« 「おおきく振りかぶって」3また大トラ出現 | トップページ | 「おおきく振りかぶって」4 よいこの日常 »

2005年11月11日 (金)

「蒼天航路」有終の美

    とうとう終わってしまいました。「蒼天航路」、連載第一回からモーニング誌上で読んでて、途中、官渡大戦あたりで訳分かんなくなって離れて、史上もっとも淫乱な諸葛孔明を面白がり赤壁もなんだこりゃと楽しみ、遼来々で真剣に単行本を集め始めて(遅い!)、それでもまだ充分物語を味わうことができました。
   関さん(関羽)が死ぬまでが長くって、死んだら一気でした。去年の今頃、「年内終了」との予告が出てファンはカウントダウンしていたようですが(原作つきというか、歴史ものは詳しいひとは大筋を知ってるからあの事件、このエピソードとペース配分を読める)、まるっきり裏切って、現在に至りました。どうも、作中の曹操というか、作者の関さんに対する思い入れが強過ぎて、なかなか殺せなかったらしく。関さんも偉大なひとです。

    で、10時開店のところを10時に行くとはずかしいので10時半に書店に行ったら、ないじゃありませんか、モーニング。いいもん、おかあさん目的は「おお振り」だから、と3巻を手にレジカウンターへ行って、何気なさそうに
    「モーニング、今日じゃないんですか? 出てませんけど」と言っちゃったら
    「入荷してます。もう出しましたが」なんて言われて。
    「あれ? 探し方まずかったかな?」とわざとらしく棚に目をやると、奥にいた店員さん小走りに見に行ってくれて。
    「……ありました、が、今」と、胸の前でモノを摘んで動かすジェスチュア。……立ち読みですか。おかあさんカウンターにがっくり手をついてしましました。
    「奪って来ぉい! こちとら自腹じゃ!!」とも言えず(いつも自分も読ませてもらってるんで)
    「時間置いてまた来ます」と言っておうちに帰りました。その足でコンヴィニ行ってもよかったんだけど、いつも立ち読みさせて貰ってるから。しょうがない、お互い様よ。
    夕方行って、ちゃんとゲットして参りましたよ。今週は「バガボンド」も載ってたしなぁ。

|

« 「おおきく振りかぶって」3また大トラ出現 | トップページ | 「おおきく振りかぶって」4 よいこの日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/7030483

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒼天航路」有終の美:

« 「おおきく振りかぶって」3また大トラ出現 | トップページ | 「おおきく振りかぶって」4 よいこの日常 »