« 賢者のおくりもの? | トップページ | 納会の人気料理は? »

2005年12月10日 (土)

マ王の後番組はバカとの!

   本日発売のニュータイプ誌上での情報。
   NHKBSアニメ劇場、「今日からマ王!」の後番組は同じく角川から「彩雲国物語」だそうで。やられた、そう来たか。確かに王様もので少女たちに絶大の人気、だわ。掲載された画像は原作挿絵のケンを取って流麗にした感じでわたしはこっちの方が好みです。刊行中ということで、あまり謎の根幹部分には踏み込まず、中華風ファンタジーの細部を埋めていく方針だとか(NHKのHPに行っても告知はなんにもないよ? ガセじゃないだろな)。
   さすがだ。デビューするなら角川にしよう。メディア展開バリバリしてお金持ちにしてくれそうだ(それ以前に人様に読んで頂けるものを書け)。
   いや、最近少女小説分野も激動で。集英社コバルトは老舗ですが、もはやボーイズラヴの濁流に呑まれ、心あるファンは泣いているのだとか。心ある大御所も
   「ボーイズをやめない限り○○の続編は書きません」と仰っているのだそうで。誰よ、その勇気ある大御所は? おかあさんその途中までの大河作品買い支えに行ってあげるから。
   講談社ホワイトハートは「十二国記」以来強気で。でも、「十二国記」以外読みたいと思う作品はナイですな。いつかホワイトハートに出せるような歴史物を、と思ってるのにヘタレな話にしかならない、どうしたものか。受賞作を見るかぎりコバルトより年長の読者も視野に入れているようで、具体的にいうと、性描写もアリ? ってカンジ。「マリア」(榛名しおり)が衝撃的だったから。これと「十二国記」のおかげで、ホワイトハートは歴史ものでも大丈夫というイメージがありますな。
   角川ビーンズは、うまくいくとAsukaで漫画化、そうでなくてもCDとかアニメとか、メディア展開が素早いイメージが。いえ、他の出版社の作品でまったくそういうことがナイというわけではないですが。ボーイズの匂いは隠れ蓑程度にしますが、作中必ずそれがあるというわけでもなく(とりあえず、○マシリーズと彩雲国は表向きその要素はない)、おかあさんでも手に取りやすいです。いや、不惑を前にしたレディーが少女向け文庫に興味を持ってる時点で終わってます。いいんです。おかあさん大人になり損なってるんです。いい加減認めよう。
   ま、そういうことで、やっぱ角川強いわと。

|

« 賢者のおくりもの? | トップページ | 納会の人気料理は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/7560133

この記事へのトラックバック一覧です: マ王の後番組はバカとの!:

« 賢者のおくりもの? | トップページ | 納会の人気料理は? »