« がんばってる7&Y | トップページ | 耽美な精神もまた健全な肉体に宿るか? »

2005年12月15日 (木)

お騒がせ楽天マスコット

   ストーブリーグと言うのだそうで。
   プロ野球の公式日程が全部終わって、来年の春また逢いましょうと一応お別れして、その間プロ野球選手がナニをしているかというと、契約更改。今年はこんだけ働いたのだから、お給料あげて欲しい。球団側は、期待したほど働かなかった選手は給料を下げるなり、解雇するなりしたい。そういう駆け引きの行われておる季節ですが。
   楽天の第3のマスコットMr.カラスコが、年俸交渉で決裂して(楽天の6人いた外国人選手の誰より活躍したから倍額、とか今度ソフトバンクに入る人間のカラスコと同額とか言ったらしい)、こともあろうに同じ黒い鳥(燕)をマスコットにしているヤクルトへの移籍を示唆しているんだそうな。登場以来、他のマスコットに蹴りを入れたり、外野をバイクで暴走したりと悪役キャラで人気を得たカラスコですが、そこまでやるか。しゃべらないという設定なので、連れてきたその代理人が仙台育英のコーチに来ているベネズエラ人のもとオリンピック選手……なに考えてるんでしょう? あ、日本語は堪能だそうで。球団社長は強気で
   「そもそもMr.カラスコは勝手にフルスタにやってきただけで契約した覚えがない 」
   「言葉が通じないから契約も成立しない」
   「ゴミをあさって満足だろうから報酬などいらないのでは」
   「肖像権はカラスだから関係ない」
   もう、ビジネスライクというか、なんというか。真面目な顔して何言ってるんですか、シャチョー! あれだけカラスコで儲けておいて!
   会見場は普通の選手の契約内容の時より取材陣が多かったとかで、これは、解っててやってるパフォーマンスなんだろうなあと面白がるのが筋なんでしょう。写真を掲げて名指し(?)されたヤクルト古田監督の方もノリよく
   「ぜひウチにほしい。 『東京でやらないか』とラブコールを送る」って。みんな、盛り上げようと必死です。あ、そーか、来年はワールドカップの年だからだ。がんばってください。

   で、イーグルスがどのくらい仙台に根付いたかと申しますと
http://sendai.mitsukoshi.co.jp/pickupinfo/gourmet/rakuten/index.html
   こーゆーケーキが出るくらい。やりますね。メーカーのロワイヤルテラッセというのは、あの仙台銘菓萩の月を作ってる菓匠三全の洋菓子部門ではなかったかしら。味は期待できますね。30台限定じゃうちが買うのは無理かな? もう一つの方、普通クラッチとクラッチーナの載ってる方が先だと思いますけど。「一番人気だから」って、カラスコのチョコレート飾りの載ったクリスマスケーキだそうで。それが地元の藤崎百貨店じゃなくて全国区の三越ってのがまたスゴイ。
   カラスコも一年ありがとう(でも、デビューは4月だからまだ半年チョイですが)。ゆっくり休んで来年もまた仙台をめちゃくちゃにしてください。   

|

« がんばってる7&Y | トップページ | 耽美な精神もまた健全な肉体に宿るか? »

コメント

やっぱまだ本調子じゃないんでしょうか? 変換ミスがいっぱいあったので修正しました。

投稿: まいね | 2005年12月15日 (木) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お騒がせ楽天マスコット:

« がんばってる7&Y | トップページ | 耽美な精神もまた健全な肉体に宿るか? »