« 子供だなんて思ったら | トップページ | 突発的なぞなぞ »

2005年10月30日 (日)

みどりのおやゆび

   秋の園芸シーズンでございます。ちゅうりっぷなど、球根モノはこの週末が植え付け最終期限かと。
   わたしは、球根好きですね。植えっぱなしでいいから。ヴェランダのプランターには常時なにかが埋まってます。5年もののヒアシンス、3年もののフリージア、等々。こういうモノは、夏前に掘り返して日陰干ししとくもんですが、忘れちゃうんだ、それまでに、雑草に支配されちゃって、この鉢ってナニ植えてたっけ??? って。そして、秋を迎え、またなんか植えるべ、とひっくり返すと、ラッキョウぐらいの大きさの球根(と呼ぶもおこがましい)モノが発掘されるんですよ。そして、またそれを植えてみるけど芽なんか出やしない……ってのをここ数年。
   いや、ヒアシンスは出ますね。縮小再生産のモデルと言えそうな衰退ぶりですが、最初の年の華やかさには及びもつかない2列ほどの花序が一応出て花をつけます。嗚呼、ご苦労様。
   ちゅうりっぷはダメですね。もう、発掘されたときにはほとんど皮だけになってて。ラッキョウほどの子球も、芽を出すだけ。
   フリージアとラナンキュラスは翌年までかな。さすがに3年目までは保ちませんでした。これは、植え方に拠るのかな? ヒアシンスはやっぱり、小さいとはいえ植木鉢に一人住まいでのびのび育ってますから。ちゅうりっぷは寄せ植えが多いんで。肥料を取り合っちゃうんでしょう。あと、種苗会社も商売上手になって、「寄せ植え密植の方が華やかです」なんて、来年球根を取ることを考えない植え方を指導してませんか? まぁ、最近はハイブリッド種多いから、球根も使い捨てなのかも知れません。
   最近は、ちゅうりっぷも卒業してもうちょっと目新しいものが欲しいお年頃です。ラナンキュラスがもう出ないようなので新しい球根を購入。
   「こうやって~新しい球根を植えたら~『おらのハサミをよっくみろ~早く芽を出せ柿の種~出さぬとハサミでちょん切~るぞ~』」
   「な~に~?」
   「おまじないだ。NHKの『さるかに合戦』でカニのおかあさんが歌ってた」
   「そうなの!?」カーニャは素直じゃのう。いや、ホントに歌ってたんだけど。
   今朝、ヴェランダでごそごそしていたカーニャが朝寝を楽しむわたくしを揺り動かして申します。
   「おかあさん! あの歌が効いたよ! ラナンキュラスの芽が全部でてるよ!」
   さあ、春が楽しみだ。

    

|

« 子供だなんて思ったら | トップページ | 突発的なぞなぞ »

コメント

私の経験によれば、チューリップの植え付けは、12月の初旬まで、大丈夫です。やはり素人さんのかなしさ、どんなに早く植えようと遅く植えようと、翌年には小さくなっちゃいますが。
フリージアとラナンキュラスは、チューリップより寒さに弱いので、寒い年はだめになっちゃうのかもしれませんね。園芸店で、1球1000円以上もするチューリップの球根を見ました。だれが植えるんだろう……?写真の見た目は、たしかにちょっと変わったチューリップでしたが、値段ほどの差が出るものかしら?

投稿: とむ影 | 2005年11月 5日 (土) 21時42分

一球千円!? まさにチューリップバブル。でも、ハウステンボスの名が付いた、そこでしか咲いてないチューリップってのもあるようですから、モノによってはその値段も妥当なモノなのかも知れません。
でも、そういうハイブリッド球根が一年ものだったら嫌だわぁ。まぁ、作った方も、お嫁に出したが最後、ドコにでもある花になっちゃったら作出の苦労が全然報われなくて嫌だろうけど。

投稿: まいね | 2005年11月 5日 (土) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/6750897

この記事へのトラックバック一覧です: みどりのおやゆび:

« 子供だなんて思ったら | トップページ | 突発的なぞなぞ »