« 新刊続々出来! | トップページ | がんばれおにいちゃん »

2005年10月10日 (月)

「我が家のお稲荷さん。5」愛されているひとは余裕!

   「我が家のお稲荷さま。5」やや詰まりながらも巻を重ねております。今回は、クリスマス。3巻から昇兄ちゃんにモーションを掛けていた美少女クラスメイト宮部紅葉たんが牙を剥きます。あ~鈴の瀬ってホント~に人外魔物の存在率高いですね。場がそういうパワー持ってるんですかね。
   対する高上兄弟はおっとりと無防備。寛容でもあります。それは、平和ボケなんじゃなく、お育ちがいいから。お育ちがいいというのは、ノーブルな家系でお金に不自由いてないと言うんじゃなく、まっとうな感覚を持つ家族からたっぷり愛情を注いでもらったと言うこと。やられたらやり返すとか、自分の持っているものを損なうことを少しでも許さないとか、そういう感情と無縁なのです。逆に、何かに飢えているモノが彼らを襲うんだなぁ。
   そうして、自らの力を信じている天狐空幻。無抵抗主義では決してありませんが、ヨユー。自分の愛するものの味方と見極めた美咲ちゃんに対しては……いや、かなり利用しているけど、かなり彼女の権利っつーか自由を侵害してるけど、開けっぴろげなんだな。どっちかって言うと、ありんこ程にしか思ってないから寛容に振る舞えるような。嗚呼、彼女のためにあまり追求しないでおこう。敵意ではない、敵意では……。
   今回、かろうじてパパは登場できたけど、エコノミック・ゴッド恵比寿ちゃんの出番がなかったのが残念。歳末セールで大変だったんでしょう。やっぱり自分の店の前に立ってクリスマスケーキやチキンを売ったりしてたんでしょうか。
   そんでもって、「ジョナンってな~に?」「女難というのは……幸せな不幸!」というエピローグの台詞が、2ちゃんねるの某いちばんアツい板(発売当日に「アルスラーン読んでる」と書き込みがあったところ)でも昨日確認されており……いろんなひとが集まってますな、ホントに、あそこは。お仕事に燃えるお兄さんばっかじゃなかったんかい。

|

« 新刊続々出来! | トップページ | がんばれおにいちゃん »

コメント

お稲荷様、今日買いに行きます。息子が今日中間試験なので、それまで新刊は買わない(どうせ家にある本は読むんだから関係ないってばないんだけど、ま、気持ちの問題ね)事になっていたので……お稲荷様と、あと、なんだったかしら?

投稿: とむ影 | 2005年10月11日 (火) 15時56分

まいねさん、こんにちは。記事とは関係ありませんが、ドリームバトンなるものが私の所に来ました。良かったら受け取ってください(まいねさんからとむ影さんの所へ行くものと信じ、おひとりだけ記名しました)。ではでは、宜しく。
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2005/10/post_1167.html

投稿: アマサイ | 2005年10月11日 (火) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/6335099

この記事へのトラックバック一覧です: 「我が家のお稲荷さん。5」愛されているひとは余裕!:

» 読書「我が家のお稲荷さま。」5 [海の底の昼下がり]
「我が家のお稲荷さま。 5 (電撃文庫) クリスマスと狼男と。 でもそれよりも [続きを読む]

受信: 2005年11月29日 (火) 14時23分

« 新刊続々出来! | トップページ | がんばれおにいちゃん »