« 納会はおうちに帰るまでが納会です? | トップページ | バトンを頂きました »

2005年12月11日 (日)

世の中セコイ奴ばっか

   よくわかんないのにすいません。みずほ銀行のディーラーさんが、どこぞの株を、61万円でひと株売ろうとして、オペレーションミスをして、1円で61万株売る注文を出しちゃったと。ありゃ、間違えたと思って訂正オペレーションしようとしたんだけど、あせってたかできなくって、最近バブル再燃とかでみんながんばってる株式市場、掘り出し物めっけとばかりに既に売れちゃってた。もともと物はひと株なのに、2000株、3000株の受渡日が、週明けには来てしまうとか。
   東証が災害の時の特例を応用してお金で勘弁して貰えるよう調停に乗り出したとかいってたと思ったら、夕方には
   「訂正のオペレーションができなかったのは、東証の方のシステムの不具合でした」って、今度は東証のお偉いさんが頭下げてました。
   よく認めるようになりましたね。昭和の頃なら東証が頭下げるなんて考えられない! と思うんだけど。
   いいえ、それより、
   「なんかえらいことになってるんだけど、みずほさん、あれ、ホント?」と電話で確認するひとがどうして誰もいなかったんでしょう? 東証の取引所としての権威というのは偉大で、明らかにミスと思える値付けでも、一旦注文を出してしまったら取り消しは効かないというのならまぁ解らないでもないですが、それならそれでなおさら。紳士協定的に人間の方でフォローする仕組みがあってしかるべきじゃない?
   ネットの世界じゃあよく聞く、オンラインショッピングの掲示で、売値の桁をひと桁付け間違えてしまってて、最新パソコン2万円!? 今のうちだ! って口コミでネットの住人が注文出しつづけて、会社側が気がついた頃には被害甚大、って話、去年ぐらいには時々あったと思ったけど。それの株式版でしょ? あ、オペミスだなって、プロなら気づいたはずなのに。どうして指摘して、武士の情けで買い控えることをしてやらなかったんでしょう? 常識で考えて、61万株を受渡日に用意できないことになったら東証は大騒ぎになって、純粋にその売却利益が取れるとは考えられないだろうのに。
   火事場泥棒みたい。
   利益が出せれば手段は問わないみたいな。得するチャンスなら自分も乗り遅れてはならないって。
   日本人はこういうセコイことやれる民族だったんでしょうか。

|

« 納会はおうちに帰るまでが納会です? | トップページ | バトンを頂きました »

コメント

ゴメン、みずほ銀行じゃなくって証券の方だった。
やっぱり、火事場泥棒、野村證券とゴールドマンサックス? 相当買い漁ってたって。
でも逆にこういうチャンスに買っておかないと、上から怒られちゃうのかしら? おかあさん的には、この件で名前出ちゃった野村とゴールド満作の印象はサイアクだけど。
 

投稿: まいね | 2005年12月12日 (月) 21時59分

これ、どうして値幅制限に引っかからなかったのか不思議だったんですが、やっぱり、引っかかってはいたようです。値幅制限というのは、たしか、その時の基準の価格から非常識に高い価格、安い価格では取引できないようになってたかとおもいます。そーゆーわけで、自動的に補整されて、初値67万のところの57万あまりで表示されてたようで(そーゆーシステムだけは生きていたらしい)。そんで、その、自動的に補整された処理を取り消すところの処理に穴があって、取り消しが効かなかったと。あ~。そういう独立した異例処理って、盲点になるかもね。
というわけで、傍目にお買い得な売り注文がでっち上げられてしまったと。そりゃ、買うわ。野村證券さん、ゴールドマンサックス証券さん、ゴメンナサイ。61万株のうち50万株は必死に買い戻したみずほ証券も、1円が50万じゃなく、57万プラスα×50万株だから大変な出費だったと。
おかあさんも、ちゃんと調べてから書きましょう。
関係者の皆さん、勝手なこと言ってゴメンナサイ。

投稿: まいね | 2005年12月13日 (火) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/7575423

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中セコイ奴ばっか:

« 納会はおうちに帰るまでが納会です? | トップページ | バトンを頂きました »