結局后妃への登竜門になっちゃ困るんで、後宮入りは絶対無理か? やっぱり秀麗は振り抜くのがベストな選択なのか。寂しいけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

どりーむばとんを頂戴しました

「どり~むばとん」
Q1、小さい頃、何になりたかった?
Q2、その夢は叶ったか?
Q3、現在の夢は?
Q4、宝くじで3億円当たったら?
Q5、あなたにとって夢のような世界とは?
Q6、昨晩の見た夢は?
Q7、この人の夢の話を聞きたいと思う人は?

A1、何を隠そう、小学校1年生では「ふじんけいかん」、でした。交通事故で命を落とすひとが出ないことを祈念していたと。 

A2、はい、叶ってません。「逆上がりができないひとはふじんけいかんにはなれないんだよ」と言われてすぐ諦めるようなへろい子供でしたので。運動音痴なんです。

A3、現在の夢は、自分の妄想の塊を乙女の皆様に読んで頂くことです。波津彬子さんにイラストをつけて頂きたいというのは野望の範疇に入りますか?

A4、ほほほ。よく子供たちとその仮定では相談してます。まず、マンションのローン完済、使い込んだ子供たちのお年玉貯金の返済、へそくり口座の補填、もろもろの借金をなくし、子供たちの学資をたっぷり準備したあとは金沢におうちを建てます! ちゃんと人数分ベッドルームを確保し、旦那様用オーディオルーム、おかあさん用カラオケ&声楽ルーム、パソルーム、そして実家と旦那様実家に分散してしまって散逸間近の本をまとめてきれいに保管するためのちゃんとした書庫!! のあるおうちを。

A5、ううむ。本が読み放題、あ~んど、お菓子食べ放題、ですか。あ、プラス、体型はキープね。旦那様の実家の本を好きなだけ借り出して実家に持って行ければいいんだけど……。最近実家も居心地悪いし。それは、居心地の良いきれいなおうちにこしたことはありません。

A6、あら、最近夢は見ません。睡眠が深すぎるのかな。昨日は、これだけは堪忍してくれという悪夢だったと思ったんだけど、そう思ったとたんに目覚ましが鳴って、目覚ましをセットしておいてくれた旦那様に心から感謝したんでした。

A7、それじゃ、とむ影さんに回しましょう。根回しがなくっても、純粋にうかがいたいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月11日 (火)

がんばれおにいちゃん

   母子がアニメを見ておりました早乙女家。おかあさんがふと思いついて。
   「ニャンゴや、ガールフレンドはモモッチ(西澤桃華@ケロロ軍曹。主人公に片想いする大富豪令嬢。二重人格)のようなお金持ちのお嬢様に「ニャンゴく~ん!」と言われたいか、それともアニシナ(フォンカーベルニコフ卿アニシナ@今日からマ王!。眞魔国三大魔女の1人。貴族の名家の出で魔力の日常生活への利用を目指すマッドマジカリスト)のような美人の幼なじみに「ニャンゴ! 実験に協力しなさい!」と言われたいか?」と尋ねてみますと。
   「それはモモッチだよ」と即答。
   な ぜ だ !?  無理めの美女をごろにゃんさせてこそ男子の本懐! じゃないのか?? それが今流行りのツンデレというものでは……おかあさん妄想全開。いやしかし、アニシナって発明が役に立たない上フェミ入ってるし……(ある意味最凶)。いや、それを言うならモモッチだって二重人格で迷惑なことは比較にならないし。おかあさん、質問自体が究極の選択という奴だったんでしょうか?
   後日。またしても母子してアニメ鑑賞中。本日は「ケロロ軍曹」男のロマンを追う宇宙探偵コゴロー(生活力ナシ!)とそのけなげな妹ラビーの出てくる回(レンタルDVD)。ニャンゴがぽつりと
   「カーニャもラビーみたいだったらナァ」
   嗚呼。おかあさん忽然として思い当たりました。ニャンゴは日常が既にしてフォンヴォルテール卿グウェンダル(@マ王。幼なじみアニシナの尻に敷かれる上に恋愛感情は持ってもらってないらしい大貴族のお兄さん。苦悩系美形。デルフィニア戦記で言うならノラ・バルロ)だったのです。ツェリ様(フォンシュピッツベーグ卿ツェツィーリエ@マ王。眞魔国の先王陛下でグウェンダルの母)に美貌と魔力でこそ劣るとはいえはた迷惑さとパワフルさでは負けていない母と才気煥発かわいさ爆発だけどあたしが大将! な妹に挟まれて……苦労しておったのだなぁ。
   しみじみとニャンゴの頭を撫でてしまった秋の晩でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

「我が家のお稲荷さん。5」愛されているひとは余裕!

   「我が家のお稲荷さま。5」やや詰まりながらも巻を重ねております。今回は、クリスマス。3巻から昇兄ちゃんにモーションを掛けていた美少女クラスメイト宮部紅葉たんが牙を剥きます。あ~鈴の瀬ってホント~に人外魔物の存在率高いですね。場がそういうパワー持ってるんですかね。
   対する高上兄弟はおっとりと無防備。寛容でもあります。それは、平和ボケなんじゃなく、お育ちがいいから。お育ちがいいというのは、ノーブルな家系でお金に不自由いてないと言うんじゃなく、まっとうな感覚を持つ家族からたっぷり愛情を注いでもらったと言うこと。やられたらやり返すとか、自分の持っているものを損なうことを少しでも許さないとか、そういう感情と無縁なのです。逆に、何かに飢えているモノが彼らを襲うんだなぁ。
   そうして、自らの力を信じている天狐空幻。無抵抗主義では決してありませんが、ヨユー。自分の愛するものの味方と見極めた美咲ちゃんに対しては……いや、かなり利用しているけど、かなり彼女の権利っつーか自由を侵害してるけど、開けっぴろげなんだな。どっちかって言うと、ありんこ程にしか思ってないから寛容に振る舞えるような。嗚呼、彼女のためにあまり追求しないでおこう。敵意ではない、敵意では……。
   今回、かろうじてパパは登場できたけど、エコノミック・ゴッド恵比寿ちゃんの出番がなかったのが残念。歳末セールで大変だったんでしょう。やっぱり自分の店の前に立ってクリスマスケーキやチキンを売ったりしてたんでしょうか。
   そんでもって、「ジョナンってな~に?」「女難というのは……幸せな不幸!」というエピローグの台詞が、2ちゃんねるの某いちばんアツい板(発売当日に「アルスラーン読んでる」と書き込みがあったところ)でも昨日確認されており……いろんなひとが集まってますな、ホントに、あそこは。お仕事に燃えるお兄さんばっかじゃなかったんかい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

新刊続々出来!

「お稲荷さま。」の記事を書こうとリンクをたどっていったら。
                                  ……「彩雲国」がまた出たそうで。
順調に出版ペースだけは守っておるな……(内容もちゃんとしてくれよブツブツ)。とりあえず読んではみるけど。嗚呼、読書の秋だなぁ。ということで「お稲荷」の長い感想は明日。明日ニャンゴ試合だからこれからお弁当作らなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

お入園・お入学グッズの寿命

   幼稚園の入園願書の配布も始まり入園・入学準備の季節の始まりです。地域や園・学校により出入りはありましょうが、うちで作らされたものはざっと以下の通り。

   幼稚園 
     絵本・スケッチブックを入れるB4対応の手提げ袋
     座布団(ここが北国っぽいところよ。ニャンゴのドラえもんの絵柄のおザブは旦那の野球観戦や学会で固いイスに坐るときにまだ役立ってます)
   小学校
     体操服を入れる巾着
     連絡帳とプリントを持ち帰る袋
     お箸セットを入れる袋
     給食の時机に広げるランチョンマット
     ハサミ・糊などお道具を入れる巾着

   上履き入れなんかは市販のもので良かったので助かりましたが。お座布団も、園から斡旋もありましたが母が手作り好きなので任せちゃいました。あ、そうそう、作ったのは母です。わたしは端をバイアステープでくるんで縫うだけのランチョンマットと毎学期持っていくぞうきんぐらいですね。これが、おかあさんに頼めなくて、しかも自分も好きじゃない、巧くない、暇がないおかあさんだとどんなにご負担なことでしょう(もらい泣き)。
   この需要を当て込んで、仙台中心部だとマブチ、手芸材料店が今から大攻勢です。日本のプリント技術のすばらしさよ。キティちゃんなどサンリオ製品から、ミッキー、プーさんのディズニーキャラクター、ポケモンやおジャ魔女などアニメキャラクター、果てはプラレールから機関車トーマスまで、版権ものの絵柄が色鮮やかに綿布の上に展開しているのであります。だから、廊下にかかっている体操服袋のキャラクターの流行りを見ていると学年が類推できたり(デジモンは長かったけど4年限り。ポケモンでもキャラクターに入れ替わりがある)。ま、どんなマイナー趣味なお子さんでも満足できる品揃えでしょう。お金さえ払えばね……高いんだ、これが。うちの子は結局大手のキャラクターじゃないデザインものの絵柄で妥協してくれました。
   ところが、これが。小学校生活は長うございます。あれだけかつて愛したキャラクターでも、高学年になるとイヤになるんだ。ニャンゴは、小3ぐらいで幼稚園以来のプールバッグが壊れて、新しいのを買おうとすると……ないんだ、お好みに合うのが。男の子用のキャラクター自体が少ないし。カナ~リ悩んだ揚げ句「しんかんせん」にして、でも、5年の今はもうとっても嫌々持って行っている模様。おかあさんは断固として買い換えを拒否。でも、お友達の家にデュエルマスターズカードをやりに行く時はドーナツ屋であてたリュックをまだ使ってますけど、ライオンさんの絵の。
   仙台市は給食にお箸とスプーン持参なんだけど、その給食セットもしんかんせんで。中学校の給食もかしら? 中学生向けお箸セットってあるのかしら? よそのお子さんは「おにいちゃん用」に持ち物を変えるのはいつ頃なのかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月2日 - 2005年10月8日 | トップページ | 2005年10月16日 - 2005年10月22日 »