« 国語の教科書は名作揃い | トップページ | 朝三暮四? 怒れ全国のティッシュ消費者! »

2005年10月 8日 (土)

大量出血→貧血

   頭が痛いよう。えぐえぐ。先週の手術から血が止まりません。血圧を測ったら上が86の下が51。看護婦さんが慌てて電源チェックしたりして(全自動血圧計)。ちょっとびびったらなんとか再測定で90台が出ました。
   「きっと貧血ですね。全体量が減ってるから血圧も低くなってるんじゃないですか」って血も抜かれて。オイ、こら、その少ない貴重な血液を試験管一本分も抜くんじゃない! って、それより、わたくしは空腹と疲労でふらふらしながら「血を流しすぎると血圧下がるのか」と血になるものをお腹に入れるため足を動かしておりました。
   その昔、乙女が胸を焦がした漫画&アニメに、女神とこの世を邪悪なものより守るため聖なる鎧をつけて戦う戦士たち、と言うのがありまして。わたしは本筋のストーリーより、ファンの描いたその異母兄弟であるところの美少年戦士たちがホームドラマをやってる話の方を喜んで読んでました。お気に入りは、いつも主人公をフォローする、温厚で実力派のお兄さん。脱ぎっぷりも、やられっぷりも良かったですよ。かならず全身に血をにじませて、苦悶の表情を浮かべながらも敵に勝つ辺りのハラハラ感に乙女はキャ~キャ~言ったもんです……たぶん。特に彼は血まみれになることが多く(ジャンプ漫画では苦戦を表す記号として血が使われるので)、流血担当というタームまで奉られていたような(本編読んでないと言いつつ詳しいな)。
   で、話が貧血に戻ってくる。戦いのたびに大量出血していた彼は、ツネヒゴロ低血圧に悩んでいたと考えると、笑えます。朝日とともに起き出しそうな優等生タイプのお兄様が、朝はどんより。涼しい目も開かず、うるわしい黒髪もば~らばらのもさもさ。うわ~、意外。
   てなことをにやにや考えながら10分も歩いて、ショッピングセンターにたどり着いてランチにしましたとさ。ランチタイム終わっててちょっとショックだったけど。

   

|

« 国語の教科書は名作揃い | トップページ | 朝三暮四? 怒れ全国のティッシュ消費者! »

コメント

結果出ました。「貧血じゃなかったですね」って、あっさり。あれだけ抜いた血、返して(貧血じゃなくてもくやしい!)。昨日風邪引いて行ったかかりつけのお医者さんは「早乙女さんは血圧いつも低いですもんね~」とにっこりスル~。
「早乙女さん、顔が五木ひろし……」お勤め時代、土曜の朝、合唱コンクールに出るために8時集合したら本社の若手に言われました。そーよ、朝はダメなのよっ! 子会社で女性とはいえ先輩にそーゆーこと言っちゃうキミはバブル入社君。

投稿: まいね | 2005年10月15日 (土) 03時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/6301549

この記事へのトラックバック一覧です: 大量出血→貧血:

« 国語の教科書は名作揃い | トップページ | 朝三暮四? 怒れ全国のティッシュ消費者! »